シャンティ・メール 緊急連絡 3月27日

★明日28日の横浜での講座。

宣伝不足で人が集まらず延期となりました。

関東地方で参加すると連絡をいただいていた方、
申し訳ありませんが、次の機会に宜しくお願いします。

会場の芸術文化情報ステーション(大綱会館)
の正式オープンが5月からなので、それから
再度企画していただけるようです。

ゆっくり東京で津村さんのコンサートに参加して
友人に会ったりと思っていたのですが、東京が
来るなと拒んだのでしょうか。
________________________

サラ・シャンティでは同じ28日に中健次郎先生の
講座があり、前日わが家にお泊りになるので久しぶり
にお話しできるのが楽しみです。

午後からは竹田恒泰殿下の講演会があり、2年前の春に
壱岐島にご一緒したので、久しぶりにご挨拶できます。

お二人とも世界中を歩きまわっている点で共通します。

信念を持って正しい情報を選んで生きて行く力。

そんな価値観を大切にしていると繋がっていきます。

やはり意識(中性子)と意志(陽子)の働き
だと思います。

これは日常的な生活の関わりで、祈りの行為とは別。

この魂や霊性の働きは見逃せない事実です。

マスコミで高名な人が急にガンになって、
あっと言う間に亡くなる人が多い一方、

ガンになって生き方を変えたら、元気になった
という人が多く現れるようになりました。

お金があり過ぎて、高名な医者を信じてしまい
自分の命や魂の力を気付けなかった人。

それも運命だ、寿命だと言われて終わりです。

僕が本の中で伝えたかったのはこの事です。

でも、そこまで書き尽くしていませんので、
これからの講演で伝えて行こうと思っています。

ネット上でもガンの自然治癒情報が増えて来たので
時代意識の変化を感じますので楽しみです。


魂で共感できる人を大切にしていると、
シンクロすることが多いのでしょう。

これは右脳への働いて、テレパシーや
サイキックビジョンが働くそうです。

環境活動や脱原発に打ち込む市民派の人達の
意識も高い筈ですが、こうした事には
関心がありません。

やはり対立意識が強いからでしょうか?

僕は武道歴38年、トライアスロン歴26年の中で、
古武道協会やトライアスロン協会の役員をしてきて、
保守系の方とのお付き合いも大切にして来ました。

こうした団体の役員は自民党か民主党議員が多いのです。

トライアスロンの時は体育会系の顔になります。
自転車の時はレーサーの顔になります。

武道の時は武道家の顔になります。

音楽の時、陶芸の時、農作業の時、大工仕事の時で
表情(仮面)が変わります。

それぞれの意識に変わるからです。

演劇もしてましたので、仮面は多いほど良い。

講演をする時にはどんな顔になるか定まっていません、

興奮した語り口になると、要注意だと思っています。

真の愛国者で和魂和才の知恵で生きている
という顔で演じよたいと思っています。

魂次元の直感と閃き、それを僕は能天気、
お人好しと言っていますので、そんな顔が
一番気楽です。

誰かに初対面で、ヒッピーだったでしょうと言われた
それが僕のあるがままの顔でしょうか。

これまでも世間一般の常識に囚われずに
いろんな事をしてきました。

「こんなん出来るの清水さんしかおらへんで」
とよく言われました。

会社勤めも60才まで35年間、同じ気持ちで
やっていました。

会社員の顔になっていたのかもしれません。

仕事の上でも直感やひらめきが役に立ち、
いろんなアイデアが生まれました。

身体が弱かったから、何とかしたいという思いが強く、
会社勤めをしながら武道、トライアスロン、修験道、
聖地巡霊、そして陶芸などして元気になりました。

会社勤めしながらですので、恵まれた職場だった
と思います。

ランニングシューズの裏を貼るゴム板の代わりに
左人差し指の爪から下を切断しました。でも、

翌日包帯して会社に行ったら、みんなビックリしました。

医者が無理だと言いましたが、僕は復元すると
まったく落ち込みませんでした。

ギターが弾けなくなり、武道に打ち込みました。

気を送り、15年かかって復元しました。

ヨガや気功、呼吸法のお陰でしょうか。

自然の中で走り回ったのも良かったのでしょう。

こうした世間の健康法と違った意識を持てたのは
修業系のことが好きだったからでしょう。

そんな健康法を伝えたいと思った時に、
道場を持ちたいと思うようになりました。

一方で武道やトライアスロンの普及のために
協会の活動もしてきました。

ですから体育会系のお付き合いが多くて、お酒を
飲む機会も多く、ユックリ読書する時間は皆無でした。

その頃に阪神大震災が起こり、そんな私が神秘体験を
するようになり、人生が思わぬ方向に向かったのです。

正になんでやねん、でした。

神様なんて信じていなかったからです。

この体験を、公表するのに18年もかかりました。

本にしなさいというゴーサインがあるまで
待っていたのです。

道場の持ちたいと思った時は、スピリチャルな
ことはまったく考えていなかったのです。

でも、オーム真理教の事件の直後にも関わらず、
サラ・シャンティなんて道場を作ってしまい、
ご近所さんや世間から、怪しまれました。

僕の兄は正面のビルで歯科医をしていて、患者さんに
なぜ弟さんはサラ・シャンティなんてしているのか
と聞かれて、答えるのに困ったそうです。

ある友人からは「サラ・シャンティの講座に親友を
誘ったらお付き合いしてくれなくなった」という悲しい
告白を聞かされ、正直申し訳なく思いました。

でも、そうした厳しい環境の中で、サラ・シャンティに
来てくれた方との出会いが、今の財産になっています。

正に、18年の魂の出会いが結晶化しました。

ですから、本を読んで貰いたいのです。

そうした方々と共に新しい時代を切り開いて
行きたいと思います。
________________________

カタカムナの吉野信子先生の第一クール講座が
神戸で再開されます。

4月4日は元町のBL研究所(セラフィック春貴)
で13時半から主催します。

この日はプレ・スクールで入門講座
参加費3000円、当日3500円

本番は6月20日から12月までの全6回です。

安井和子さんが主宰で実現しました。
携帯 090-6916-3939
セラフィック春貴代表 090-4282-5182

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(o゚▽゚)o

一種の告白みたいで照れますが…
サラ・シャンティさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(+´∀`+)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(o´∀`o)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにサラ・シャンティさんからの連絡待ってますo(^◇^)o
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター