2010年5月5日


みなさん、下記の記事を知ってましたか?
これで普天間のことは解決していると思うのですが、どうして、
大手メディアはこの大きなニュースを無視するのでしょう。
沖縄県知事も鳩山さんもどうして?

沖縄タイムス:2010年4月22日配信からの転載
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-04-22_5933/

【東京】米自治領北マリアナ諸島の上院議会が16日、米軍普天間飛行場
の移設先として同諸島のテニアン島を検討するよう日米両政府に求める決
議を全会一致で可決していたことが分かった。あて先は米国防総省、日本
政府など。27日には下院議会で同様の決議が行われる見通し。

決議は普天間の移設先を検討する日米両政府に対し、東南アジアの防衛の
拠点として北マリアナ諸島とテニアンを移設地として検討することを求め
ている。
 
米国防総省がすでにテニアンの3分の2を租借していることや、東南アジ
アの防衛の観点からも地理的な優位性があると指摘。米軍人と家族に近代
的な生活・娯楽施設が提供できることにも触れ、「北マリアナ諸島は普天
間の移設を心から歓迎することを宣言している」としている。

今月9~11日にテニアンを訪れ、テノリオ下院議長やデラクルス・テニ
アン市長から在沖海兵隊受け入れの意思を伝えられていた社民党の照屋寛
徳国対委員長は「決議は住民の強い意思表示。日米両政府は重く受け止め、
北マリアナ移設を交渉してほしい」と述べ、同地域への移設の実現可能性
を強調した。

琉球新報:2010年4月22日配信からの転載
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-161169-storytopic-3.html

にも同様の記事が掲載されています。
なぜ沖縄のお新聞だけが報道したのー?

今回の鳩山さんの沖縄訪問に間に合っているのに、沖縄の人と
「普天間移籍先解決!!」と一緒に乾杯でも出来たのにね、不思議。
__________________________

4月18日(日) 911事件検証@京都大は大成功でした。
東京の30の大学の学生が作った「911のこどもたち」が上映されました。

http://911children.com/

この映画の上映会ぜひお勧めです。全国の大学で実施され
これまでのほとんどすべての戦争や政府転覆がアメリカの自作自演だと
分かれば、世界の政治・経済の問題発生のカラクリも同根と知り、アメリカ人
自身が軍事費の無駄を許さず、安保や世界中の米軍基地も自然消滅。

『911の真実を求める日本の科学者の会』の設立宣言も行われました!
発起人は、京都大学 大学院 経済学研究科 教授 西牟田祐二 並びに
長崎大学 環境科学部 教授 戸田清です。

カナダでは主なメディアが、モントリオールで開催される911の検証会議
を取り上げていて、その反響が止まらないと書いてあります。

http://world911truth.org/canada-911-truth-storm-in-mainstream-media/

西牟田先生は「今年は全世界の大学でこうしたシンポジウムが行われること
になるでしょう。間違いなく行われますよ。」と言われています。

http://world911truth.org/911-truth-network/

世界中に911真相究明ネットワークが広まっています。日本でも全国の科学者に
呼びかけが始まります。注目してください。
________________________

ペシャワール会中村哲さんのアフガンでの活躍を高校生に
読んで欲しいとの思いで書かれた澤地久枝さんの

岩波書店 「人は愛するに足り、真心は信ずるに足るー
        命の水路を切り開く日本人医師の崇高な戦い」 

を読みました。皆様もぜひぜひ読んでください。

鳩山さんも読んで、中村哲さんの水路建設事業に寄付して欲しい。
_____________________

ガン3大療法(切除、抗がん剤、放射線)の危険性を考え、代替医療に
熱心なお医者さんと出会えるチャンスが最近多くなりました。

もう、ご存知と思いますが、免疫力を高める療法で714xを処方する
お医者様が少しづつ増えています。その一人の新宮市の要先生は
太地の美しい公園に日本のフィンドフォーンのような施設の構想を抱かれ
先日その場所の下見に参加しました。

鯨の太地町の梶取岬がその候補地で、南国気分が満喫できるイヤシロチ、
楽しいイルカと遊べる鯨博物館もすぐ側にあるし、リアス式海岸が美しい。
こんなところに入院したら自然に元気になります。

要先生は本当にスピリチャルで、魂・気・心・身体を考えたテーラーメイドな
統合医療をされています。オゾン療法も注目です。
__________________

そしてもう一人は伊東充隆先生。心療内科の医師をしていて薬を処方する
のが嫌で、インドへ行かれ、様々なヒーリングワーク、冥想、伝統医療、
代替療法を学ばれ、現在は魂・気・心・身体のホリスティックな医療を
展開、カウンセリング、ヒーリングも行う。

サラ・シャンティでの講座 5月29日と6月27日にあります。
詳細は:http://www.npo.co.jp/santi/ をご覧ください。

伊東先生も若い頃にカタカムナの勉強をされていたそうです。だから
量子力学やプラズマ宇宙論と生命論のつながるホリスティックに
若い頃から気づかれたのでしょう。

講座に来られることが可能なガンの早期の方には是非お勧めです。

ガンの3大療法に疑問を感じ始めている医師や看護婦さんに聞いて
欲しい内容でもあります。

そして、その「かたかむな暦講話全十三回」 土居正明先生の第4クール も
残り2回となりました。

サラ・シャンティ    岡本北畑会館
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
五の月 イツ  中 心    5月9日 (日)    11日(火)
六の月 ムユ  太 陽     5月30日(日)    6月1日(火)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     講座開始      午後1時      午前10時
参加費¥7,000
___________________________

抗がん剤を研究していていて、プロポリスでガンを治した松野哲也
現コロンビア大学教授の講演も秋に企画することになりました。
著書「ガンは誰が治すのか」「ガンでは死なない」
___________________________

第2回神戸YWCA現代史勉強会「いもづる」
「マスコミが伝えないイラク、アフガンの情報」

講師  西谷文和さん(フリージャーナリスト)
イラクには9回、入国に成功。劣化ウラン弾によるものと思われる実態を取材。
アフガンには、01年に1回、09年に2回入国、10年1月には、避難民キャンプに
緊急越冬支援の毛布などを配りつつ、オバマ大統領の進める現在進行形の
戦争を取材。現在は、人道支援のNGOとフリージャーナリストとして戦争犯罪を
告発する活動を継続。06年度「平和共同ジャーナリスト基金賞」を受賞。

  日時  5月8日(土)13時半から16時予定
  場所  神戸YWCA本館5階チャペル
      三宮から北東の方向に、徒歩約12分 
  参加費 一般1000円  わかもの 500円
  問合せ先 神戸YWCA ℡078-231-6201
        神戸市中央区二宮町1-12-10
__________________________
最後まで読んでいただきありがとうございます。

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター