FC2ブログ

菊理姫様の愛のエネルギー復活

猿田彦さんを迎え六甲(ムコ)神奈備山岩戸開きによる菊理姫様の愛のエネルギー復活を祝いサラ・シャンティ26周年記念行事とし、参加の方皆様に写真の「いよのいし著大和言霊秘伝 艮の巻」をプレゼントさせていただくことが決まりました。


2月14日(日) 
講演会1部 10:30~12:30
猿田彦さんの「なぜ僕が磐座からメッセージを受け取るようになったのか?」
講演会2部 14:00~16:00

ゲストに神話伝承研究家の大江幸久先生をお招きし猿田彦さんと六甲山のご神体と磐座についての対談、その後質問&お話し会一部と二部を参加のときは¥5000です。

六甲(ムコ)山は法道上人、役行者、聖徳太子、空海によって開山された大変歴史のある神体山、神奈備山であることを兵庫県も神戸市からも無視されています。

神奈備山とは神道において、神霊が宿る御霊代、依り代を擁した領域。

神代として自然環境をご神体とする神が「鎮座する」「隠れ住まう」山や森の神域や、神籬(ひもろぎ)・磐座(甑岩神社・六甲比女神社)となる森林や神木や鎮守の森や神体山(保久良山、石の宝殿)、また特徴的な岩(夫婦岩)や滝(摩耶山天上寺大日大聖不動滝、降神山弓弦羽の滝)がある神体山である。

摩耶山の?利天上寺は高野山真言宗大本山であり摩耶夫人(を本尊として祀る日本唯一の寺で女人高野と呼ばれ、
最盛期には多くの塔頭、僧坊を抱えており、最も栄えた頃は3,000人の僧を擁する摂津地方第一の大寺だったと伝わる。

宗派を越え、皇族・武将なども含め、庶民に熱く広く信仰され、明治初期には福原・花隈の遊郭には2000人近い遊女がいて
その花街の女性が天上寺まで重荷を担いで上がる姿もあったそうな。

お釈迦様のご生母摩耶夫人像を中国から持ち帰り泰安されたと言われる。開創した法道上人の石像がある。さらに金堂には十一面観音像、不動明王像、毘沙門天の秘仏三尊が祀られており、扉は普段は閉ざされているが、33年に
一度開帳される。

甲山は真言宗の神呪寺があり、甲山大師と呼ばれる神奈備山で弘法大師空海のご縁の深い聖地です。飛鳥時代には役小角が修行をしたこともある甲山聖なる山として信仰されてきた霊山、廣田神社は甲山の麓にあり、甲山を御神体としてお祀りしていた。

真名井御前は弘法大師空海に帰依して出家、空海の協力を得て、丸3年間、甲山の神呪寺で修行を行い、如意輪の秘法などを修得し、空海から剃髪を受け、如意尼と名乗ります。平安時代初期の天長八年(八三一)に神呪寺を建立、その開基には空海も深く関わっているようです。

空海は真井御前の体に合わせて山頂の大きな桜の木を、33日費やして彫刻した像が「神呪寺」の秘仏本尊「如意輪融通観音」として崇められ、日本三如意輪のひとつになっています。


六甲山が瀬織津姫・菊理姫が祀られるどれほど大切な神奈備山か、そしてサラ・シャンティが神の戸六甲での縄文カタカムナ精神復活への情報発信の意味を分かって頂けたと思います。

続きを読む

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター