『シャボン玉飛んどくれ』

9月30日(金)から10月2日(日)¥7000
一般社団法人 喜劇人協会による
『シャボン玉飛んどくれ』

会場: 近鉄アート館(アベノハルカス)
http://kintetsuartkan.jp/info/info277.html

シャボン玉飛んどくれ」の観劇に多数参加して
いただきありがとうございます。

このドタバタ喜劇に保江、矢作のご両人がぼけ老人と
藪医者で出演されると聞いていたのですが、実際は
お二人とも理事長役として出られました。


ぼくが参加した土曜日は矢作先生が出演され、5分程
日頃の講演そのものの感じで、東大救急医療で体験の
お話をされ、5階から落ちて怪我をしたスタントマンの方
が3カ月入院して良くならなかったが、感謝の心に目覚めた
時から一気に回復して、現在はオリンピック選手の指導を
されていると云ったお話。

日曜日は保江先生が同じく理事長役で出演され
「死ぬときに覚えておくと得する話」をされたそうです。

演劇の方は涙と笑いがいっぱいの感動的な内容で、
特に小松政夫さんの熱演が光ってました。

劇が終わって楽屋に行って渡辺裕之さんと
小松さんにお会いした写真です。
楽屋 写真

________________________

宣伝がまに合わずチケットの売れ行きが悪いからと、
緊急パーティーが、なんと京都のルイヴィトンで
開催される事になりました。

パーティは京都先斗町のレストラン&ワインバー
『XAVIER-LOUIS VUITON』にて、中澤お家元
ご臨席のもと、盛大に前夜祭が執り行われ

会費;10,000円ですが、出席の方には、
『シャボン玉飛んどくれ』鑑賞チケット(7,000円相当)
が特典としてついていますということでした。

それもルイヴィトンでなんて超高級ブランドの場所で、
会費¥10000、チケット¥7000ですから、実質¥3000で
すので、立食かなと思って参加しました。

そして参加したら、スゴイ料理がフルコースで出され、
高級ワインやカクテルが飲み放題でした。

京都ルイヴィトンのフルコース1

京都ルイヴィトンのフルコース2

____________________

お知らせです:
10月10日 1時半より
の大江幸久、アマノコトネの出版記念講演会
http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20161010

「この国の乱れを整える トノヲシテ《瀬織津姫》言霊リーディング」

完ぺきに封印されてきた 《この国根幹の神話時代》が
セオリツヒメ様のご神託と トノヲシテ(ほつま文献)
でよみがえる!

この本は大江幸久さんがセオリツヒメに尋ねたいことを
アマノコトネさんと通して降ろされたリーディングを
大江さんが著されたほんです。

その現代のチャネラーの巫女アマノコトネさんも10月10日に
来られる事になりました。

本の販売も予定していますが、出版が遅れている
ようです。 

追記の連絡:
矢作先生が語ってくれた
「体にありがとうと感謝するだけで治癒力がアップする」
お話は野坂礼子先生の講座に出られますと、
そんなお話を一杯聞かせていただけます。

次回は10月5日(水曜日)午後1時から4時15分まで、
言霊「ありがとう」の実践例をぜひ聴い幸せになって下さい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
清水正博
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター