シャンティメール 11月30日

国民性を現わすジョーク:

ある船が火事になった。船長が乗客をスムーズに
海へ飛び込ませるために言ったのは。

イギリス人には、「紳士はこういうときに飛び込むのです。」

ドイツ人には、「規則で海に飛び込むことになっています。」

イタリア人には、「さっき美女が飛び込みました。」

アメリカ人には、「海に飛び込んだらヒーローになれる。」

ロシア人には、「ウォッカのビンが流された、今追えば間に合う」

フランス人には、「海に飛び込まないでください」

日本人には、「もうみんな飛び込みましたよ」

この最後の二つの国民性が真逆(正反対)で面白い。

フランス人は、ひねくれていてプライドが高い。

英語を喋れてもフランス語で喋ろうとする。
日本人にはありえない。

アメリカは伝統がない国だと馬鹿にして
アメリカの物まねを好まない。
これも日本人にはありえない。

フランスは植民地獲得で英・米に負けた国だ。

英・米の植民地政策の悪事は知りつくしている
ゆえに英米を信用しない。

だから政治的にもフランスは英米に同調せず
独自路線を歩んできた。

今や日本がお手本にしたいのはフランスである。

戦後アメリカの植民地になった日本の情けない
実情を見ていて、フランスの知識人オリビエ
・ジェルマントマは苦々しく思い、「日本よ
いい加減に目を覚ませ」と訴える。

日本に古武道を学びに来るフランス人は
伝統を尊び、その原点にある霊性・精神性を
しっかり学びとる姿勢が真摯で気持ちが良い。

ヨガにおいても然りであり、非常に興味深い。

そのフランスで10年近くヨガを学び、
指導されてきた植田明子さんが来日します。

フランス発 Shadow Yoga入門講座 in 六甲 2012

詳しくはこのサイトをご覧ください。

http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20121222

すでにヨガを指導されている方にとっても
刺激的な内容だと思います。
_______________________

もう一人フランスからゲストを迎えます。

奈良さんの恒例の年末ライブに高野山の有名なカフェ梵恩舎
の柘植健&ベロニクさんがコラボしてくれます。

奈良裕之 螺旋のひかり

第1部 13:30~16:30
サイレント・セッション
参加費 5,000円(当日5,500円)

奈良さんならではのプリミティブな感性が
数々の打楽器から音霊エネルギーが生み出し、
全身全霊の細胞と共鳴現象を起こす。

簡単なボディワーク・呼吸法・瞑想をします。
また横になったりしますので、ご参加の方は
動きやすい服装で、ショール等の掛け物の
ご用意をお薦めします。

第2部 17:30~

音霊演奏会 奈良裕之と
  健&ベロニクのコラボ

健さんは二胡、笛、シタール、ベロさんは歌や
インディアンフルート、パーカッション。

参加費 3,000円(当日3,500円)
懇親会 奈良カレー
参加費 1,500円

今年最後の贅沢な時間を満喫してください。

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター