シャンティメールを八百万の神々通信に改名?

☆☆シャンティメール 10月20日☆☆

皇后さま 83歳の誕生日
おめでとうございます。
お元気で何よりです。

ありがたいこと、日本は安泰ですね。

先週あったハリー山科・清水浦安&愛宕なみ
の動画がアップされました。 

浦安さんに起こった憑依現象は本邦初公開、

絶対見ないと損なハプニングが多発です。

http://blog.livedoor.jp/rokkosalasanti/archives/72779552.html

倭姫さまが311の予言をされていた、とか
天上界の神様には地球の異変が分かる?

そんな情報はサラ・シャンティに知らせて欲しいですね。

浦安情報に今後注目です!!

シャンティメールを八百万の神通信に改名しなければ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

22日は武和さんの妖怪退治のお話会の日ですが、
選挙を午前中に済ませてお出かけ下さい。

ホントに多事多難な世界のように思いますが、

清水浦安さんのような方に、倭姫や天風さん、キリストの
メッセージを託して警告が降りてくるのです。

八百万の神からのアドバイスを受け取って楽しく生きる国。

日本は幸せで良い国ですね。

でも不幸を装っているのは世界とお付き合いする
知恵なんですね。

日本人の控えめな性格が上手く機能している。

これは日本の独特な現象なのでしょうか?

八百万の神・通信

安倍清明、芦屋道萬、竹内宿禰の生まれ変わりが
現在に登場するのも意味深いことですね。

保江先生のような偉大な物理学者が、そんな方々と
連携してお役目を演じられている。

いったい何が起こっているのでしょう。

ホントに天上界に私たちのご先祖様の神々の魂が存在している。

清水浦安さんにはホンダ、トヨタ、日産、松下など
創業者の魂からもアクセスしてきます。

亡くなっても魂が身近に存在している事の証ですね。

湯川秀樹先生が研究していた素領域という理論を
保江先生はビールと泡の関係で説明されます。

日本神話の世界が最新の物理学と一致する。

やはりカタカムナの潜象物理学が根っこにあるということ。

聖徳太子は偉大すぎて存在が否定されていました。

先日、聖徳太子の棺の話がNHKでありましたが、
こうした日本の歴史的人物を紹介する神がかった
番組が復活して来ました。

清水浦安さん、上森三郎さん、アマノコトネさんは
神々にかなり強引に叩き起こされ、眼ざめさせられ、
あっちこっちへと行かされたりしてます。

キリストやマリアの声は降りてくるのに、なぜか聖徳太子の
メッセージを受け取る人はいませんね。

聖徳太子は特別な存在だったのでしょう。


そんな不思議現象が多発する日本の現状に、
世界の人の目が向いてきました。

今年はすでに日本に来る観光客数が2400万に
達するそうです。


政府はオリンピックでは4000万になると云ってますが、
オリンピックが終わったら、どうするの?

次は何を言い出すのでしょう? 空しいですね。


観光客は何を目当てに来るのでしょう?

日本食、買い物だけでしょうか?

伝統文化の濃い京都、奈良、金澤、そして、富士山や
何故と思うような地方を訪れる人が増えています。

奈良の鹿、猫の島での触れあい体験も日本的魅力なのです。

戦後の日本はGHQの政策で精神性を失っていましたが、

2011年以降、日本人の宗教観や文化意識の高さ、
霊性の高さが注目されるようになりました。


フランスは年間8000万の観光客があるそうですが、
それはキリスト教を中心に古い遺跡や教会、美術館など
が多くあるからだと思います。

旅は心が癒されるからするのですよね。

世界の人々は日本人以上に信仰心の高い人が
多いと思います。

だから世界で最も古い宗教的伝統のある国、日本への憧れを
感ずる人が増えてきているのでしょうね。

宗教的対立とは無縁の日本への関心が高まって、
来日する観光客は増えるでしょうね。

その期待に答えてカタカムナやホツマ、縄文の歴史など
日本のルーツを探る人たちが海外にも増えるでしょう。

だから日本の霊性がルーツである日本文化について
メッセージを伝える人が続出している。

昨日、武和定道さんの紹介で菊谷さんから
お電話がありました。

菊谷さんは20年以上も前からマリア様の言葉が降りて
くるようになったそうで、著書に「聖母マリアの秘密」
あります。

ルルドの水やファティマの聖母マリア様の奇跡の体験を
されている保江先生のことも御存じで、

菊谷さんの久高島のルルドの水やマリア像のお話なども
保江先生のお話しに繋がって来ました。

武和さんからは、明後日10月22日(日)はそんなお話も
聞かせて頂けると思います。


28日は第31回どんぐり寄席 開場:18時30分

桂九雀の古典落語の世界を満喫して下さい。

素晴らしく高尚な言霊文化が味わえますので
魂の浄化の時間として下さい。

29日はハリー山科さんが再度、上森三郎さんを招き、
日本が世界の聖地になるプロジェクトクトのお話を
聞かせて頂きます。

八百万の神々の声を聞きにお出かけ下さい。

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター