2009年4月13日

ちらほら桜が開き始めたころに書き始めたのですが、風邪を引いたり
何かとあって、もう神戸の桜は散り始めました。いつもより早いかなと
思っていたら季節どおりに咲いてくれました。

この間、僕を引きつけたのはWBCの野球と世界フィギャアの日韓の
対決でした。その後はロケット発射問題で北朝と日本政府との対決、
世界の意識が極東に集まる話題が何かと続き、やはりアジアが
注目される時代?

ロケット発射問題は日本海に沢山ある原発に間違って破片が落ちないか
ちょっと心配でしたが、無事に頭の上を通り過ぎてくれた良かったです。
改憲派にとって不安要因を誇張して軍備再編、九条廃止へと世論を
誘導する絶好の機会だったのでしょう。

WBC韓国戦のイチロー最後の決勝打の後、イチローはインタビュー
で「僕は何か持っているかな。神が下りてきましたね。」と。実力では
互角のところ、神様がイチローを見捨てずに微笑だのでしょうか。

すでに胃潰瘍でボロボロの身体で頑張るイチローの祈りが通じたのか、
「神が下りてきましたね。」とポロリと一言発したのにびっくり。彼も苦しい
ときは神頼みしちゃうんですね。

もしあの時打たなかったら、それこそイチローは今シーズン立ち上がれない
程に落ち込んでいたかもしれません。それを思うと日韓のどちらのファンも
安堵させた「神がかり的な演出」での閉幕でした。

「無心になりたくても、いろんな事を考えてしまった」と胃潰瘍になるほど
悩んだイチローの一面を知って嬉しかったですね。

世界フィギャアも日韓が大活躍しました。キムヨナ、安藤、浅田、村主の
均整の取れたスリムな姿を見ていると、東京オリンピックの頃と比べて
同じ人種と思えないほど違いがありますね。

この時代に育った私たちは、八頭身、カモシカのような白人や黒人に羨望
び目を向け、到底同じ土俵で勝つのは無理と絶望的な人種コンプレックスを
持ったものです。が、最近の日韓の女性を見ていると、今の若者たちには
私たちが抱いたようなコンプレックスはないでしょうね。

これは果して食生活だけの変化で変わりえたのでしょうか? それだったら
最近欧米では和食ブームと言いますが、欧米の人たちは怖くて日本料理を
食べれないでしょう。 やはり生活環境全般に起因していると思いますが。
____________________________

「近くて遠い国」と言われてた韓国ですが、もうそんな固定観念は市民レベル
でどんどん取り払われていってます。

アトリエ・ドゥ・キャファhttp://www.kijafa.com/辻本誠さんが発行する
通信で「韓国の大会本部から30名の日本人招待」と知らせてきました。

いやびっくりしました。その逆はありえないですからね。「日韓友好の熱い
気持ちを持ったトライアスリートが韓国にいるなんて」と感激し、スグに
申し込みました。

ちょうど2007年の春で、私自身も「冬のソナタ」や「チャングム」での韓流
ブームの影響を受けていて、韓国をもっと知りたい気持ちもありました。

ソウルから会場の「鉄原」までの貸切バス代金、大会参加費、宿泊費が
無料で、往復の航空代金だけという魅力に惹かれたのも事実です。

「鉄原」は、DMZと呼ばれる非武装地帯の近くにあり、1953年、朝鮮戦争
の終結とともに結ばれた休戦協定で戦争再発防止のため、軍隊の駐屯、
武器の配備などが禁止された緩衝地帯。

僕のレースの結果はお粗末でしたが、韓国のトライアスリートとの交流や
韓国料理、ソウル市内の活発な人の流れ、若者たちの風俗、ライフ
スタイルやを見て、本当に韓国が身近な国になりました。

この大会が発するメッセージはジョン・レノンの『イマジン』です。
「I hope someday you'll join us, And the world will live as one」
素敵な大会でしょう。

昨年は多忙でしたので参加できなかったのですが、
今年は参加申込みを済ませました。
______________________________
お知らせ: サラ・シャンティ 画廊が生まれました。

2階通路が寂しかったので、画廊にしました。

皮切りは「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の写真展です。
友人の長田さんが持ってきてくれました。

祝島島民は30年も10億円の魚業保証金の受け取りを拒否して反対運動
をしてきました。でも祝島以外の地域は懐柔されてしまったそうです。

4月11日中国電力は1号機着工に向けて大きく動きだしたそうです。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2009/0409/1p.html

 今年は海水温度が上がって神戸名物釘煮のいかなごが不漁でした。
原発が出来ると海水温度がさらに上がるのに瀬戸内海の漁民はどうして
無関心でおれるのでしょう?

スナメリ、かんむり海雀が生息する貴重な環境も破壊されようとしています。
____________________________

ボディ・マジック・初級クラス
4月17日(金) 19:00~21:00
   \3500(通訳費含む)
講師: ノーリーン・バノバ・マーティン
オーストラリアや日本で豊富な経験を積んだカウンセラーであり、
アクセス(エネルギーヒーリング)のファシリテーター キネジオロジスト、
レイキマスター、『ライフ・スキル&スピリチャル』の教師として活躍。

また、直感を磨いて楽しく生きるためのインフォメーション倶楽部なども開催し、
私たちの内なる知恵や愛情溢れるコミュニケーションを拡大するための、
数多くのワークショップを提供しています。

音魂(おとたま)瞑想ワークショップ
4月.19日(日) 14:00~17:00
\3000(1ドリンク付き)
講師: 小嶋さちほ
シュタイナー教育で開発された瞑想的な響きを持つハープ<ライア>を使って
皆で聖なる<A U M>を調和してゆきます。ライアの響きは 共鳴現象によって
細胞の振動を高め、活性化させます。その時 そこに集まった人たちと音を
通じてエネルギーを調和させていき、そのエネルギーにのって
ナビゲーターがマントラや歌を唱い、その場にあった浄化を行ないます。

小嶋 さちほ「観音楽」 http://amanakuni.net/cd/satiho.html
ototama☆kototama  http://ameblo.jp/ototama-ws/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サウンド with「竜之舞」
4月26日(日) 
12:00~14:30:竜之舞の準備としてのワークなどを行います。
15:00~17:00:音を使った竜之舞を行います。
\6000(カムイワーク会員は\5000)
講師: 真鍋 白鷹
「音」という響き(細かいバイブレーション)によって体の「経絡」や「骨」が
共鳴反応を起こし、自律運動を助長するもので、特殊なボディーワークや
シンクロ・レゾナンスというテクニックによってその場の波動を高めた状態で
「骨伝導」から「経絡伝導」へと変換して行きます。
痛みを消す実演・・・・YouTubeでご覧になれます。
http://jp.youtube.com/watch?v=FmZAi1H1TGc

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第19回 朗読会「こころの宝物」
4月29日(祝・水)  13:30~16:30(13:00開場)
13:30~13:45 ごあいさつ きれい・ねっと代表 山内 尚子
13:45~14:30 出版記念講演 『能楽選集その1』 写真家・まんが家 一吹舎Neo

14:30~14:45 休憩 お菓子&ティータイム

14:45~15:40 お話『なおちゃん流「ホ・オポノポノ」』
15:40~16:00 朗読「こころの宝物」
16:00~16:30 誰もが主人公

文心会員 \1500
一般 \2000 (文芸誌「文心」1冊プレゼント)
定員 30名
司会進行・お話・朗読  山内 尚子
講師: 一吹舎Neo

こころあたたまる詩の朗読や さまざまなコンサート、講演などをお届けする
朗読会「こころの宝物」のご案内です。

ゆったりとした時間の中で 写真家、そしてまんが家デビューされた
一吹舎Neoさんのご講演、「なおちゃん流ホ・オポノポノ」のお話やワーク、
そして、詩の朗読と 心の流れに添うようにお楽しみいただければと想っています。

暖かい陽射しに、こころも新しくなるような季節 やさしい時間を、皆さまとご一緒
できましたら幸いです。あなたもぜひ、心に宝物を増やしにいらしてくださいね♪
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=544204

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シンギング・リン 体験会・瞑想会のお誘い
ナビゲータ 三井 ひとみ
 HP: http://kobe-htc.com/

5/17(日) ・ 6/21(日) 1時~4時まで
参加費¥3000
(4時以降 個人セッション)

日本を代表する伝統工芸の匠が、 チベタンボールと日本のおりんを融合し、
和の匠しか作ることのできない鍛え抜かれた耳と最新のチューニングメーター
によって、調音をしながら手削りで一つずつ制作されたシンギング・リン。
高度な芸術作品であり、極めて貴重な楽器です。

一つのシンギング・リンを奏でると、音叉のように近くにある他のシンギング・リン
も共鳴して倍音が鳴り、 神秘的な音空間を生み出し、サウンドレゾナンス
(音の共鳴)現象が起こります。

量子力学でのエネルギーレベルでも振動することになり、 シンギング・リンが
最も自然な調和の音色をエネルギーレベルで奏でることになります。

その精妙な聖なる響きは、様々なアーティストや代替統合医療を実践する医師、
独自のヒーリングセラピーを求めているセラピストなど様々に研究・活用され、
家庭におけるリラクゼーション楽器としても広がろうとしています。

お申込み・お問合せ info@kobe-htc.com 078-806-0688
シンギング・リンのHP http://www.sion-inc.com/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「魂を奏でる奇蹟のピアニスト」 平原誠之ピアノ・コンサート
が実現しました。ちょっと想像の域を超える演奏会になりそうです。

5月24日(日)14:30開場
  15:00開演~16:00過ぎ(アンコール演奏が楽しみです)
  \2500 
(先着70名の予約制となります)  

演奏: 平原 誠之(ひらはら まさゆき)作曲家/ピアニスト

彗星の如く現われた21世紀の奇蹟の天才ピアニスト。
「魂を奏でる演奏」に会場は涙に包まれ、
その感動と癒しは、いつまでも心から消えることはない・・・

「100年に一度の奇蹟の天才ピアニスト・作曲家」として
ブラービ音楽事務所代表 今治禮子氏に見出される。
21世紀のクラシック業界を背負う貴重な存在として、
以後多くのマスコミから絶大なる注目を集めている。
作曲は1時間の作品であろうと瞬時に完璧な状態で完成し、
全て一瞬の作業。考えて悩み作曲する事は全くないという

特異な才能を持つ。クラシック業界では数百年さかのぼっても、
このような出現の仕方は過去に例がないといえる。家系も
音楽家とは無縁である。 独自の演奏と作曲法に対し
音楽評論家 家永勝氏から「平原音楽」と命名される。

◎公式ホームページ http://www.bravi-classical.com   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Traditional Yoga Course 5月特別研修
5月1日(金) ~29日(金)までの毎週金曜 
 1レッスン \3000
 ヨ ガ 19:00~20:25 ヨガの時間
 講義 20:30~21:00 英語での講義予定、サンスクリット語のマントラの講習など

講師: チャンドラカント
インドChatana ヨガスクール校長、名門ハイデラバードパブリックスクールのヨガ講師

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター