スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分のペース」と「自分の感覚」

「自分のペース」と「自分の感覚」
金曜夜アンチエイジング&ヒーリングヨガ
若林 幸子



アンチエイジング&ヒーリングヨガは今年の7月の頃より始めました。きっかけは、この教室の先生がされているブログを偶然見つけたことです。そこで募集していたモニター生に応募したところ、生徒の方々限定だったため先生からお断りのメールが届きました。その文面はとても
優しくて心引かれ、実際
に体験に行ってみようと
思ったのです。
 しかしその頃、私にとって
ヨガは一つのスポーツに過ぎませんでした。ましてやアンチエイジング&ヒーリングヨガの存在、その魅力、それ以前にこれほど多種多様なヨガのジャンルがあることさえ知らなかったのです。そのため、最初からこのアンチエイジング&ヒーリングヨガを思い描いていたわけではありません。ただ、アンチエイジング&ヒーリングヨガ教室の体験後、いくつか他ジャンルのヨガ教室にも足を運びましたが、なぜか分からないのですが「自身の求めるヨガとは何かが違う」という感覚がいつもつきまとったのです。そんなときふと思い出したのが、いつかのあの教室の体験で聞いた、「ヨガは、細く長くするのがいいかなと思うんですよ。」という先生の言葉でした。他のどこよりも教室の心地よさが一番だったここで、アンチエイジング&ヒーリングヨガを始めることにしたのです。

 このヨガを始めて、自分の体と向き合うことの大切さをとても感じるようになりました。以前からの腰痛や関節痛、下半身のむくみが、自宅でもヨガを取り入れることで少しずつ楽になってきているように思います。アンチエイジング&ヒーリングヨガは私の体と心を緩やかに整えてくれています。

 さらにこのヨガを通し学んだことは、先生がいつもおっしゃる「自分のペース」です。この「自分のペース」によって、焦る心が鎮まったり、嫌な人も気にならなくなったり、いろんな事が素敵に思えたりします。とても不思議な感覚です。まだまだその「自分のペース」はよく見失ってしまうのですが、その度に「はあ〜っと一息つき、まだまだね〜ぼちぼちね〜」と思います。
 そしてまた、血が流れる感覚、血が滞り足先などが冷えてゆく感覚などが、少しずつ自分の中に目覚めてきたのではないかと感じています。たとえば、足先が冷えだしたら、少し動かして血が通う感覚を取り戻すことができるようになりました。呼吸の大切さもヨガを通し気づかされたもののひとつです。呼吸によって体が温まり、丹田に力が入って体の力みが取れる。腰痛も少し楽になる。スポーツをしていると、呼吸が体の軸をつくり、余分な力を取払い、心を安定させ、頭を冴えさせてくれるのです。とはいえ正直なところまだ始めたばかりで、「本当?」と聞かれたら「イメージかな?」と思ってしまわなくもない・・・。よくわからない部分もまだ多いのですが、このイメージは大切にしたいです。

 私にとってアンチエイジング&ヒーリングヨガは、週に一度リラックスして心地よく心身をストレッチし、すべてのことに感謝できるひとときそのものです。「自分のペース」で「自分の感覚」で過ごすことにより、人それぞれ素敵な時間になるように思えます。先生がそっと導いてくださいます。

 そのほか、私が生活の中で大切にしたいことは、「感じること」。人がどう思っているかではなく、風を感じ、光を感じる。冷たい朝の空気、美味しい季節の食べ物!いろいろなこと。ついつい忘れてしまいがちですが、これも「自分のペース」で一つ一つを感じることができればより楽しめるものではないでしょうか。
 最後に、優しくてとっても自然な先生と、素敵な時間を一緒に過ごしてくださる教室の皆さん、そしてこの空間を提供してくださるサラシャンティさんに、日々感謝しております。どうぞこれからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

ヨガが教えてくれたヒミツ

ヨガが教えてくれたヒミツ
楠本 三貴

フラメンコを始めたのは1992年でした。
ヨガはその準備運動やクールダウンとして取り入れていました。フラメンコを長時間する中で、ヘルニアや坐骨神経痛を患い、大好きなフラメンコを続けるためにいろんなことを試しました。

漢方やマッサージ、鍼治療、ヨガを行いました。そのどれもがそれぞれに良さがあり効果がありました。

ヨガの良さは毎日無理なく取り入れることができ、続けていくことができることでした。続けることはすごく大事なことだと思います。一時的に集中して行うより、少しずつでも自分のペースで続けていくと、あるときふと体感し、気づくことがあります。それはどんなことでも同じだと思います。フラメンコでもその瞬間が突然訪れました。ヨガでも同じでした。
 
今回はヨガをしていく中で気づいたことをお話したいと思います。

ヨガでは呼吸を意識的に行います。ヨガを始めたときは深く長い呼吸がとても苦しく感じました。ヨガを指導させていただいて私と同じように感じる方がほとんどです。
現代社会の中でストレスを抱えていたり、激しい運動をして体が緊張したりして早い呼吸が癖になって夜ゆったりとした時間を持つときにも浅い呼吸のままでぐっすり眠れずに疲れが次の日に残ってしまうなどの悩み持つ方も多くいらっしゃいます。私は呼吸を深くとるために大事なことは息を吐くほうに意識を向けることだと指導させていただいてます。

ある呼吸法では吸う時間1に対して吐く時間2の長さで行います。新しい酸素を体に取り込むために、吸うことを意識するのではなく体の中の空気を全部一滴残らず出し切ることを意識するのです。すると出し切った反動で空気はたくさん入ってきます。

この呼吸法を行っているとある時気づきました。  『持っているものを全部出し切る』

ほしいほしいといろんなものをためこむより今持っているものを出し切ることでそれ以上のものを得ることができる。周りに愛してほしいと求めるなら先にこちらが愛していく、笑顔や思いやりの気持ちがほしければ、自分が先に笑顔で思いやりの気持ちを持って相手に接することで相手からの笑顔や思いやりだけでなくたくさんの人が引き寄せられてくる。素晴らしい人間関係ができ、人生そのものが豊かになってくる。

体に関しても運動を続けることで筋力がつきもっともっと動ける美しい体になっていきます。自分の持っているものを与えること出し切ることで自分が望んだ事以上のことが帰ってくる。

意識的に呼吸について向き合う時間を重ねることで、そんな大切な真理を教えてもらった気がした一瞬でした。行動し続けることで体感することは本で読んで知ることとは大きく違います。心と体で受け止め自分のものになる感覚です。

私は今自分が持っているものを私のヨガクラスに来てくださる方に全力で出し切るようにしています。そして私は喜びの声や笑顔、ありがとうという言葉、などたくさんのものをいただいています。

たくさんの方に自分の生活に無理なく楽しく続けられることを見つけてほしいと思います。ヨガが初めての方、体が硬い方大募集中です。是非お待ちしています。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。