「リラックス気功」を受講して

私が気功を始めたのは、昨年6月からでまだまだ気功教室の入り口です。気功を習うきっかけは、病気になったからです。

平成19年に22年間勤めた職場を定年退職し、半年後、再就職しました。仕事の内容は、以前と別段変わりは、なかったのですが、新しい職場では、ストレスが多く食事も不規則になり、疲れも自覚できないぐらい、新しい職場に馴染むように努力しました。
半年ほどで、やっと職場に慣れ、楽しく働くことが出来たのですが、その頃から体調が悪くなり、念のためにと思い検査に行き、胃がんがわかりました。

考えるゆとりもないまま、手術。そして、抗がん剤治療を受けました。抗がん剤治療は、本当に辛く、このままでは、自分が廃人になると思い、中途で止めました。その頃から友人の勧めで、ガンに関する本を読み、がん患者の会などに出席し、勉強をしました。(本当に無知でした。)抗がん剤のため、体力は弱り、食事も出来ない。毎日がんの恐怖の中にいました。友人から、気功が良いと聞き、家の近くの教室を探して、サラシャンティさんに行きました。
 
当初は、教室でどうしてよいか判らず、先生の言われるとおり、体を動かしました。教室は少人数で、先生と先輩達のほのぼのとした雰囲気の中で、体力がなく、休みがちながら、続けていけています。

 教室では、呼吸法を習い、リラックスします。まだ気功を始めて一年ですが、家では呼吸法を生かし、生活での余裕ができたと思います。少しずつ、前向きな考え方をすることが出来るようになり、病気の恐怖も減りました。

 気功教室に通い、サラシャンティでの.伊東医師の講座、そしてがん患者の会ASUKAなど、いろいろな人々とのつながりを持たせて頂き、今と一年前の自分の病気に対しての考え方の違いを実感し、そしてその事に気づかせて下さった方々に感謝しております。
 今生活の中で大切にしておりますのは、食事です。玄米菜食を中心に、ビワ灸、ソルトスタジオ、など体温を上げるように、心がけています。とりとめのない話を書いてしまいましたが、最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

樽井 幸子

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター