魂の目覚め・・・


今僕はヨガの先生でありながら、生徒でもある。やはり、ヨガは相当深いものなので
進めば進むほど知らないことが次から次へと現れてくる。広い大宇宙の中の地球はなんて小さい世界なのだろう。同時にこの小さい世界があの広い大宇宙の一部だという現実・・・ 不思議であり、神秘的な感覚が心の奥から膨れ上がってくる。このヨガの道を通してさらに一歩踏み込むために、もう一度インドでヨガの修業をすることに決めた。
   
 北インドに位置しているリシケシという 「ヨガの聖地」でアシュタンガヨガの500時間のテイーチャートレーニングコースを受講した。
コース自体とても素晴らしかったが、ある面ではかなり挑戦が必要だった。早朝、ガンガの川の隣にある小さいヨガ教室で朝日が昇るのを感じながら、瞑想、呼吸方法を学び、その後アシュタンガの練習、昼からは講義やアジャストメント方法などがあり、朝早くから夜遅くまでびっちりスケジュールが詰まっていて、毎晩ベッドに入るなり直ぐに眠りについた。毎日の練習をやるにつれ、エネルギーが増え、バックベンドなどが以前よりもっと形になってきたり、日々のヨガの影響が明らかに実感出来た。
リシケシで長期間暮らすことで、どんなに魅力的な街であるかということがより深い層で味わえた。例えば、朝でいうと深い静けさがあり、山と川からの涼しい風が肌にあたると魂から目覚めた感覚になり、ガンガ川のとても純粋で穏やかながら力強いエネルギーがはっきり感じ、何処からか分からないが、色とりどりのサリーを纏った年配の人々の団体が、冷たい川の水の中、円になって手を繋ぎ、神様や母なるガンガに心から祈ったりする光景を目にしたり、昼はとてもしつこい程にお金をせびるSADHU達だが、町中の至る所にあるベンチに鞄一つにまとめた手荷物を傍らに置き、使い古したブランケットを身体の上に掛けて子供の様にぐっすり眠っていたりした。
 昼になると朝の静けさがうって変わったかの様に、とても街全体が色と音と臭いに埋め尽くされたような活気がみなぎってくる。顔なじみの人とすれ違う時に目や笑顔で挨拶したり、毎日必ず同じ所に座り、まるで木のような姿に見えるSADHUがキラキラした目と溢れんばかりの笑顔で暖かいエネルギーを振りまいている。脈々と受け継がれてきたインドの歴史の中で、ほんの僅かではあるが溶け込めた気がした。

 コースが進むにつれ、集団のエネルギーが統一されていくうちに、 それぞれの成長を分かち合い、個人的に困難な状態に陥った時も皆が同調し、良いエネルギーバランスになることで益々日々の練習の効果が高まってきた。コースを終了すると達成感に満ち、身体能力も著しく変わったようで、 アシュタンガを教える自信がさらに増えてきた。
 この旅はコースを受けるだけでもとても価値のあるものだが、同時にとてつもない
インドの神秘に触れることが出来た。今回、初めて夫婦での旅として色々な層で意味深いものになった。大阪からゆっくりゆっくり船で2日間掛けて上海まで行き、瞑想的なスタートを切った。中国、ネパールを経て様々な文化と食べ物、歴史や宗教を体感しながら、2人の世界感を徐々に広げていった。マザーインドと言われているインドに着くと母なる神秘的なエネルギーに心を開き、導かれるままに行動することに決めた。

そうするとやはり、不思議な人々に次々と出会う幸運に見舞われ、沢山の魂のレッスンを学ぶことになった。占星術師や透視能力を持つ人に会うことで魂の中に既に持っていた思いや未来に関しての計画やヴィジョンが明確になり、これからどのように夫婦として生きていけばよいかが心の中心で固まってきた。

人生とは進化の道である。幻に溢れている社会 の中で様々な困難や障害により魂が迷い易くなる。意識的に進化の道を歩んでいる人がまだまだ少ないこの社会で、効率的に成長するのが難しいのだろう。特に現在あらゆる場面で政治的、環境の問題などを含み転換期に入っているので、以前よりもっと精神の明晰さや心の視野が必要になる。そのために私たちは、ヨガや瞑想やヒーリングによって人間と自然の融合を取り戻し、人間と大宇宙の意識を再接続することの大切さを皆と分かち合いたい・・・やはり何と言っても、現実の状況は不思議なものだが、実際に私たちは無限の意識から生まれたもので、信じられない程広大な大宇宙の中、小さな惑星の上で一つの人類として統一されたヴィションを持ちながら前へ進む意識そのものである。
 この現実をしかっりと見つめ、私たちのことを待っている新世界に笑顔と共に踏み込もう!!!
「我々を待っているものは我々そのものだ We are the ones we’ve been waiting for
    Hopi Quote

月曜夜アガマヨガ講師
ジョン シュレーダー


コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター