スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頸ガン予防ワクチン再開決定とは何事ですか

池田整司さんのメルマガ 全国民 必読です
ので転載させて頂きました。

安倍首相夫人に何とか旦那の非人道的政策を止めてもらいたいですね。
__________________________


驚くべき決定をこの国の為政者たちが行いました。
子宮頸がん予防ワクチンの再開決定です。

高校生の娘を持つ親として、これには憤怒の情が
ふつふつと沸き起こりました。

江戸時代なら、悪徳代官をぶった切る!との思いです。

四年前マインドコントロール(ビジネス社)で、
子宮頸がん予防ワクチン等の危険性を指摘した時は、
ネット上で「とんでも池田」と非難されました。

それでも、拙著を読んで自分の娘にワクチンを
接種させなかったお母さん方から講演後に
感謝の言葉をかけていただけるようになっていました。

もうこれで、予防ワクチン、特に子宮頸ガン予防ワクチンに関する
日本人のマインドコントロールは解けたものと安心していました。

ところが、日本の官僚、企業、医学界等の支配者グループは、
一切変わっていないことが明確になりました。

もちろん、原発推進と同じ構造で、
国民を直接支配する為政者たちの意識、
つまり人間性が全く変わっていないということです。

他人を病気にしながらお金儲けをする。
かってのヤマトごころの日本人には
あり得ない霊性の低下です。

明治維新以降の「文明開化」とは、
まさに「人の良心をお金で買い取る
エゴ植民地体制への道」で
あったと私が指摘する所以です。

もちろん、原発にしろワクチンにしろ、
それらを後ろから強制する国家を超えた
世界的大企業連合体があります。

その世界支配の中で、日本の為政者たちが、
利権で動かされているのです。

江戸時代のサムライたちならば、
このようなエゴ的支配を敢然と排除し、
市民を守りましたが、ヤマトごころを
失った現代の為政者たちは、
自己と所属する組織の我欲に目がくらんでいます。

これまでに日本では、300万人の少女たちが接種しました。
つまり、1500億円の売り上げの大半が、
海を越えてロックフェラー系列の
世界的製薬メーカーの懐に入っています。

10年後、この世代が次世代を産むときになって、
日本人は人口削減の罠にはまっていたこと
を認識するのでしょうか。

そのときになってもまだ、ワクチンとの因果関係はない、
と接種を続けているのでしょうか。
癌や白血病、さらに花粉症まで、放射能とは関係ない、
とマインドコントロールするのと同じです。

子宮頸がん予防ワクチンは、訴訟対策として
ちゃかりメーカーが副作用(副反応と表示)
を明示しています。

それをしっかり確認しただけでも、可愛い娘に
接種をさせないと私は思います。

まず、それを書き出してみましょう。

頻度の高い副反応(20%以上)としては局所の疼痛、
発赤、腫脹、全身性の疲労、筋痛、頭痛、
胃腸症状(悪心、嘔吐、下痢、腹痛等)、関節痛。

頻度の低い副反応(20%以下)としては発疹、発熱、蕁麻疹。

接種後に、注射による心因性反応を含む血管迷走神経
反射性失神があらわれることがある。

失神による転倒を避けるため、接種後30分
程度は座らせるなどした上で
被接種者の状態を観察することが望ましい。

重大な副反応としては、アナフィラキシーショック、
ギラン・バレー症候群。
(つまり、ワクチンで死亡することもある、と言っているのです)

また東京都の中学生がワクチン接種により1年以上歩行困難と
なった事例があり無料接種した杉並区は「予防接種の副反応」
と認めています。

少なくとも1500人を超える少女が、
突然の痙攣等の後遺症で今も苦しんでいます。

統計上ですから、実体はこの10倍はいると見られています。
外国では死亡例も報告されています。

 これだけのリスクを背負って接種しても、肝心の癌予防は、
「効果がない」のが世界の医学界では常識となっています。

もっとも、世界の良識ある医師たちによれば、
すべてのワクチンは免疫力を低下させるだけで、
いっさい予防効果がないことを指摘しています。

 付言すれば薬、特に精神科の薬は百害あって一利なしなのです。

 健康増進には、天然の必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、
ファイトケミカル、安全な水と空気。
さらに味噌・醤油など発酵食品。

要は、世界一の滋養食育を行っていた江戸時代の日本食
を見習って口養生することです。

また、数万種あると言われる栄養素をそのまま形にした
天然の本物栄養補助食品も上手に活用することです。

 因みに、ワクチンは抗体を効率よくつくるために、
免疫力を低下させなければなりません。

このために、様々なアジュバンドを混入しています。

その一つであるアルミニウムが、脳機能を阻害して、
自閉症等精神的疾患の原因になっていることもいまや
世界の医学界では指摘されています。

さらに子宮頸癌予防ワクチンには、イラクサギンウワバという
蛾を使用した遺伝子組換え細胞が使われています。

これは、ペットの避妊薬として使われている代物なのです。

はっきり言ってワクチンは、毒を入れて免疫力を落とし、
将来の病人を作るのが目的と言えます。

ワクチンから癌への「お金稼ぎ」と
「人口削減」の壮大な「仕掛け」なのです。

これを助長するのが、石油由来の食品添加物・化学肥料・農薬、
遺伝子組み換え食品、塩素入り水そして放射能、さらに電磁波、
インフルエンザ等遺伝子操作ウィルスなのです。

 このような事実が明らかになっているにもかかわらず、
厚生労働省の担当官はワクチン再開の記者会見で、

「けいれん等の障害は、注射による痛みからの
精神的なものでワクチンとは無関係」

と平然と述べています。
もうあきれてモノも言えません。

こんな発言をニュースとして公共電波で流し、
それを聞いても、現代日本社会では、なんら反対の
狼煙もあがらないのですから・・・。

望みは、日本人の下からの意識改革
 
はっきり言えることは、利権で生きてきた
中年男性等の意識は、この3年間の真実情報
の拡散にもかかわらず、変わっていないということです。

彼らは、百匹目の猿現象で、最後まで芋を洗わなかった
ボス猿周辺のオス猿たちと同じです。

彼らが死んで、猿の社会でも100%芋洗いをするようになったのです。

ところで3.11直後にTVで流れたCMは、
仁科明子親子主演の子宮頸ガン予防ワクチン推進の広告CMだけでした。

提供は公共広告機構。
地震の情報とこのCMしか流れなかったのです。

これは、完璧なマインドコントロールで
あったことが今や明白となりました。
どこの組織が、この広告を作り、わざわざあの非常時に
これだけを繰り返し流したのか。

そこを把握するだけも、日本社会の実態が見えてきます。

それでも、目覚めた人々の地道な活動で、わずかながら
日本人の意識も変わってきました。

特に、子供をもつお母さん方が目覚めて、草の根的に
食育などの勉強会の輪が拡がっています。

しかしながら、私は、このままの状況が続けば、
3代で日本人という種は再生不能になるまで潰れると思います。

私たち世代がその第一世代です。
孫の世代の次は、激減するでしょう。

そうならないためには、洗脳から目覚めることです。

どれだけ今の日本人が、この3年間の教訓から目覚めたのか。

そのバロメーターが、どれだけの若いお母さん方が、
再開される子宮頸ガン予防ワクチンを拒否するか、だと思います。

まさに、日本の望みは、若いお母さんたちの
下からの意識改革しかありません。

そして、それが今地球文明の唯一の燭光なのです。
 
私も、講演活動等を通じて、真実を伝えて行きます。
封印されたヤマトごころの復活めざして・・・
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

◆池田整治 
 公式HP: http://ikedaseiji.info/
◆東藝術倶楽部顧問
◆美し国 副代表 http://umashikuni.co.jp/index.html
◆池田整治監修の防災セットはこちら http://ikedaseiji.info/bousaiset/
◆『日月神示「悪のご用」とマインドコントロール』(ヒカルランド)
◆『目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!』 (ヒカルランド)
◆『[親米派・親中派]の嘘』 (ワニブックス)
◆『ヤマトごころ、復活!』 (新日本文芸協会)
◆『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』 (PHP)
◆『ついに来たプラズマ・アセンションの時』 (ヒカルランド)
◆『脱・洗脳支配』 (徳間書店)
◆『マインドコントロールX 国防の真実』 (ビジネス社)
◆超マインドコントロール2 日本人だけが知らない! 日本と日本人の凄さ!
◆『超マインドコントロール』 (マガジンハウス刊・アマゾン総合第2位を記録)
◆『原発と陰謀』 (講談社)
◆『マインドコントロール』 (ビジネス社)
◆『マインドコントロール2 ~今そこにある情報汚染~』 (ビジネス社)
◆『転生会議』 (ビジネス社)
◆『心の旅路』(新風舎)(新日本文芸社:改訂版)
◆『なかったことには出来ない話』(新日本文芸協会)
◆写真集『今を生きて~ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。