屋上で取れたスイカと瓜

屋上
今年初めて挑戦した屋上での神谷農法の4ヶ月の成果。
ミニトマトは3本植えてまあまあ良く育ち良く食べれたし、
まだ実はなっているので楽しめた。
里芋とサツマイモの収穫はまだだけど、良く育っている。
ジャガイモは枯れてしまった。多分暑すぎたのだろう。
ミニスイカは9ケ実った。

最初は油断していたら、中が白い内にカラスに3ケ食べ
られたので、スグにネットを張って残り3ケは厳重に
隠したりしてなんとか収穫できた。

その後、又1ケカラスに食べられたのを見つけ、慌てて
探すと2つまだあったので、紙袋をかぶせて収穫。(写真)
miniスイカ
ミニスイカは家庭で食べるにはサイズ的に良いので
来年こそは全部収穫するようにしたい。

スイカ
収穫して神棚に置いて食べ忘れ、
1週間過ぎて切ったら皮が薄くなっていた。
皮が薄くなった分、中が大きくなった。
小さいスイカは4人くらいで食べるのに
良いサイズだと思う。
味も美味しく、その皮は漬物にした。

りんごサイズの小粒の瓜が2つできたが、
こちらはカラスは見向きもしなかったようだ。
切ったらキューイのようだったけど、何となく
瓜の味がした。せめて10ケくらいできてくれたら
嬉しいのだが、来年再挑戦するか。(写真)
屋上小瓜


↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター