自分の目で原子力発電所は一体どんな物か確かめよう?

浜岡原子力館への研修バスツアーの案内です。

東西の外国人留学生・外国人県民が中心のツアーですが、
浜岡原発を考える会の伊藤実代表と内藤新吾牧師の案内
で浜岡原発館を訪問します。

日本の原発輸出に対して、外国人留学生達が原発の問題を
どのように考えて、祖国に帰って活動していくのか、など
バスツアーで丸1日原発の勉強をしませんか?

浜岡原発を考える会の伊藤実さんや内藤牧師は沢山映像が
アップされていますので参考に見てください。
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/913.html


1月15日(日)7時半~20時30分

参加費 : 3,500円(バス代、保険)
 
      留学生、学生は500円です。

集合 三菱東京UFJ銀行前(フラーワーロード)
   7時20分時間厳守

主催: :国際教育文化交流会 田中まで
 078-801-7657 メール jinzai@sience.or.jp

申込み: サラ・シャンティ 清水まで
     1月8日までにお願いします。

払い込みは 郵便局
加入社名:特定非営利活動法人
     国際教育文化交流協会
     講座番号:00930-3-240308

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター