神々の島・壱岐巡り

壱岐は古事記で有名なイザナギ、イザナミの神が5番目に創った島。

しかし壱岐へ行ってみたいとは思った事がないのに、竹田恒泰さんの講演を

お手伝いしている方から島めぐりや食事を一緒に過ごせる機会となるから

参加しませんかと誘われ、想像しただけでこんな贅沢が味わえるチャンスは

めったにないと直感、即に「行くよ」と返事しました。心配なのはお天気、

壱岐は何となく寒そうな感じがしてましたが、前日まで凍えるような寒さが、

一転してこの日から初夏のような暖かい日が続き嬉しかったです。

初日の朝、博多からジェットホイルに乗って1時間で壱岐に到着、

この時から竹田の宮と秘書の金子さんも一緒でした。

金子さんは宮のことを「若」って読んでましたよ。

港にて今回の講演の主宰者である平山旅館の女将のお迎えがありました。

そして、女将の案内ですぐにマイクロバスに乗り込み、島めぐりです。

山頂にある男獄神社へまず案内されて島全体を見せていただき、そこから

海岸にある猿岩を見て、平山旅館での昼食となりました。

なんと対馬産のイノシシの肉のすき焼きが美味しかったですね。

そこで、すでに3時頃でしたので、竹田の宮は講演の準備に入られ、残った者で

午後からは鬼の窟古墳、原の辻遺跡、壱岐博物館を案内していただきました。


竹田の宮の「古事記と壱岐」の講演には、島の人たちが多数集まってましたが、

女学生たちは特に感動していたようでした。どこでも男は鈍いですね。

サイン会で遅くなってその晩の夕食は10時過ぎからになりましたが、

壱岐の島がどれほど素晴らしい食文化があるかをしっかり堪能できる

素晴らしいご馳走、そしてお酒も美味かったですね。


2日目の朝食は女将の畑で採れた新鮮な無農薬野菜が実に美味かったです。

自然が保存されている壱岐の中でピカイチの「辰の島巡り」が最初のコースで、

そこへは船で渡り、美しいビーチと鬼の足跡や蛇ケ谷を巡りです。あまりの

海の美しさに夏に何度でも来てゆっくりダイビングを楽しみたいと思いました。

〈宮古島にはトライアスロンで11回訪問しています、次は壱岐が良いですね)


島めぐりで時間を要したので、そこから干潮時だけ道の出来る小島神社に行きました。

この島からは小枝も持ち出し禁止で島全体が神域・パワースポットと言われて

参詣される人が多いそうです。

ここで午前中の予定は終わり、お弁当を食べて竹田さんを港にお送りしました。

午後は大きなイワクラで有名な女獄神社、月読神社、太郎・次郎礫など

名所を案内して頂き、4時半のジェットフォイルで博多へ戻りました。


追記: 古来、対朝鮮・中国への防衛線として防人が置かれ、2度の蒙古

襲来では対馬と同様に住民が皆殺しに会う被害を受けています。

元寇については下記の説明が詳しいのでご覧ください。
http://www.ikishi.sakura.ne.jp/genkou.html

壱岐には歴史的に重要な史跡が多く、280基もの古墳、38の神社があり、

数多く祭りごとがなされてきたのは日本にとって大変重要な役割を住民が

背負ってきたことの証しなのです。

そのお陰で美しい自然環境も守られた島だと知りました。

http://www.ikikankou.com/

原の辻遺跡が発掘され、登呂、吉野ヶ里遺跡と併せて国宝として

国の史跡指定をされている。その遺跡を見渡せる位置に博物館が

あり発掘されたものが展示されている。

翌日の3日目もお天気が続き、友人の車で案内してもらって宗像大社、

箱崎大社、そして大宰府天満宮では梅が満開でした。



テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター