自然治癒について学びましょう。

☆★ シャンティ・メール 11月25日 ☆★

☆ 11月29日(日)1時半から松野哲也先生の
講演「ガンは誰が治すのか」が間近になりました。

ガンを歌で自然治癒させて、活躍の
サウンド・スピリチャル・セラピスト
“Aika” さんも来てくださいます。

素敵曲がいっぱい、ここから聞けますよ。
http://www.aika-dream.com/movie.html

お話は勿論ですが、歌も唄ってくださいと
皆さんでリクエストしてくださいね。

設備は準備しておきますから。

サイマーさん、中健次郎さん、保江邦夫さん
などアイカさんはいろんな人とご縁もあり、
今回は松野先生の講座で再会です。

ほんと、繋がっているでしょう。

こんな贅沢なゲストを迎えての松野先生
講演になるなんて僕も幸せいっぱいです。

まだまだ席がございますので、
ご参加お待ちしています。

先日、サイマーさんの室戸岬で108人の
お坊さんを呼ぶ船井勝仁さんと、小川雅弘さん
にお会いしました。

小川雅弘さんの講演が2月14日に決定です。

サイマーさんのお陰かなー?

兎に角、展開が早くなっていますね。
__________________

自然治癒について一言。

福島原発の放射線被害による甲状腺ガンの
広がりが危惧されています。

福島県の小児甲状腺がん及び疑いの子供達は
現在合計137人と云われています。

137人のうち手術を終えた105人の子供たちの
甲状腺摘出手術が行われたそうです。

何が云いたいかお分かりでしょうか?

僕の妻は甲状腺ガンを切り取らずに
温熱療法など様々なことをして、
今丁度9年過ぎました。

と、常日頃からガンは自然治癒すると言っている
立場からすると、105人の子供たちも「切り取らない
方法」を教えてあげたいと言う気持ちになって
当り前でしょう。

すなわち105人の子供たちは現代医療の犠牲に
なったのです。

しかし、子供たちを放射線被害から守る方法を
知っている親たちも相当な割合でいる筈です。

そうした方法をもっと公開して、すべての子供たちを
守って欲しいですね。

個人や地域の有志で行われているようですが、
放射能汚染を軽減する方法はいくらでも
あるようですが、それが公認で採用されている
ように思いません。

それが我が国の現状ですから、自分の体は
自分で守るしかないのです。

でも、こうしたことを誰も語ろうとしませんから
敢えて、この機会に書かせてもらいました。


「あなたは絶対治らない」という医者が
本当に多いですね。

でも最近「では自分で治します」と、きっぱり
いえる患者さんが増えて来たようです。

それなのに変わられない医者って、本当に
どんな心の持ち主なのでしょう?

僕の友人もどんどん良くなっていて、
「医者を驚かす」のが楽しみだと言ってます。

皆さん彼に「治れー」の祈りの波動を送って下さいね。

僕も今朝、久しぶりに肋間神経痛で胸に痛みを感じたので、
ホッカイロを貼りました。

温めれば良いだけです。皆さんも伊達の薄着は禁物です。

これから寒くなりそうですから、
着こんで外出してくださいね。

食欲がなければ、食べないのが一番、
胃腸薬なんて不要。

最近少食や長期の断食を平気でする人が
増えて来ました。

疲れたからとサプリや栄養剤も不要。

僕は週2回の杖道で、大声で気合いを出し、
適度な肉体疲労でストレスを解消します。

身体を動かし、声を出すのが一番の
気分転換になるからです。

そしてお腹を空かせてから食べます。

そして疲労は、肉体疲労だけではなく、
じっくり睡眠をとって骨休めが肝要です。

血液循環を良くする方法は、いっぱいあります
ので、考えましょう。

肉体だけではなく、心や魂からの意識の流れに
ついて、松野先生のお話が楽しみです。

お待ちしていますね。

清水正博
健康道場 サラ・シャンティ
ホームページ http://www.npo.co.jp/santi

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター