「きみがよものがたり」と2020年東京オリンピック

オリンピックの5輪のマークと偶然にも表紙が一致した
「きみがよものがたり」が出版されて1年過ぎましたが
その後の展開が気になります。

東京オリンピックが決まり、絵本「きみがよものがたり」
の使命がこれからが本番です。

多くの方に感動を与えた「きみがよの真実」は、
世間に広がっているのでしょうか?

311から昨年の古事記編纂1300年を経て、今年は
伊勢出雲の同時遷宮、そして中国・韓国の挑発的な態度、
TPP,改憲から異常気象まで、日本人の生き方を変え
ようとする圧倒的な力が内から外から働いています。

日本人に早く目覚めよという神風が吹いているのでしょうか。

この状況を、マイナスにするか、プラスにするかは
私たち一人一人の力にかかっています。

「きみがよものがたり」がその中で一役を演じる使命を
与えられたのは偶然ではありません。

いろんな人から「岩戸が開いた」「縄文がキーワード」
だと言われますし、僕も言って来ました。

六甲山のイワクラが復活してきたのも、カタカムナの
講座が盛況なのも、日本人の歴史観が変わり始めた
兆候だと思います。

これまでも紹介してきましたが、いま本当に面白い人が
活躍されるようになり、そこに日本の底力を感じる
出会いが多く生まれています。

この絆を大切にし、皆様に繋げるのが僕のお役目ですが
とてもすべての人を網羅するのは大変です。

神の戸の六甲の地に生を与えられ、阪神大震災で道場を
与えられたことを機に、お役目と思って動かされている内に
いつの間にかサラ・シャンティは縄文基層文化の発信基地の
ようになっていました。

「きみがよものがたり」の出版では著者のたちばなさん
と絵の田口陽子さんとの出会いのお手伝いをさせて
いただきました。

さらに大いなる力が働いて、2転・3転していた出版の
構想が身近な仲間に寄り戻されて、編集・校正はカタカムナ
でたちばな先生の一番弟子の清水さんに、最後の出版が
キレイネットの山内さん、大下先生の新日本文芸協会
と仲間内ですべて納まり、びっくりです。

サラ・シャンティでお世話になってきた方々と力を合わせ
戦後の「君が代」の間違ったイメージを一新せよとの
大いなる意思だと受け取りました。

その熱い思いで「きみがよものがたり」を世に出したわけ
ですから、その心が世界に広がって欲しいと思っています。

しかし「きみがよものがたり」だけで、戦後の間違った
世相を変えるには荷が重すぎます。

日本語の持つ言霊の力を世間に伝えるには、余りにも
私たちが受けてきた洗脳という障害が強力です。

しかし様々な視点から秘められた縄文基層文化を発掘したいと
言う思いが私の中にあるからでしょうか? 

大いなる力が私を使って働かせんとお役目を持った方々との
不思議な偶然とは思えない出会いの機会が与えられてきました。 

「カタカムナ講座」の吉野信子先生や「日本語は神の言葉」
の昌原容成先生との出会えたのも大いなる存在のお陰です。

不思議な出会いの方々すべてをここで書ききれません。

今回実現した「いろは呼吸法」山本光輝先生の講座も
偶然ではなく一周年をやりなさいとの大いなる意思が感じとれ、
「きみがよものがたり」の普及の大切なお仕事を再認識
させられている訳です。

この機会は山本光輝先生は言霊の力が生み出す具体的な
実践例をお話し下さいますので、聞かれた人はお得でしょう。

日本には各家庭に「般若心経」写教の伝統がありました。
私も若い頃に母を真似て写教をしたお陰で今があります。

日本人なら筆も持ってさらさらと書けるようになるのは
憧れでもありますが、山本先生は「ひふみ祝詞」や「いろは歌」
を呼吸法として唱えながらの書法を指導されます。

「いろは呼吸書法」は呼吸法と書道を同時にするだけでも
多大な効果が期待できるのに、さらに言霊の力をもらえる
のですから魅力的です。

僕も武道家の端くれですから、山本先生は27歳の時に
合気道開祖・植芝盛平翁を師として出会い、合気道7段
として活躍されている事だけでも大変なお方だと思います。

『いろはうた、ひふみ祝詞』のみをテーマに書き始め、
合気武道と書道の融合の「いろは呼吸書法」を創始された事は
日本の言霊文化にとって大変な功績だと思います。

呼吸法を習得することは、生きる宝となる健康法にもなり、、
潜在意識にある思いを実現する大切な技法です。

「きみがよものがたり」は丁度、書道のお手本にもなり、
全国の家庭で「いろは呼吸書法」が広がれば、どれほど
素晴らしいことか夢のようなお話ですね。

合気道の呼吸法と書を融合されたお話から、その秘訣をぜひ、
皆様にも聞いて頂きたいと思います。

☆ きみがよものがたり出版1周年記念企画 ☆

11月3日午後1時開場、1時半開演

・大下伸悦のいま知ってほしい世界のお話

・たちばな先生と多田政宏さんのお話の後、

・山本光輝先生の言霊は日本を蘇らせる
〈細胞が躍動する神通の歌〉 

・講座終了後は茶話会を持ち、先生と歓談の機会とします。

5時半ごろ終了したいと思います。

参加費 3000円(要予約)、当日3500円

予約はメール又は電話でお願いします。
tel&fax:078-802-5120
mail: sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

清水正博
健康道場サラ・シャンティ/シャンティ・すぽっと

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター