8月25日


残暑お見舞い申し上げます。昼間の猛暑と熱帯夜が
続きますが、お元気でお暮らしのことと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆奈良さんのワークショップ&コンサート 8月29日
☆土井正明 「カタカムナで語る教育勅語」 9月5&7日
☆「911真相を語り投獄された日米二人の女性に聞く」9月12日。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月6日広島原爆投下の日の灯篭流しに参加するために
僕は前日の昼から自転車を持って姫路駅まで行き、そこから
2号線をまっしぐらに走りました。

途中から高架になったり、トンネルに入ったりしてヤバイと思った
のですが。一度2号線から出て入りなおすと、自転車走行禁止
の道路表示がありました。でも時間がないのでそのまま2号線を
走り続けました。

尾道まで来て、トンネルに入れず、仕方がなく海岸線を走り、
呉の手前の安浦まで行き、電車に乗って6時半に広島に着きました。
でも後から考えると、無謀だったと反省しています。

でも苦労して来たお陰で、灯篭流しの雰囲気を感動的に味わえ、
翌日はじっくり自転車で公園をめぐりができました。

そこでは3人の語り部たちが、集まった人々に語る場面に遭遇、
初めて知る内容のお話を聞けました。

GHQの占領下での言論弾圧では、ヒバクシャのカルテに原爆症
と書くことは禁じられた。 原爆の破壊力については拡大して
世界中に伝え、その悲惨な被害の実態については隠蔽した。

GHQ日本弱体化計画(War Guilt Information prpgram)
により民間検閲局が生まれ、6500人もの職員が新聞・雑誌の
報道からすべて検閲した。

鳩山一郎初代自民党総裁が「広島・長崎の原爆投下、東京大空襲
は国際法違反」だと発言し、それを掲載した朝日新聞は2日間の
発行停止処分になった。

「この過ちは繰り返しません」もそんな空気の中で生まれたのですね。
この恐ろしい言論弾圧や報道規制は形を変えて現代まで続いています。

アメリカ、特にNY在住の人たちはツインビルへの飛行機突入程度
で、あのような解体崩壊はありえないと思った。

しかし、すぐに愛国者法が生まれ、その事を口にしていた人が急に
黙ってしまった訳です。

911の真実に伝えようとしたNY在住の日本の女性がアメリカの監獄で
拷問を受けた。しかし生き延びられ、釈放された時には財産も失い失意の
生活をされていましたが、ご自分の体験を伝える活動を始められました。

大変勇気のある行動と思いますので是非支援してあげたいと思い、
お話を聞く会を9月12日に企画しました。皆様も是非お話を
聞いてあげてください。

山崎サラ淑子さん&スーザン・リンダウアーさんの証言を聞く会。

テーマは、「911の生き証人、スーザンとサラはなぜ米国
監獄に投獄され、拷問されたのか?」

■ 大阪 時間:9月12日(日)午後1時から3時
場所:玉津会館 講堂 JR玉造駅から5分
    http://www.city.osaka.lg.jp/shimin/page/0000016631.html

インタビューアーは、ジャーナリスト 西谷文和 (イラクの子どもを救う会代表)

■ 神戸 時間:9月12日(日)午後6時から8時
 場所:  健康道場 サラ・シャンティ ( 阪急六甲駅すぐ)
コーディネーターは、サラ・シャンティ 清水

費用はどちらも資料代として: 1,000円 学生は 500円

◆ニューヨーク拘置所へ強制送還されたサラの同房者となったのが、米国籍(CIA
協力者)の元ジャーナリスト「スーザン」でした。彼女は911を事前警告し、イラク
侵攻に反対する言論活動を活発に行って逮捕・投獄されました。911直後にブッシュ
政権が成立させた「愛国者法」によって、初めて起訴・投獄された米国市民が
スーザンでした。

◆日米両国の首都で「非戦・平和」を訴えた二人が、同時期に米国最悪の拘置所に
投獄され、友情と信頼を築きました。-数奇な運命をたどった2人は現在、それぞれ
日米の首都、ワシントンDCと東京で再起をめざし、生活再建と社会復帰に
挑んでいる最中です。

◆その2人が今年9月11日、事件発生から9年目に日本で再会します。
あの日、2006年9月にニューヨーク拘置所で別れの抱擁をした時、再会を固く誓った
2人が、念願かなって遂に4年ぶりに東京で再会し、京都・大阪・神戸・長崎・広島を
訪問します。

◆からくも米国監獄における拷問と長期勾留を生き延びた、この2人の生き証人
が手記の日米出版を目前に控え、今回初めて、公の場で揃って口を開きます。
またとないこの機会に、2人のナマの証言を聴いてみましょう。
参考です:

木村 朗 (鹿児島大学教員、平和学専攻)
対テロ戦争の拡大と悪化する世界の人権状況 
http://www.news-pj.net/npj/kimura/025.html  でも紹介されています。 
__________________________________

ここで、気持ちをリラックス、 8月29日(日)は奈良さんのコンサート
案内です。縄文人・大和魂の波動を発する奈良さんの神秘の
音曲による音霊の誘導で深い瞑想を体験ください。

第1部  サイレント・セッション(ワークショップ)  
      13:30 開場 14:00~17:00
     ~瞑想と身体のダイナミズム~  

    瞑想と音によって、心体の宇宙を体験する 
    ご予約:5,000円 当日:5,500円

第2部  奈良裕之 音霊演奏会
      17:30開場 18:00開演
     ご予約:3,000円 当日:3,500円

懇親会 20:00~  1,500円
     サラ・シャンティ5階の台所で手際よく作られます。
     野菜と果物一杯で美味しく、レシピーが欲しくなりますよ。

お申し込みは: 古川大輔 furu2008@gmail.com/E-mail)まで
または、サラ・シャンティ(TEL/FAX:078-802-5120)

_____________________________________

サラ・シャンティが共催するイベントです。
場所は神戸学生センター。

私たちが選出する国会議員たちに密着取材するロビイスト
関義友(web名:関組長で検索)さんの講演

日時 2010年9月4日(土)1時半から4時
会場 神戸学生青年センター 会議室A(20~30名)
参加費 500円

日ごろ聞けない議員たちの裏話が是非聞きたいですね。
清水正博
健康道場 サラ・シャンティ
ホームページも更新。
  :http://www.npo.co.jp/santi/
最近MLはブログ。
  :http://salasantiblog.blog123.fc2.com/
ご感想はメールで 
:sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター