EASE YOGA

私が「EASE YOGA」に通うようになって、1年になります。これまでの私のヨーガは、ヒンドゥ色の強いものでした。実践を積めば積むほど、ヒンドゥ教徒ではない自分がヨーガを学ぶことに違和感を感じていました。そんなとき、北村先生と出会いました。先生のロナウラ系ヨーガは、日本人の私には理解しにくいヨーガの歴史的な背景をわかりやすく仕分けし、それがどのような効果をもたらすかを科学的に実証するものだと思います。

 北村先生のヨーガで、これまで私の混乱がなぜ起こっていたのかが、雲が晴れるようにすっきりしました。自分自身が学び実践しているものから迷いがなくなると、より深くヨーガに取り組めるようになりました。

 また、「EASE YOGA」クラスの特徴として、多彩なプラーナヤーマの実践があります。それまで、アーサナばかりで、さほど重きを置いてこなかったプラーナヤーマですが、実践を重ねるにつれ、呼吸と自分が一体化するような感覚、周りのことすべてがどこかにいっていまい自分の中心にすっと入ってくるような、内面の感覚がはっきりとわかるようになりました。このようなプラーナヤーマの実践を繰り返すうちに、アーサナの意識も変わり、体の微細な感覚に以前より深い意識を向けるようになりました。アーサナとプラーナヤーマそして瞑想がすべて繋がっていると感じるようになってきました。意識の変化を感じるのが面白くてワクワクしています。

 また、北村先生は仏教にも造詣が深くていらっしゃいます。ヨーガを学んでいくと仏教の教えが大きな助けになります。そして、それは日本人である自分を知ることに繋がっています。

 私が2013年11月にタイのワンサニットで行われたロナウラ系ヨーガの合宿に参加したのも、そもそもヒンドゥ教と仏教との関係を知ることによって、少しでも日本人の私がヒンドゥ教を理解できればという思いからでした。そこでヒンドゥ教と祖を同じくするバラモン教の文化が、カンボジアを始めとした東南アジアまで広がっていたことを知ります。今までヒンドゥ教徒でないとやってはいけないのではないか、心の奥底でそう思い込んでいましたが、仏教を介し日本人も同じ文化圏にいるということが分かり、救われた気持ちになりました。

 4年前にインドを訪れたときは、疑うことの無い神に対する信仰心を持つヒンドゥ教の人びとに圧倒され、自分にはないものと違いばかりが気になっていました。しかし現実をありのまま受けとれない、すなわち無知がゆえに苦があるという基本的な考え方は仏教もヒンドゥ教も同じだということ、自然の法則を理解しようとすることで、よりよい人間世界を作っていこうというバラモン教の考え方が、日本人の精神性と同じだと感じた事で、ヨーガを学ぶことに感じていた違和感がなくなってきました。

 北村先生がクラスの前に話されるお話が、私はとても好きなのですが、お話を聞くたびに気付きがあります。先生はより良く生きるようおっしゃられます。私は仕事のストレスで妬み嫉みを引きずることもありますが、その言葉で周囲を認めようという気になります。日常の中の視点を少し変えるだけで、煮詰まっていた考え方が変わったり、マイナスの考えがプラスに転じたりします。そこには、生き方のヒントとなるエッセンスが詰まっています。
私にとってヨーガは、より良い生き方の道しるべのようなものです。また、社会生活を営んでいると、時にガス抜きをしないと心も体もがんじがらめになります。タイでは、社会の中で仏教がうまく機能し、そのガス抜きの役割を果たしていました。日本では人間関係が稀薄となる中で、そのような機会がどんどん失われているのが現実です。ヨーガはそんな状態から自分を開放し、風通しをよくしてくれる、日々の掃除のようなものです。

 これからも先生の助けをお借りしながら学びを深め、ヨーガを行っていきたいと考えています。

EASE YOGA(金曜朝)
西垣 有輝子

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター