スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『走りながら祈る』読後感想文を頂きました。

気功家・中健次郎先生;
「清水正博さんの新刊『走りながら祈る』は面白くて一気に読み終えました。健康道場サラ・シャンティができるまでの経緯や清水さんの半生がいかに神に導かれて来たのかが分かり、啓発を受けました。やはり宇宙には大いなる意識と智慧があり、私たち全体を進化させようとしているのですね。自らの体験を正直に書かれた清水さんに大きな拍手を送りたいです。」
―――――――――――――――――――――
昌原容成さん(『日本語のアップダウン構造』著者):
ご著書、面白く拝読いたしました。人の人生というものは、どなたであれ、一篇のドラマになり得ると思うのですが、清水さんの人生は、まことに起伏に富み、ドラマの要素が濃密ですね。

若い頃のエピソードなど、思わず吹き出しそうになりました。そのアップダウン人生が、大きく魂の本源に収斂されていく様子はまことに面白い人生ドラマでありました。

このご著書が多くの人々に読まれ、多くの人々がサラ・シャンティに押しかけてくることをお祈り申し上げます。ありがとうございました。
―――――――――――――――――――――
東出 融さん   いのちのもり響命プロジェクト
素晴らしいご本ありがとうございます。保江先生、須賀悠一郎など、関係してる様々な方々が、リンクしてヤッパリ繋がっているなと、更に強く感じました。二時間位で読破する程に、自然体な語り口、同じ武術や修験道など身体を通して経験なされた清水さんならではの、生きた内容でした。ましてや日高見国、阿弖流為、モレ、司馬遼太郎先生、淡路島シオンの山、等々全てが又々繋がっていました。再会出来る日を楽しみにしております。
―――――――――――――――――――――
柏原さん:
細く長く直感のおもむくままに生きてこられた清水さんの半生をワクワク楽しみながら読ませていただきました。清水さんとは波動研究会のときにチラシを見て来てくださった時以来のお付き合いで、講演もしていただいたので、「シンクロ二シティの実体験が豊富で面白い人生を送っておられる!」と感じていたのですが、今回の本は人間清水さんの知らない背景がもっとあからさまに語られていたので、そうだったのか!と逐一感心しながら愉快に読み進めました。

若いころの清水さんの行動力 思いきりのよさ 純粋な思いにシンクロが起こって引き寄せられる人々が多種多彩なのにまず驚きました。

レーガン大統領の選挙応援やキューバ大使館での仕事、インドへの導き、メキシコ、アメリカでの微笑ましい体験など、若さと勢いで突進され、その精神がまさにスピリチュアルの殿堂サラシャンティの背景に根づいていたのだと知り感動いたしました。いまやサラシャンティ自体が清水さんの生き様の結晶で、ある種パワースポットになっている所以だと思います。

そしてサイババの物質化現象や阪神大震災はあまりにも大きな分岐点になったことが文中から伝わってきます。トライアスリートとしての清水さんがたどり着いた「祈りながら走る」は、門真で講演をしていただいた時に、神戸から約50kmの道のりを自転車で到着され、休むまもなく講演をしてくださったときは聴講者の誰もが度肝を抜かれたことが懐かしく思い出されます。

第二の故郷であるキューバと清水さんのつながり。これはちょっと凄いものを感じます。時代を40年以上はやく走っておられたんですね。いまやカストロはBRICSの中心的支柱ですから。


Sさん:
「ありがとうおじさんの処で会った感謝行の野坂礼子先生ともお友達です。この本のお陰でカタカムナのことがやっと分かりました。いろいろ考えて来た事が自分と繋がり体験したことを理解しました。これからの人生が楽しくなりそうです。」

高見さん:
「一気に読めました。とても面白かったです、多くの方に読んでもらいたいので、3冊配りました。」(笑)

高見さん友人:
「今、清水さんの本読み終えました。私も大変面白く読ませていただきました。私と同い年だったのですね。それで時代背景もよく分かり一気に読めました。サムシンググレートに導かれて歩んでこられ、不思議なくらい素晴らしい出会いが続いているのがよく分かりました。

私と同時期に山内光雲さんと出会ったのを読み、山内さんを懐かしく思い出しました。私は清水さんより1月若いだけですので、ほとんど同じ年数を生きてきた訳です。

ですが彼のような本を書けるほどの人生ではなかったのが残念な・・・・これで良かった・・・・などと思いながら読みました。読み終えた後は、余生のやりたいことも見えてきたように思いました。この本を送って下さった高見さんに感謝するとともに清水さんに感謝します」。

マキ・スターフィールドさん: 
清水さんとは数回あっただけなのに、あの本を読んでサラシャンティの経緯が分かりました。清水さんを長年知っているかのように思えてきます。^^)

そして、印象的には数々の経験をされた中で、多くを語りたい、まだ語りきれてない思いが本に表れています。話があちこち飛びますが・・・といっている表現にそれが表れている、と思っています。それでいいと思うんですよね。

これからの時代は変容で、魂の願うままに、ではないのですが、もっと感じることを尊重して生きて行くのは大事だと思っているからです。

等身大の清水さんの姿が気に入りました。特に、サラシャンティでお世話になっている方にとって、あの本を出されたのはすごく喜びだと思います。

清水さんが「運がいい事の自慢話に聞こえるから書けなかった」ということをおっしゃってられが、細切れの部分が本では書かれて・・・けっして運がいいとかではなくて、願って努力して・・・それが魂の計画通りにいっている、清水さんの本の中の言葉で言えば、宇宙エネルギーと繋がっている、ということだと思います。

ノーベル賞をとった中村さんも語っていますが、自然から創造性と想像性を学べ、生きる上での基礎力になると。だから、清水さんみたいに語って本を作って、人に伝えて・・・そこから気付いてまた誰かやってみよう!と思う人がどんどん現れたら素敵なことですよね。私も見習おう!みたいな。

清水さんの周りで応援する方たちの力がこの本出版につながった、という感謝の思いが溢れる本で素敵でした。魂の計画通りに今を生きている清水さんの姿に今回の出版講演会に出席し朗読できたことを光栄に思います。

人の自伝って、いろんな思いが詰まっていると思っています。ただ清水さんは、お会いした時から、光を放っているのがわかっていました。それを宇宙エネルギーと調和しているものだというならそうかもしれません。

サラシャンティの思い出と歴史を語っている熱い思いが・・・書ききれないくらいの叫びで聞こえてきました。周りもかなり応援と期待されているんだろう、と思います。うまく人はつながっていく、ものですね。今を生きている清水さんだからできることです。素晴らしいことですね。

その他、「お風呂の中で読んでしまった」、「母が先に読みだして面白かったと言っていた」、「元気になった、感動した」と嬉しい感想をいただいています。

==================

本の購入をご希望の方はサラ・シャンティ1階の事務所にて¥1500で販売しています。

又は出版社「きれいねっと」  http://kilei.ocnk.net/product/224

又はアマゾンからご購入ください。

もしお時間が許しましたら、読んで下さいまして、感想文やご意見をいただければありがたいです。 
アマゾンのカスタマーレビューにもご投稿ください。  宜しくお願いします。
スポンサーサイト
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。