2009年9月18日

米国の国内の不穏な状況がちょっと気になります。

★田中宇の国際ニュース解説 2009年9月16日
目立たず起きていた「反乱の夏」のメルマガから、

9月12日、米国の首都ワシントンDCに、前代未聞の100万人規模の人々が集まり、オバマ政権による財政規模の急拡大や政府権限の肥大化、これから起こりそうな増税に反対してデモ行進し、国会議事堂やホワイトハウスの周辺を人々が埋め尽くした。

詳細は下記ウエブに。
http://tanakanews.com/090916rage.htm
http://www.youtube.com/watch?v=-VMXz6xGeqc
9/12 Taxpayer Tea Party March on Washington, DC

マイケル・ムーアの映画「シッコ」が教えてくれた悲惨なアメリカの医療制度の現状は世界中の人が知ることになりました。なのに「国民皆保険制度は国を社会主義だ」と批判する意識を持った人が大変多いわけです。では日本や欧州の同盟国は社会主義国家なの? オバマさん、デモに参加した人たちに「シッコ」見せたらどうでしょう。

ブッシュを指示してきた保守系の人たちは自分の国の事しか感心を持たない、自分の国がどこよりも一番豊かで暮らしよい文明国だと思い続ける内にアヘンが蔓延していたアヘン戦争時代の清国のようですね。

ダーウインの進化論の映画「クリエーション」が、「米国人の多くは『神が人間を創造した』とするキリスト教の教義を固く信じている。ゆえに進化論を信じるのは39%にすぎない」との事で、配給会社が配給を拒否したそうです。本当に信じられないですね。アメリカの小中学校ではダーウインを教えないのかな? 

ベンジャミン・フルフォードのブログに「非常に影響力を持つVan de Meer博士が米国の9月30日の破産を予測している。」とあります。http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/

破産したらどうなるのでしょう、テキサスが独立するとか言って今にも米国は分裂しそうな危機感が漂ってます。

今こそマイケル・ジャクソンの「We are the world」を作った素晴らしい行動を再演して欲しい。

この歌のもとに米国の人たちが一つになってと叫びたい。ああーマイケルが生きていたら!

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=WmxT21uFRwM
_________________________________

9月27日1:30より、「日常に生かす和と武の意識」

カムイワーク倭道の真鍋白鷹と清水のお話会。

30年ほど取り組んできた中村天風先生の影響もある神道夢想流杖道とトライアスロンの修験道的な体験から身に付けた僕の「こころ」と「からだ」の超プラス思考的関わりについて。

若いときから抱き続けた疑問や無意識に取り組んできた体術や心と体の問題について、潜在的に持つ私たち日本人のもつ和と武の意識と現在のサラ・シャンティの活動を支える基層意識との関わり。

このことはカムイワーク倭道の真鍋さんの紹介する「意識」による身体運用術と僕の問題意識と共有していることが多く、日常の無意識な行動との関わりや深層心理学的な問いかけが現代人の精神的な諸問題の解決にも繋がっています。

真鍋さんは『武道とは相手がいて初めて成立するものであり、人間関係の技(コミュニケーション)そのものでもあります。この先人達の体験から生み出された「人間関係術」を使って人間の潜在意識に秘められた「行動」の謎を解くことにより、日常の何気ない無意識な行動が相手や自分にどう影響しているのか?がわかります。

それは、教育、自己啓発やストレスからの開放、明るく、自立した状態を造りだすこと、日常の様々な問題解決、調和を身に付ける・・・・・などにも応用できます。また、日本の文化は『和の文化』であり、争うことなく、和をもって戦うことを本質としています。和の文化が生んだ人間の心と体を体験しながら、心理学的体術』を解読していきます。

二人で語るテーマ
●和をもって戦うとは?
●受け容れると人は動く
●気持ち良いことが免疫を高める
●プラス思考の本当の姿・・・苦行ではなく修行という成功体験システム
●日常生活でのストレスを喜びに変える
●自分の問題は自分が創っている
●安定と不安定どちらがプラス

後半は真鍋さんと僕とで実技の紹介しつつ、参加者の方と有意義な時間を持ちたいと思います。
               
日 時: 9月27日(日) 午後1時30分~4時
参加費: ¥2000  要予約 (当日 ¥2500)
お申し込みは、メール sala_santi@rondo.ocn.ne.jp
又はTEL&FAX: 078-802-5120

____________________

9月20日のかたかむな講座の後、深夜バスで群馬県のフットサル会場に向かいます。21日の10時頃から22日の夕刻までフットサルに参加したり、ごみ拾いやお手伝いをするつもりですが、そのことを群馬の友人に伝えたら、なんとその会場と友人の住所が同じでした。おかげで友人はお米を事務局に届けたり、仲間に声をかけて下記のハイスクールプロジェクト支援部隊を結成してくれたりとミラクルが起こりました。もう嬉しくて涙ぼろぼろです。

━━━━━━━━━━ Muzinzo vol.14 ━━━━━━━━━━
      ミラクルを起こしたい! ◆吉澤武彦◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100時間ぶっ通しのフットサルの「フットサルマラソン」。報告がずっと出来ませんでしたが、今の僕らの動きを一言で言うと次の言葉に集約されます。

「ミラクルを起こしたい」

今日は、これから起こそうとしているミラクル。そして、既に起きているミラクルの一部を少し紹介させていただきます。
**************************

【①24人33時間のフットサルにも挑戦】

ギネスワールドレコードに世界最長のフットサルとして100時間フットサルを大会趣旨と共に申請しましたが、ギネス側から公式ルール(1チーム12人まで)で実施するよう返答が来ました。

イベントの趣旨はたくさんの人に集まってもらい、楽しみながら現状を肌で感じてもらうチャリティの部分であるだけに、そこは譲れない部分でした。

考えて議論した結果、改めて100時間の申請を少し変更して提出しなおし、更にギネス側の要請の1チーム12人でのぶっ通しフットサル(最長記録はブラジルの30時間なので33時間に挑戦)を行う事に決定したのです。

24名の参加者も公募する事にしました。ぜひ皆さん挑戦してみてください!(申込みはHPから)

【②渋谷と新宿の大型ビジョンで1日60個CM放送!!】

大型ビジョンで流されるのは、9月4日(火)~9月17日(火)までの2週間。この2週間の間は、毎時間4回づつ放映されます。

毎時間、8分00秒 23分45秒 38分00秒 53分45秒から15秒間のCMが流されます。

株式会社シーワイズの杉本社長、製作に入ってくれたサムライコンテンツジャパンさんの協力の元、実現できました。
この15秒間のCMに多くの人の熱い想いと行動が込められてます。この想いが届きますように・・・。

◆CMの内容はコチラ
http://social-bridge.tv/animations/detail.php?id=44

【③群馬の高校を全て制覇!ハイスクールプロジェクト始動!】

日伯学園の卒業生でもある松島ジオーゴ君が群馬県内の全ての高校のサッカー部に直接、イベントの紹介をしにいくプロジェクト「ハイスクールプロジェクト」を立ち上げました。

心を込めて地道に各学校を周って行きます。一緒に回ってくれる人、車を出してくれる人、協力者を募集しています。協力者が現れれば3人一組のチームを作って取り組む計画を立てています。彼に協力できる方いらっしゃったらお力を貸してください。

◆日本とブラジルの懸け橋として19歳で初めての挑戦「松島ジオゴ」
http://social-bridge.tv/animations/detail.php?id=28

※各動画はyoutubeでも配信しています。
http://www.youtube.com/user/socialbridge

◆毎日新聞大阪に掲載

 フットサルマラソン大会:学校に通えない日系ブラジル人を支援--群馬・邑楽 /大阪
 ◇100時間ぶっ通しで試合、33時間連続試合 参加者募集--19~23日
 日系ブラジル人の子どもたちの教育環境を支援するチャリティーイベント「フットサルマラソン大会 NONSTOP100時間」が19~23日、群馬県で開かれる。NPO法人大泉国際教育技術普及センター(同県大泉町)の主催。サッカー元日本代表のラモス瑠偉さんらが発起人に名を連ね、全国から参加者を募っている。

 同町は人口の約12%が工場などで働く日系ブラジル人で、不況のため「派遣切り」などで失職して生活が困窮、子どもたちが学校に通えない苦境に陥っているという。そこで、語学教室や食糧・就学支援事業に取り組む同法人が、収益金を子どもたちの援助に充てようと企画した。

 会場は、隣町の邑楽(おうら)町にあるブラジル人学校のフットサル施設。19日午前10時にキックオフ。誕生日が奇数か偶数かで2チームに分けた参加者が、交代で出場しながら100時間ぶっ通しで試合をする。また、別の2チーム(各12人)も募集しており、33時間連続の試合に挑戦する。いずれも、達成すればギネスブックに申請する。

 ラモスさんは「不景気の犠牲になっている子どもたちを学校に戻すためにイベントを成功させたい」と意気込んでいる。運営委員会関西支部の吉澤武彦さん(070・5654・1538)も「ブラジルの子どもたちと交流しながら、現状を知ってほしい」と呼びかけている。

 年齢不問で初心者歓迎。参加費用は5日間フリーパス(1日券もあり)で、高校生以上3000円▽小中学生1500円▽小学生未満1000円▽障害者・介護同伴者1人までは無料。【立石信夫】

*************************
吉澤さんは現在30歳で普通の会社員ですが、彼の活動こそミラクルです。また帰ったら報告します。

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター