10代と20代の若者たちが経済産業省まえでハンスト

今年1月、こごえる山口の県庁まえで
10日間のハンストをやった
10代と20代の若者たちが
今日から10日間、霞が関の
経済産業省まえでハンストに入った。

今回のハンスト概要:
 期間:10日間(240時間)
 日時:9月11日17時~9月21日17時
 飲食:水と塩のみを摂取

<座り込み>
 場所:経済産業省 正門周辺
 日時:9月11日は17時頃~20時頃
    9月12日~21日は8時~17時半

こんかいの声明文を、以下にご紹介。

  ** ** ** ** **
http://hungerstrike.jimdo.com/

         声明文

福島第一原子力発電所の事故で多くの方が故郷を追われ、
また、暮らしそのものを奪われました。
この原発事故が収束するまで、放射能が大気中と
大地と海に垂れ流しにされます。

一度事故が起きてしまったら取り返しがつかなく、
誰も責任が取れないことが明確になりました。

それだけではなく、原発は事故が起きなくても
大量の温廃水などで自然環境を破壊し、
何万年も管理しなくてはいけない
大量の核のゴミを生みだします。

私たち若い世代には、すでに日本の
54基の原発が生んでしまった、
半永久に消えることない核のゴミと
福島原発から漏れ続けている放射能
を残されてしまいました。

しかし震災後も、新規立地計画されている
上関原発建設予定地では、休みなく原発建設
のための環境調査工事を進めています。
泊原発も国民になんの説明もなく
営業運転を始めてしまいました。

私たち若い世代は、原発の負の遺産を
これ以上背負いたくありません。
そして最も放射能の影響を受ける子供たち、
その子たちに繋がっていく命に、
これ以上の負の遺産を残したくありません。

私たちは命の糧となる自然や、
命そのものを大切にすることを
政策に反映してもらうように請願し、
ハンガーストライキを10日間行います。

これは、これからこの地球で
生きていく私たちの願いです。


内閣総理大臣 殿
経済産業大臣 殿
外務大臣 殿


上関原発をはじめとする新規建設計画を
白紙撤回してください。

放射線量が高い、福島県内や周辺の県に
住む方々の健康管理や避難後の生活面
での保障を行なってください。

各原発の再稼働を検討する前に、原発事故
の危険性と事故の責任の取り方を全
国民に説明してください。

原発による環境汚染や放射性廃棄物の
問題を管理できていない中、原発輸出は
やめてください。

原発、もんじゅ、再処理工場など全ての
原子力施設の廃炉と省エネ・自然エネ
ルギーの社会に向けた方針へ転換してください。


【請願者】           
山口県上関町民  岡本直也(20)
千葉県民     米原幹太(21)
愛知県民     関口詩織(19)
大阪府民    竹之下惟基(22)
大阪府民      松村元(20)
兵庫県民      釣琴美(27)
和歌山県民     田中希(17)
大阪府民     岡野朱里(19)
兵庫県民    児島げんき(18)
和歌山県民    深尾明加(18)
東京都民     高橋雄也(20)
東京都民     佐倉直人(20)

-------------
以上転送します。
サイトから、賛同を広く呼びかけます。

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター