子供の才能を引き出す熊野サバイバル術

このホームページをご覧ください:
http://con1725.wix.com/hirokiharamagic/
22歳の若さで世界中で活躍される
天才マジシャン原大樹さん。

大樹さんは原未音さんの3男で、長男も次男も
長女も子供の時から学力優秀、自立心旺盛で世界
に飛び立っています。

自然の力が生きる意欲を引き出し、頭脳が聡明になるのか。

4人の子供さんは鹿、猿、熊などと生活を共にする
奥深い熊野で育てられ、学校へ行くにも不自由で、
小さい時から畑や家事を手伝っていました。

遠くて通学困難な小学校は分校で生徒数が全学年で
10人足らずだったらしい。

何もない山奥で自然の素材からアートする父親、
限られたもので調理や手仕事をする母親の姿を
身近に見て創意工夫する力を養ったのだろうか?

以前に紹介した和田山の自給自足の縄文百姓
大森さん宅の子供達6人も逞しく育った。

生活すべてが生きる術を養う道場になっている、
それが家庭の本来の形なのだ。

原秀雄さんは自然農の福岡さんに弟子入りし、その後
アメリカでヒッピー集団に入ってサバイバル生活を始めた。

そこへ音楽雑誌の出版社に勤めていていた未音さんが、
ふらっと訪問、秀雄さんに引かれ結婚。

長男を自然分娩し、日本に帰り、屋久島から又一度
アメリカへ戻り、最後に熊野の山奥へ入る。

と未音さんの著書「地球のまわる音が聞こえる」に
波乱万丈の人生が綴られている。

長い子育てを終えて、今水音さんはエッセイスト・
歌手・聖地案内と祈り研究家として活躍されている。

http://blog.sq-life.jp/mio/
http://ameblo.jp/haramio/

さあ、水音さんのお話し、お楽しみに。

「大自然の聖地・ 熊野スピリチャルガイド」

3月22日(土)の午後2時からで、参加費は1500円
  (自家製自然農法梅干し、梅ジュース付き)


☆ その素敵で逞しいご主人原秀雄さんの作品展
  は3月21日~30日まで1階ギャラリーで

 http://www.h2.dion.ne.jp/~kazura/
  
期間中、原秀雄さんは在廊されますので
なんでも尋ねてください。

__________________

その原夫妻がアメリカで影響を受けたこの時代の
ヒッピーやビートニクについてご存知でしょうか?

ここから僕のメキシコ滞在中のお話し。

1966年大学を出たら貿易会社に勤めるぞと思って
スペイン語の勉強を口実に親の脛をかじってメキシコへ。

滞在していたメキシコ市で偶然知り合ったヤマハの
店長の家で奥様にスペイン語を教えるために行きました。

そこで運命が変わる丸山さんという画家に会いました。

丸山さんは日本最初のヒッピー集団「部族」の仲間だった
ので、山尾三省、ゲリー・シュナイダー、ギンズバーグなど
のお話を良く聞きました。

その頃、僕はアートにも興味があったのです。

注:「部族」とはその頃、新宿を中心としてボヘミアンの
 「反芸術」活動をするバム・アカデミー(乞食学会)
  という日本最初のヒッピー集団です。
http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/beatnik.htm

NYから来たビートニク詩人で画家の直井さんにも出会い、
お二人が画廊で個展をする時に通訳をしてあげたり、

アステカのピラミッドやグアテマラなど一緒に行って、
古代文明に触れたり、ここでは書けないことを
教わったり、楽しいお付き合いをしてました。

そのお陰でアメリカの放浪中も、NYのハーレムで
黒人の暴動に遭遇したり、SF,LOSのヒッピー集団の
場所を訪れたり、

スペイン語の勉強に行った筈が、人生観、価値観、
世界観、歴史観が変わり帰国の途に着きました。

そこから色々ありまして、2年留年して卒業、
職を2,3度変えて結局最後は神戸の貿易会社に。

そして33年も勤めました。

その33年も必然・必要・ベストな流れになり、
今から思うと、不思議な導きがあったナーと思います。

奥様の原水音さんとは14年前に一度新宮の元気広場で会い、
ご主人の著書も読んでましたので、今回の企画は即決でした。

僕は憧れたけど、とても真似ができないサバイバルな
お話しをじっくり聞かせていただけます。

タイミング良く栗本泰佑さんよりシンクロ情報です。

関連の世界一貧乏なウルグアイ大統領のスピーチ
「今、人間が見直すべきこと」
http://whats.be/2180
______________________

僕は最近、保江先生の本を読んでやっと自分の体験して
きたこと本にしたいと思うようになりました。

保江先生、矢作先生などが魂のことから
シリウス、アトランティス文明、伯家神道、
カタカムナ、ホツマツタエ、UFOなど
世間で怪しいと思われる体験を書かれ、

スピリチャルな体験をしてきた人がどんどん
世に出て、そうした情報を共有することで世間に
一般化すれば少しは世の中が良くなるのでは。

そんな風に思わせるお役目も保江先生にあるのか、
ちょっと書く勇気を貰えました。

お陰で、若い頃の感覚がやっと戻って来て
ホモルーデンス時代の再構築が始まりそうです。

「大自然の聖地・ 熊野スピリチャルガイド」

面白い人達がぞろぞろと来られます、
ぜひお仲間になって楽しい遊び感覚で
お付き合い下さい。

では、お待ちしています。

清水正博

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター