ネオ・縄文時代の創世に向かおう

戦後70年経ち、私たちはネオ・縄文時代の創世に
真剣に取り組む時だと思います。

そのパイオニアとしてサラ・シャンティに
多くの同志が集まって来ましたが、今年からは
その具体的な行動が始まりそうです。

2月1日に来られる東出融さんは中でも
飛び抜けた行動力のある一人。

ローマ法王は信者に向けて第三次世界大戦が
始まっていると語っています。
https://www.youtube.com/watch?v=BojxdxeXAHY&index=8&list=PLTEQ4LklraVTYMVB52H2Oay7_bagPtRCh

イスラム国の今の状態はその可能性を秘めていると
馬渕睦夫氏も言っている。

欧米で活躍して来た東出さんは欧米に多くの
友人を持っていて危機意識の高い人です。

株主至上主義、独裁資本主義と言われるアメリカという国の
恐ろしい正体が知られるようになった。

ビル・ゲイツが語った人口削減政策は本気なのだ。

TPPもその一つであることはご存知の通り。

一方で中国は本気でアジアへの拡張策を
2025年までに実現する構想を持っている。

東出さんは周近平主席の夫人がトップの中国雑技団
で指導されていた時、夫人は「漢民族移住政策で日本に入り、
おとなしい日本人を雇う」なんてことを平然と語ったそうだ。

漢民族移住政策はウイグル、チベットですでに
実行されてきたこと。

そこに日本が含まれていても不思議ではない。

彼はダンスの指導者として欧米で活躍して来たので、
芸術団体と強い絆を持ち、支援者も多い。

ダンサー達は日本が好きで、日本の精神文化を愛する人が多く、
その広がりを期待する一方、上記のようなことが起こる事を
心配しているそうです。

その為、東出さんに「支援するからダンスを辞めて、
水源を守りなさい」と言われたそうだ。

現在、そのひな形を作るために山形の山奥に入っている。

そこから里山資本主義を本気で実現しょうとしてきた。

無料の老人施設と子供の為の自由学校サドヴアリィスクール
を作る構想を持っている。

おおかみを飼って鹿や猪の保護対策も考え実行しょうとしている。

世界中で味噌を作って、菌レベルから世界の融合も考えた。

ぜひ多くの方にこの話を聞いて欲しい、そして現地に入って
体験しプロジェクトにも参加して欲しい。

2月1日 サラ・シャンティにて午後1時20分より。
参加費3000円 (要予約)
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター