Ask not what your country can do for you;

ケネディの言葉
Ask not what your country can do for you;
ask what you can do for your country

「国に期待すんなって、 あんたに何ができるか考えな。」

そんな時代が始まりました。

いま、ガンから生還した人の活躍が
facebookでどんどん増えています。

・杉浦貴之さんの 日本がん治っちゃったよ協会
・船瀬 俊介さんが癌を自力で治そう会
・寺田 佳正さんの食事療法でたのしく治す会
・高木實さんのラドンホルミシス健康法でどんな病気にも負けない
・代替医療、自然治癒力医療講演会情報を共有する会

船瀬さんのお陰で下からの医療改革が始まっています。

不治の病の筈のガン、それも末期から生還した人の声が聞けます。

皆さん是非、参加して下さい。
そして、メールで伝えて下さい。

政治は変わらないと云う無気力感が
蔓延する今、なすべきことが
やっと始まっている。

それは医療のお世話にならない生き方の実践である。

健康保険制度という強制加入によって
日本人は医療のお世話にならなきゃ損だと
思っている人は多い。

とにかく金額が大きい。

これは制度を改める必要があるが
まあ、無理だろう。

健康な人は一種の税金だと思って諦めている。

医療産業をそれに甘えてどんどん
おかしな方向に向かっている。

検査技術は高度化しても、治療技術は
患者の立場から遠くなってしまった。

周りを見回せば、医者に行かないと豪語
している人はいくらでもいる。

「自分の体のことは自分が一番知っている」
という当り前のことに気付いた人たち。

そんな人が増えれば医療費はどんどん減って行く。

元気な人が増えるほど、財政も行きかえり
文化も栄える。

年金にもお金が回るようになって
余暇が楽しめる国になる。

あんたに何ができるか、
簡単なことですね。
医者に行かないようにすること。
元気で長生き研究所の昇幹夫先生も
参加すると、今メールが来ました。
http://smilenobori.my.coocan.jp/

内海先生の講演会、大入り満員となりました。
素晴らしい集まりになります、ありがとうございます。

次回は数学者 佐藤さんの登場です。
面白いですね。

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター