シャンティ・メール 9月9日

311から半年、もうすぐ911。

☆さよなら原発 911神戸アクション☆
が開催されます。詳細は
http://kobenetwork.blog69.fc2.com/

日時:2011年9月11日(日) 11:00~21:00
場所:神戸メリケンパーク
内容:スピーチ、パレード、コンサート、
   キャンドルナイト、ブースも沢山
ゆっくりお出かけ下さい。

さてさて、元々原発の安全性など誰も信じて
いなかった時代があった。それが、

お金で心を買われ、便利さが優先され、電気を
湯水のように使う事を豊かさと錯覚し、麻薬の
ように快感を味わって麻痺した私たち。

911はその反省の日。そして米国政府
にとって自滅への道に向かった日。

・ツインビルや第7ビルの不自然な倒壊、
・粉塵から出てきたサーマイトの証拠、
・ペンタゴンに突っ込んだミサイル疑惑
・公開されない多くのビデオ映像

数知れない疑惑に対して一切答えず、愛国者法
を施行して自国民を弾圧をしてきた。

イスラム社会にテロ国家のイメージを
植え付け、対立を煽り、したい放題の暴力。

目先の利益を求め侵略戦争を繰り返し
今窮地に陥り、イラクから撤退できず、
愚かな軍事経済から脱け出せず、
深刻な不況に陥っている。

新大陸発見以来、イエズス会を送り込み、
アメリカインディアン、マヤ・アステカ
・インカ・シボネー族、そしてアジア、
アフリカの原住民を奴隷にし、搾取と略奪
を繰り返し古代文明を破壊し、栄華を極めた
欧米の植民地主義が終焉する日が近い?

8月31日サラ・シャンティでアラスカから
来日したキングリット族のシャーマンで神話の
語り部のボブ・サムは語った。

少しの時間に40人近くの参加者がありました。

自身も若い頃、麻薬とアル中になり、多くの友人、
若者が自殺に追い込まれた。

エスキモーの誇りであるトーテムポールや古い墓地、
言葉も文化も消滅寸前になった。

しかし、生き残った人々には古い口承の神話が
残され、魂が継承する役目を担ったボブ・サム。

朽ち果てた墓場を掃除し、長老達から教わった
神話の口承によりエスキモー文化を復活させた。

星野道夫の後継者である赤坂友昭氏(写真家)も
ボブサムの神話を日本で伝えている。
http://photo-sai.com/about.html

私たちは豊かな精神文化も様々に復活しつつある。
鹿島さゆりさんは「一万年の旅路」-ネイティブ・
アメリカンの口承史を朗読した9月4日には、
50人近くの参加者がありました。

こんな時代でも、若いときから誤った時代性に
疑問を抱き、ぶれない生活を実践してきた先駆者
がいることは有難いことです。

中野瑞樹さんは水もお茶も一切飲まずに、
果物だけで生活している。

9月25日 〈日〉 1時より4時
中野瑞樹講演『フルーツからのメッセージ』
  ~心も体も地域も地球もきれいに~

◆参加費 2,000円(要予約) 当日2,500円
 すでに2年間、水もお茶も飲まずに“果実だけ食”
 を実践。その体験にまつわる面白いお話。

・現代人は、”果実”だけで生きられるの?
・フルーツを食べても太らないの?
・フルーツを食べても身体は冷えないの?
・フルーツ食で身体にどんな変化が現われるの?
・食育とラフスとロハスの違いとは?
・フルーツで環境問題を解決!?
フルーツの秘められた魅力を余すことなく語られます。

◆中野瑞樹(元東京大学教員) 和歌山県出身
H13.3:京都大学大学院(農学修士)修了   
 ・研究テーマ:沙漠緑化、人工衛星画像解析 
 -アメリカ海洋気象局 客員研究員   
H13.4-H17.3:東京大学(経営工学)教員  
・研究テーマ:環境MOT、ビジネスモデル
 -経済産業省DND東大事務局
 -芝浦工業大学MOT形成支援プログラム開発委員など
H17.4:独立 企業マネジメント研修、環境と食育
(ラフス)セミナーなど多数
 現在、丸二年間”果実だけ食”実践中
 かたかむな、古神道にも詳しい
____________________

10月10日 体育の日 1時より4時
橋本宙八講演 ―文明のパラダイムシフトー
「フクシマ・見えない世界への重い扉」
参加費無料ですが福島への義捐金をお願いします。

3・11の東北大震災は、様々な課題を私たち
日本人に突き付けました。ことに、原発事故は、
良くも悪くもあらゆる分野で日本的ナルモノの
すべてを噴出させ、広く世界に露呈してしまいました。

原爆と原発、この人類未曾有の放射能の被曝体験、
ヒロシマ、フクシマは、なぜ日本で起きたのでしょうか?
この意味と課題を探って行くと、日本が変わるべき姿
と世界が今後転換すべき方向が見えて来ます。

原発事故の収束と放射能被曝をどう乗り越えるか?
日本の復旧と復興は、この問題の核心をどれだけ
私たち日本人が深く知るかにかかっています。

見えない放射能からどう身を守り、どう新しい生活や
生き方を創って行けば良いのか?食の視点も絡めて、
皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

橋本宙八(チュウヤ)プロフィール :
食物による健康法(マクロビオティック)の研究、実践38年。
いかに簡素な食事で、免疫力や自然治癒力を高め、体質を改善し
病気を治すか?その方法としての「半断食による心身改善法」を
研究、独自のプログラムを開発。

いわき市の自宅を中心に、オーストラリア、ヨーロッパなどでも
セミナーを開催。過去30年間で十数カ国、7500人を指導。

1993年、チェルノブイリの汚染地帯を視察、ミンスクで
開かれた子どもを守るための国際救援会議に出席。「食による
被曝の防ぎ方」について講演。その後、二年に渡り各一ヶ月間、
ベラルーシの被曝児童9人を自宅に招き保養滞在をさせる。

福島県いわき市の自宅は、原発から24キロ地点。自ら被災し、
避難しながら子どもを抱える若い母親たちを対象に、
「食でどう子どもを守るか」の講演とブログ(マクロビアンdays)、
執筆等で食による放射能対策を発信し、指導を続けている。

「マクロビアン」主宰。
「地球と未来の子どものためにNPO<2050>」副理事長。
「KIJ(kushi.Institute.of.Japan)」講師。「日本CI協会」講師。
「Art.of..Beauty.College」講師。「中国徐州老子食研究会」顧問。

自宅:〒979-3124福島県いわき市小川町上小川中戸渡35 chuya@macrobian.net
_____________________

11月3日(木) 文化の日1時より4時
テネモス国際環境研究会
http://www.tenemos-ier.org/

ありえない不思議なことを現実の物とする
飯島秀行さんの貴重なお話がきけます。

 これからの科学は生命科学
~自然のメカニズムを理解し応用する~
◆参加費 2,000円(要予約) 当日2,500円

飯島さんはとても不思議な方です。
研究に没頭しすぎて脳梗塞や心筋梗塞になっても
自分で治される。現代の医学が認めない自然の
メカニズムを治癒力に活かしている。
そんなお話も聞けます。

・空中で停止する飛行機、
・永久に電力消費ゼロで回るモーター、
・洗剤不要、不思議なパワーのあるマナウォーター
・など自然のメカニズムによる常識では説明できない
(DVD画像による)発明の紹介と解説
_______________________

11月23日〈水〉 勤労感謝の日 1時から5時
映画「カンタティモール」
http://www.canta-timor.com/

監督 広田奈津子 トークライブ
ゲスト:アース農場娘 大森チエ
参加費:2000円(要予約) 当日2,500円

東ティモールの底抜けに明るく善良な人たち
長い植民地政策による厳しい弾圧のなかでも
その神聖は失われずに独立の大きな力になった
非暴力主義の原点が歌と笑顔の中に見つけ
広田さんのビデオカメラがひき付けられた。

私たち日本人にとっても、自分のルーツに
であう感動的な作品です。
_______________________

今一番のお奨めの情報発信は元自衛隊陸将補の
池田整治さんの◎心のビタミン
バックナンバー・配信はこちら
http://archive.mag2.com/0001323230/index.html

健康道場サラ・シャンティ
http://www.npo.co.jp/santi

Tel&Fax:078-802-5120

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター