高天原神界の働きが活発になっています

以前にも書いた311を予測した松原照子さんの著書
「聞いてビックリあの世の仕組み」は阪急六甲の
本屋に山積みになっています。

良く売れていますが、この本に登場するブルーグレイのおばちゃま
は守護霊として松原さんをずっと以前から守ってきたそうですが、

なんとブルーグレイのおばちゃまの正体が
神智学のブラヴァッキー夫人だった。

おかげで神智学が有名になったと思うのですが。

神智学とは何なのか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%99%BA%E5%AD%A6

歴史上存在したすべての宗教を超えて、すべての宗教的、
哲学的体の源となった人類の「本源的な宗教」

19世紀のキリスト教一色の時代に現れて欧米思想の流れを変えた。

パラマハンサ・ヨガナンダや中村天風を救ったカリアッパ師、
インドには不思議な力を持った人が続々現れましたね。

こうしてヨガが日本に入ってきた。

この時代に日本では金子みすずが登場しました。

「はちと神さま・・」

はちはお花の中に
お花はお庭の中に
お庭は土塀の中に
土塀は町の中に
町は日本の中に
日本は世界の中に
世界は神様の中に。
そうして、そうして、神様は
小さなはちのなかに。

同じ事をみすずさんが日本的な表現で語っていたのです。

それが現代にブラヴァッキー夫人がどうして、
松原照子さんを通してメッセージを
降ろすようになったのでしょう。

松原照子さんの本が売れることで日本人が
神智学的な宇宙論・生命論を理解するように
仕組んでいるのかな?

トランスヒマラヤ神界と高天原神界の協働現象ですね。

「天と地と我は一体、万物と我と同根」

先日亡くなられた『黎明』の著者・葦原瑞穂さんも
23年前に青山圭秀さんの『理性のゆらぎ』の影響を
受けていたでしょうね。

すごいサイババ・ブームが起こりましたからね。

今の若い人に、あの頃のサイババ・ブームを
再現してあげたいですね。

『走りながら祈る』に詳しく書いていますので
興味があったら読んで下さい。

ヒマラヤ神界から高天原神界に繋がった流れを
書いております。

葦原瑞穂さんも神智学的な世界観で本を書かれてますが、
最近はアワの歌を教えておられたとか。

同世代の葦原さんと保江邦夫さん、矢作直樹さんが
登場して、日本の心を説かれていること。

インドの聖人たちの代わりに保江邦夫さん、矢作直樹さん
が登場してスピリチャルが復活したのです。

お二人のご活躍によって高天原神界の存在が明らかに
なってきました。

トホカミエヒタメとか白川神道からの皇室情報や
伯家神道呼吸法の秘儀、禊祓いと皇道原理
なんて知られるようになりました。

先日の大江幸久さんとアマノコトネさんの
共著『トノヲシテ 瀬織津姫 言霊リーディング』
もすごい本ですからお薦めです。


高天原神界の存在が活発化し、日本の心が復活する時代。

日本の心を語るには、高天原神界の瀬織津姫
のお力があってこそ生まれた著書ですからね。


アマノコトネさんは、今最高のチャネラーです。

アマノコトネさんに神戸に来て頂いたおかげで、
彼女のリーディングは凄いということが分かりました。

アマノコトネ、宮崎 貞行著『ワカヒメさまの「超」復活!』
は六甲山系の神々のお力を知る大切な事が沢山書かれています。

『天皇の国師 三上照夫』も宮崎 貞行さんはアマノコトネ
のお力を借りておられると聞いて納得しました。

さあ、世界の神界はどうなっているのでしょう?
私たちの体と宇宙の仕組みを解き明かす神智学。

来週の文化の日、神尾学先生の神智学入門講座が
なんとシンクロしています。


今回のテーマは「チャクラ情報の3つの系統」

神尾先生よりの案内です;

1.バーバラ・ブレナンの『光の手』に代表される
欧米ヒーリング系のもの

2.神智学徒リードビーターによる『チャクラ』で公開されたもの、
および、インドで伝統的に伝えられてきたもの
  
3.アリス・ベイリー(特に『秘教治療』)によって
開示されたものです。

このうち、2.は実際には2つに分かれるので、計4種類ある、
と言ったほうが良いかもしれません。

他の情報も、基本的には、この4つのどれかに収まると思います。

この4つは、それぞれが独自のエネルギー・システム(体系)
をなしていて、異なる種類のエネルギーを伝えている、
という点が重要です。

インドで伝統的に伝えられてきたものに関しては、
・書籍などを通して一般に開示されたきたレベルのものと、
・資格を得た者以外には伝えることを許されなかった秘伝的
 な情報があります。

熱心なヨーガ関係者が書籍などを通して学んできたものは、
当然、前者です。

後者に関しては、これまで開示されることは基本的に許されません
でしたので、本当のところはほとんど知られていませんでした。

アリス・ベイリーの『秘教治療』は、人類がある程度の進化を
遂げたため、それを許される範囲で開示した最初の書籍である
と言えます。

しかも、その中には、(解読していくと)他のチャクラ・システム
との関係も語られていることが分かります。これを知ると、

今出回っているそれぞれのチャクラ情報が、
正しく関係づけられ、誤解や危険をおかすことなく、
合理的に学んでいくことができるようになります。

11月3日(文化の日)

「セラピスト・タイチ入門」
9:30~11:30  参加費 3,000円

「神智学入門」講演会
開場13:00
13:30~16:10 神尾 学 講演
16:30~    質疑応答  参加費 3,000円

午前と午後を合わせて参加されますと5,000円

17:30~ 懇親会

神智学を学ぶと、宇宙的な視野で世界の宗教が一つであり、
同じエネルギー体として様々な神界の存在が具体的な
世界として理解できるようになります。

神尾先生は神智学の世界の第一人者と言えます。

松原照子さんがなぜブルーグレイのおばちゃまの
お役目を演じるのか訊ねてみましょう。

では、お待ちしています。





↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター