★☆シャンティメール 5月23日☆★

第二十二回どんぐり寄席

落語ファンの方、お笑いの好きな方へ

どんぐり寄席は日本人の伝統的な笑いの芸を
子供たちに楽しんで欲しいと始まりました。

子供たちは目の前で大声を張り上げ、身ぶり手ぶり、
目を白黒させ、声や喉を震わせ演じる落語家を
みると大喜びします。

お話の内容を理解しているかどうかは分かりませんが、
全身全霊をかけ真剣勝負で演じるの大人の姿から
「芸の神髄」が伝わるようです。

生の三味線や太鼓 の響きに心なごむ一時をお楽しみください。

学童保育どんぐりの子供たちが待ちに待った日。

小学生以上のお子様から参加できますので御爺ちゃん
お婆ちゃんもお誘いいただきご家族でどうぞ。

5月25日(土) 午後6時半開場 開演午後7時より
大人¥1500/学生¥1000/小学生¥500
http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20130525
________________________

バリ島ファンのかたへ

武居 郁子を紹介します。

バリ伝統衣装研究家。
インドネシアの国家資格であるビューティカルチャー
(伝統婚礼衣装や民族衣装の着付け、ヘアメイク等)を、
外国人として初め て取得。

インドネシア伝統文化に造詣が深くバリ伝統衣装の美しさと
伝統 舞踊を紹介し文化交流を努める傍ら、

バリの舞踏も始め、バリ島ヌサドゥア にて行われた
世界トップレベルのベリーダンスエボリューション主催
ベリー ダンスフェスティバルアジアに、
インドネシアバリ島代表チームとして出演。

バリ島内でのイベント、一流ホテルのクラブラウンジ、
レストラン等でレギ ュラー出演。

祖国での活動のため昨年秋帰国。

著書にバリ楽園紀行(グラフ ィック社)、
   バリ伝統の美(東方出版)がある。

武居さんのお話会:

第1回目「衣食住の衣」命の布。伝統衣装を纏う。

5月26日(日) 開場13:00
13:30~16:00 
参加費¥2000

異国の地 バリ島での20年 バリ人として生きた20年
に得た彼女の貴重な体験談と映像が一杯の講演です。

バリ及び東南アジアのヒンズー文化を理解する上でも
大変貴重なお話が満載です。
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター