世界最古の伝統行事 お盆

☆☆ シャンティメール 8月11日 ☆☆

ちょっと嬉しいお話し:

カタカムナに興味を持つと真正保守(反原発、反戦
平和、環境保護、自然と動物愛護の私のような人)、
白足袋さん(僧侶、茶人、花街関係者、お公家さん)、
皇室関係のような人達とのご縁が繋がっていく。

美意識の高い人でないと困りますが。

カタカムナに興味を持つと日本のルーツを
求めるからですね。

自分では考えなかったことが次々と起こります。

毎年12月25日にピアノリサイタルをしていただく
津村和泉さんがピアノ演奏の勉強のためにと
黄檗売茶流煎茶道を習いに行かれた、その日に

タイミング良く保江邦夫先生の退官記念日での演奏を
して下さいと中澤お家元と保江先生からお願いされた。

お二人とも津村さんの演奏をまったく聞いた事が
ないのに、津村さんのオーラを見ただけで
お願いされたのです。

ぼくもビックリしましたよ。

そしてお二人の期待どおり、4月京都での保江先生
退官記念パーティーで津村さんはダイナミックで
華麗な演奏を披露されました。

流石にドイツ、ロシアや北欧から招かれるだけあります。


スゴイ事になって来ました。

中澤お家元が「あの演奏、聴きたいな!」と言われ、
津村さんの後援会会長、保江先生が同副会長になる
からと、リサイタルが実現したのです。

8月30日(水)【津村和泉さんピアノ・リサイタル】

開場:13時半  開演:14時から16時半
参加費: ¥4000

会場 は素敵な音楽サロン《レ・ヌーヴォレ》 
阪急中津駅から歩いて5分  http://lenuvole.jp/

演目 :
●ベートーヴェン ソナタ「熱情」
●ショパン:ノクターン 、バラード第1番
●リスト: コンソレーション 第3、 リゴレット パラフレーズ
●ラフマニノフ:前奏曲 ト長調 Op.32-5, ト短調 Op.23-5
(予告なしに演目が変更になる場合もございます。)


もしリサイタル後、中澤お家元・保江邦夫先生が
ご臨席の食事会にもご参加希望の方は

リサイタル料金と食事共の会費 ¥20000

ちょっとお高いですが、お家元と保江先生が演出する
雰囲気を味わえる絶好の機会ですよ。

会場は新阪急インターナショナルホテル25階
レストラン&スカイバンケット《ソラメンテ》
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hhinternational/restaurant/PorY7Oj2Ps/index.html#top

阪急中津駅からですので近いですよね。

17時15分開場 17時半から19時半
着席ブッフェスタイルで、お席はくじ引きです。

☆ 参加ご希望の方は

○ ピアノ・リサイタルのみ  又は
○ リサイタルとと食事会共

どちらかをメールで清水までご連絡ください。
 sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

☆ カタカムナの吉野先生も参加していただけます。

吉野先生のカタカムナを勉強される方に知って欲しいことですが、
保江邦夫先生の最近の活動についてお知らせします。

保江先生のお笑い真理塾に参加されている方はご存知ですが、

先生は伯家神道の皇室で行われていて明治天皇以降に継承され
無くなったハフリ神事の継承者になられています。

高濱清七郎がそれは皇室を守るために民間に引き継がれたそうで、
現在保江先生は「高濱清七郎源正一靈人」として祭られている
瑞聖寺の港區白金台に、この4月に退官され住まれています。

生前退位をされる天皇陛下の譲位の時期に人柱になって皇室を
お守りするというお役目を演じておられます。

中澤お家元は京都で皇室をお守りされている方ですので
お二人のご縁がどんなものがお分かりでしょう。

白足袋さんとは何かを知る良い機会かも?
______________________

面白い流れが続いていますね。

流れに任せて浮かんでくることを実行しているだけ。

ご先祖様が仕掛けてくるのでしょうか?

お盆にはご先祖様の精霊が戻って来ますので、
しっかりお迎えしなけりゃいけません。


いつもお盆になると思うのですが、広島原爆投下の
6日からお盆休みの休日にすべきですね。
9日長崎、15日が終戦記念日とこの時期、

新聞・マスコミは慰霊の特集ばかりしていますから、

16日盆明けまで11日間の長期休暇にすべきですね。

ユカタを着て盆踊りして、世界最大のご先祖様の力を
生かすためお盆休みを最高に楽しめる国にしたいですね。


皇紀2650年と縄文1万年以上もお先祖様を祀ってきた
国ですから、どれほどスゴイ数のご先祖様になるか。

お寺、神社、祠、イワクラ、お墓の数の多さは
世界最大で、これらが神界の霊団を形成している。


僕は長野県にあるお墓参りにまったく行かないけど、
いつ支えられているという感覚がありますので大丈夫。

ですからサラ・シャンティには啓示を受ける同志が
集まって来られるのでしょうか?


ご先祖様を大切するお仕事、僕はカタカムナの研究を
しているからご先祖様が喜ぶのでしょう。

日本復活を望んでおられるのですね。


お盆は守護霊・守護神というご先祖様の集合的無意識
のパワーゾーン形成してきた、

それも縄文17,000年と皇紀2650年もの間一度も侵略を
受けなかった

縄文以来の2万年もご先祖を祀り続けてきた魂集団を
持つ国だからこそ

世界中の神様を祀れる面白い国になったのですね。

私たち日本人は「無限の叡智と無尽蔵の富」を
形成するアカシックレコードを持つ、だから、

空海も100日で100万回唱えた
ノウボウアカシャの虚空蔵菩薩真言として

記憶力が強化され、あらゆる経典を記憶し、
理解して忘れる事がない力を得た、

キリストやモーゼが憧れの日本に来たのも当然なのです。

そんな啓示を受けられる上森三郎さんの活躍は

最近の著書のタイトルに現れている:

「世界文明の起源は日本だった」
「空海さまと七福神が隠し伝えた世界文明の起源」

この事は、日本の真の歴史が明らかにされ、今や世界中から
期待されていると言っても過言ではありません。

縄文文明に対する期待は

文化人類学者のレヴィ=ストロース、アインシュタイン、
アンドレ・マルロー、ラフカディオハーンなど戦前から
言ってきたことです。

HarryとNoaの魔法のランプ 第12回でのゲスト出演

いったい全体、日本神界の神々は上森三郎さんを通して
何を伝えようとしているのでしょう。

8月20日(日)上森三郎氏の講演会
午後1時開場、1時半開演  参加費¥3000

質問時間も一杯ありますので、この機会にぜひ
上森さんの貴重なお話をお聞きください。

ぜひ、ご参加くださいね。

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター