SEALDsへ若者よ結集せよ!!

戦後の日本を復活させたのは現在80歳以上で
戦前の日本の教育を受けた方々です。

だから大変な人生経験をされています。

私は1947年の戦後生まれの団塊世代。

この時代は1950年後半から欧米で「Angry Young Men」
の意識が拡大した時代です。

だから60年安保時代の学生たちも、「Angry Young Men」
の現れでした。

アメリカの文化が世界中に浸透し、第3世界諸国の独立運動が盛んになり、
欧州戦勝国の植民地主義体制、人種差別など間違った価値観や社会制度に
対して若者が目覚めた時代です。

それが音楽、映画、演劇の世界で問題提起が生まれました。
旧体制への若者の怒りが噴出し始めた時期です。

私の世代はこの頃の反抗的な文化に影響を受けたと思います。

人種差別からの民族解放闘争の記事が新聞に溢れ。
特にベトナム戦争に対しては怒りを覚えました。

そして私が18才の時の1965年に大学生になり、なぜか
アメリカ文化一色の時代に、無意識にアメリカを避けて
僕はメキシコへ行きたいと思いました。

そしてメキシコではアメリカの反抗する若者文化に触れ、
中南米の実態を知り、帰って来たのが1967年です。

70年安保に向けて学生の活動は、冷戦時代の影響を受けて
イデオロギー中心で、デモ活動が盛んになっていました。

この時代の日本は戦後の工業化政策で、環境汚染が
深刻で、そこからも学生たちは問題意識が目覚めた筈です。

今の中国のように海河川や空気の汚染は最悪でした。

その後日本は高度経済成長を成し遂げ、バブルに浮かれ、
冷戦終結後にバブル崩壊し、経済は下降線をたどりました。

しかし環境問題、原発、沖縄米軍基地、医療、教育など
多くの山積みとなった問題の解決が先送りになりました。

政治に対しても若者たちの無関心の状態が続きました。
そして2011年の311があり、目覚めた若者たちがやっと
行動を開始し、SEALDsが生まれました。

SEALDsの怒りを持った若者たちのデモでの演説は、
人間愛に溢れた心の底からの叫びです。

子供から老人まですべての人に聞いて欲しい
内容だと思います。
http://www.sealds.com/

「SEALDsの活動に参加したら、就職に不利だよ」
なんてことは、まったくありません。

学生さん達は安心して活動に参加して欲しい。

勇気を持ってこの活動に参加すれば、社会に出て
役立つ体験を多く得られる筈です。

この言葉は私自身の体験から云っているのです。

私は大学在学中の6年間、就職のことなど一切考えませんでした。
自分の社会に対する問題意識から来る行動を優先したからです。

1968から1970年までキューバの支援活動を3年間もし、
70年春にはキューバにも行きました。

赤軍派のハイジャックの直後で、キューバはもっとも
過激な国だと誤解されていた時期です。

警察に尾行されている事は承知してました。警察が家に
尋ねて来ても、両親は平気でした。

灘警察の外事課の方と飲みに行き、泥酔いして
家に帰った事もあります。

卒業後3回転職しましたが、必ず転職した職場に警察官が
尋ねて来ました。

いつでも何を聞かれても、すべて私の思っている事を話しました。

こうして自分の信念を強化し、正しいと思った事、
やりたい事をやり通す勇気を育ちました。

ですから学生時代は社会の問題に対して真剣に物事を見て、
行動し、考える能力を養う最高の時期です。

おかしいと思った事はおかしいと云う勇気を養い、
直観力や瞬時の判断が出来るようになることが
社会に出て役立つのです。

職場でも良いと思った事を遠慮なく提案しました。
そして自ら実行する力を育ったのは学生時代のお陰です。

原発、沖縄米軍基地、集団自衛権の問題をしっかり
自分たちの社会をどうすればよいのか、自分の頭で考える、
今は最高の環境だと思います。

こうした大きな世界観、歴史観、人生観を育てる
絶好の機会なのです。

そのチャンスを逃さないでください。

スマホは自分の意見を発信する最高のツールですね。
https://www.facebook.com/saspl21?fref=ts

デモで勇気を持って発言し、最高のパーフォーマンスを演じて下さい。
こうした体験は社会に出て絶対役立ちます。

SNSやyoutube、facebookの威力を生かせる
新しい生き方術を学びましょう。

SEALDsの若者たちは正に今の時代のヒーローです。


コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター