クンダリーニヨガ

クンダリーニヨガを始めてから3年以上が経過しました。始めるきっかけは、当時、疲れを感じており、改善したいと考えていました。雑誌で、あるアスリートが現役を引退した後に体の故障を治すためクンダリーニヨガを行ったところ、体の調子が改善しただけではなく、引退後に色々なことを前向きにやりたいというような心境の変化があったことが書いてありました。そこでクンダリーニヨガができる所を探し、ここに教室があったので始めました。

クンダリーニヨガでは、ある効果を目的とした一連のエクササイズのセットとメディテーションを行います。エクササイズには、目的別に多くの種類があり、全身に効かすセットや、特定の部位に効かすセット、心地良いセットから、きついセットまで、色々なものがあり、その月のテーマに合わせて行います。エクササイズの動き自体はシンプルですが、順番と時間が決められており、それに従って行うことで、目的とする効果が得られます。その後に、リラックス、メディテーションの順番で行います。エクササイズ後のリラックスは、非常に深いリラックスを得ることができます。日常で色々と、気がかりなことがあっても、この時には忘れてしまうことがありました。また、メディテーションについても、色々なパターンがあり、好みのメディテーションの場合、意識が変容する感覚があります。具体的には、肉体的な感覚が喪失したり、逆にそれまで気づいていなかった体の微細な信号(ちょってした違和感)に気づいたりしました。また、同じ考えが頭をグルグルと回っているような状況から離れることができたり、一方で既に納得していると思っていたことが心の奥底では納得していないことに気づいたりしたこともあります。

日常生活では、寝付きが随分と良くなる等の体調の変化がありました。腹の立つことも半分くらいに減ったように感じます。さらに、根拠のない思い込み等を自覚することができ、随分とそれらが除かれていったと思います。出来事に対しても、以前の自分とは違った視点で見ることができるようになっていると思います。

 中山先生や教室の雰囲気についてですが、言葉に表現することは困難で、教室に参加してみないと分からないと思います。もし、始められたいと思う方がおられる場合は、まず、体験してみることを薦めます。先生、教室の雰囲気、そしてクンダリーニヨガに対して合っていると思ったなら、続けてみると良いのではないでしょうか。

小椋 和生

クンダリーニヨガ

① いつごろから、ヨガ(や整体)を始められたのですか。
 地震の後には教え始めていましたので、クンダリーニヨガをはじめたのは十三年ほど前からです。

② 始められたきっかけは?
 子供の頃から病弱で、十数年前に2度の手術をしました。術後の体力回復と、元気になるために何かしたいと思い、運動が苦手でもヨガならできるかもしれないと、教室を探し、偶然近所にクンダリーニヨガの教室があり、そこに通い始めました。

③ 思い出深いこと、あるいは、何か深く気づかれたことなどありましたら聞かせてください。
 夢が現実になり次々と叶ったことです。「元気になってお勤めしたい」「再度インド・ネパール旅行したい」「自分のお店を持つ」「会社を興す」などぜーんぶ叶いました。

 クンダリーニヨガを始めて1~2ヶ月は教室までの1キロを歩けず、タクシーで通いました。次にバスに乗れる体力がつき、3~4ヶ月で歩いて通えるようになりました。生まれて初めて体を動かす楽しさを知り、みるみる元気になりました。病気で7~8年分空白だった人生がどんどん埋まっていくのを感じました。

クンダリーニヨガは体だけでなく、エネルギーを浄化し、感覚が繊細になります。私の場合は長期の天候がわかったり、電話の音で誰かわかったり、離れている友人・知人の様子が伝わってくるなど、野生の勘にみがきがかかりました。

④ ヨガ(や整体)のほかに体や心のことで何かしておられますか。
 「キランヒーリング」というエネルギーワークのセッションをしています。
十余年前に、クンダリーニヨガの先生でもあるヒーラーからすばらしいヒーリングのセッションを受け、「癒し」の大切さを実感しました。

それから、マッサージや、アロマセラピーなど、ヨガ以外のセミナーも数多く主催しました。各種セラピーを勉強するなかでポラリティセラピーと出会いました。これは、アーユルベーダを基に人の持つエネルギーのバランスを整えるボディワーク、カウンセリング、食事療法、エクササイズからなっています。ヨガと共通する部分も多く、ヨガを学ぶ一環としてポラリティセラピーを学ぶうち、自分の中の大切なものの一つになりました。ヨガの基礎のおかげで、微細なエネルギーの違い、チャクラの働きなどがよくわかりました。現在ではクンダリーニヨガの教えとポラリティセラピーを融合した「キランヒーリング」(キラン:光) を行っています。

⑤ ヨガ(や整体)を始めてみようかなという方々へのアドバイスや心構えを教えてください。
 ハタヨガやスポーツクラブでのストレッチの要素も持ちながら、型にこだわるヨガではなく、クンダリーニヨガ独自の瞑想があり身体が浄化されていきます。

ある生徒さんにこのヨガの感想をきくと、「自分の根本的な所から改善していく、内側を見つめ直すことができるんやで。たまっていた悪いもんとかでるらしいで。」と言ってくださいました。ヨギバジャンのクンダリーニヨガは身体が硬い、初めてで経験があさいとか気にせず、自分を解放できるヨガです。人生の中にヨガという習慣を作り、毎日を生き生きと健康にすごしましょう。

中山 空有子

香港の公園で

先日、はじめて香港に行ってきました。わずか3日間の短い滞在でしたが、友人の商用についていきました。そこで、心に残る光景に出合いました。

ホテルは、カオルーン(九龍)のダウンタウンにあり、香港島に行くには地下鉄が利用できて便利な場所でした。町の通りには花屋が集まり、ホテルの周辺は学校が多くグラウンドもありました。
窓から見える景色は見晴らしがよく、気持ちよい眺めです。大きなグラウンドとサッカーのグラウンド、公園の道がその真ん中にあり、木が茂りその奥には小さな丘もあり花が咲いている木がありました。ぜひ上ってみたいなと思って見ていました。

 朝起きて窓の外をみると、朝日の中をたくさんの人が集まり何かやってました。「ああ~これがテレビなどでよく見る中国の風景、太極拳か!」面白そうなので一緒にやってみたくなり見ていました。次の日の6時半ごろには、すごくたくさんの人が集まり何かしています。あるグループは手に小旗を持って群舞のようです。他はばらばらに動いています。しばらくするとみんなまた帰っていきます。

最後の日、今日は私もやるぞと思って朝早く起きました。窓を覗くとまだ暗いのですが、もう集まってきています。あわてて用意をして友人を起こし一緒に出かけました。みんな太極拳と思っていたら、明るくなるにつれそれぞれが、何をやっているいのがわかってきました。散歩する人、ジョギングする人、ラジオ体操、1組の夫婦はちゃんと堂にいった太極拳をしています。太極拳はこの二人だけでした。他はなんだか知らない運動です。ヨガではなく、もっと硬い動きでした。昨日の小旗の群舞は見られませんでした。グラウンドが広いのでいろんな人がそれぞれいろいろやっています。
グラウンドのフェンスにつかまりながら、お年寄りたちが体操しています、その向こうでは同じ体操でも、元気な仲間が支えなしでやっています。一人のリーダーが声を出し教えていました。リーダーはバランスが良く、きれいに動いていました。私も暫くそのグループのまねをして動いてみました。他では、もっとお年よりは、公園の道を散歩しながら知り合いに声をかけながら歩いています。車椅子を押してもらってくる人もいます。

しばらくして帰る人もいますが来る人の方が多く、とにかくみんな自分のエクササイズに夢中です。面白いのはところどころの木やフェンスに滑車がついていて、ヒモがぶら下がっています。そのヒモを両手で持って、左右交互にひくと腕の上げ下ろしの運動が楽に出来ます。きっと「50肩」予防ですね。明るくなりよく見ると、あちこちにあります。

丘のほうに歩いていくと、滑り台のような台があり、腹筋運動用の台で、上半身を上げずに両足を上げます。他にもいろいろ器具がありました。でもみんなが好きなのは、手すりのバーです。足をマッサージしたり、つかまってスクワットをしたり、手すりを利用しているのはたいがいが年配者です。
私は丘に登り、木の間のいい場所を見つけ気功のスタンディングポーズで呼吸しました。なんて気持ちのいい朝を過ごせたのだろうとうれしくてこの町に感謝しました。150人ぐらいの人々(もっと多いかも知れません)が3時間ほどの間に、どんどん入れ代わりそれぞれ思い思いに体操やストレッチや太極拳をしています。明るくなると車椅子の人も増えて、知り合いと挨拶をし、おしゃべりや、日向ぼっこし、または木陰でのんびりしています。良かったことは、それぞれが違うことをしていてもお互いが人目を気にしないことです。そしてみんな一生懸命、自分の体調管理をしています。

地下鉄に乗ると日本と違ってなんだかみんな顔色もよく健康そうで元気でした。子連れのお母さんや年配者に席をさりげなくゆずります。町で道を聞いても、買い物をしてもとても親切です。体の調子がいいと心の調子もいいようです。ガイドの人に聞いたら、香港は病院代が高いので、病気にならないように、みんな健康に気をつけていると言うことでした。病人が減り元気な人はますます元気になる。これこそ究極の予防医学ではないかと思いました。日本でもこういうことが普及すればいいのではないのでしょうか。

 帰ってきてからも何かできないかと思い、試しにサラ・シャンティで早朝クラスをやってみようかとも考えています。

中山 空有子

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター