ハリー山科と水木ノア 「魔法のランプ」ってなんなのだ?

6/11(日)ハリー山科さんと水木ノアさんの
「魔法のランプ」の日が近づいてきました。

14:30 開場 15:00~17:00 参加費¥3000

プロ仕様音響機材を東京から持ちこんでのハリーさんならではの 
本格派プロのイベント、

これまでのサラ・シャンティではない、ハイレベルな音響で
オシャレな空間が生まれます、ご期待下さい。

まず、ゲストから紹介します。

☆ 尺八演奏家 古賀将之さん。

1973年渡米して演奏活動に入る。

1981年に日本音楽学院・アメリカ(NPO)を設立。

1988年にドイツ主催・世界音楽祭に日本音楽代表として20都市を演奏旅行。

 スタンフォード大学、ニュヨーク大学、ハワイ大学、
 バークレイ大学等の講座にて講義・演奏。

1998年、ロックフェラー基金を受ける、

2001年にはカリフォルニア州政府より音楽教育活動にたいして表彰を受ける。

2007年゛喜多郎゛とのコラボ/CD「空海の旅-III」はグラミー賞にノミネートされる。

2008年及び2010年、キューバ主催のワールドフェステバルに日本音楽代表として招待される。

2009年、W&Fハウレット基金よりグラント受賞。


どうですか、古賀将之さんはタダものではなさそうです。

潜象エネルギーやフリーエナジーなども研究し、
尺八の演奏法と、重要になってくる呼吸について、
図解入りで教則本を書かれています。


地球の遠心力を含めて、宇宙の遠心力が私たちの自由の根本。

身体の行動の自由も、音を自由に空間を飛ばすのも、
この遠心力の感触を得ることが秘密です。

尺八の奏法は、他の音楽にも通じる点がたくさんある。

といった気功法に通ずる極意を伝授していただけそうです。


☆ 武良信行さん UFOコンタクティ、UFO撮影家。

ムラ・ラムーという名を持ち、多くのUFO写真、
UMA写真の撮影に成功している。

「六甲山上空 の UFO」「神戸市上空の赤い三角 UFO」
「フライングヒューマノイド」「フライングスネーク(空とぶ蛇)」
「六甲山上空を飛ぶ龍」「一反 木綿が飛ぶ姿」
「内部が透けて見えるスケルトンUFO」
「男根型UFO」「葉巻型UFO」など
連続撮影した不思議写真を多数所持している。

また、TV 番組の 収録中にUFOの撮影に多数 成功している。

出演時にUFO撮影に成功したTV番組:

・広島ホームテレビ「アグレッシブですけど何か?」
・ファミリー劇場「緊 急検証シリーズ」
・テレビ朝日「ビートたけしの超常現象Xファイル」

こんな凄い人が神戸にいたのですね。

これから六甲山に登るのが楽しみになって来ますね。

ですから大江幸久先生も来てもらいます。


☆ 進行役の水木ノアさんもメチャクチャ魅力的な方。

https://noahmizuki.jimdo.com/

福島県生まれ 上智大学文学部心理学科卒業

ビクター音楽カレッジ チャペルキーボード科修了

シンガーソングライター

・UFO研究家、宇宙人コンテストin福島実行委員長 

・TUF(福島)【宇宙人・ノア】飯野町UFO大使

・様々なゲストを呼んでトークするサブカル&音楽番組にて、
 音楽とUFOの番組をOA(2015/4から6月)

・日本サイ科学会 司会

・竹本良と申彦の【UFO千夜一夜】司会

・宇宙哲学バラエティ【ハリーとノアの魔法のランプ】レギュラー

・水木ノア&777 活動中

宇宙人ソングをゆんゆん歌って盛り上げていただきます。



☆ そしてハリー山科さん  SS次元上昇一番の立役者、

1952年6月10日、東京、大塚生まれ。

4才の時に町医者だった父にバイオリンを仕込まれる。

中学の頃から父に反発してギターに転向。

クレイジーキャッツ、若大将、ミュージカル映画、
グループサウンズ、フォークソング、ビートルズ、
と順調に影響されていく。

高校に入り、母、父と次々に病死。一家離散の憂き目にあう。

それまでのお坊ちゃま体質が突然、野良犬のような
生活に変わってしまった。

当然音楽も関西フォーク、学生運動などに揉まれて
変わっていく。

20才の頃、ひょんな切っ掛けでRCAレコードから
アルバムを出してシンガー・ソングライターの仲間入り。

25才の時、今度はコロンビアからアルバムを出した。

その後は作詞、作曲家として頑張る。

30代になって高尾に引っ越す。

シンセサイザーやマルチ録音の機材を揃えて自宅録音を始める。

オリジナルアルバムを6枚ほど作ると、今度は今まで書いた曲を
録音する作業に夢中になる。

言い換えれば作曲家から演奏家になったような感じだ。  

創作意欲はどうやらビデオ制作に向かった。

八王子、南大沢に引っ越して新たな友人がたくさん出来た。

彼等の協力でビデオムービーの制作が可能になった。

そしていよいよそれらの作品を発表する機会がやって来た。

もしよかったらあれこれのぞいてみて下さい。
http://www.good-weather-studio.com/index.html

ハリーさんはアダムスキーのことからUFOの研究でもあり、
そして縄文史にものめり込んで、全国の古代遺跡や史跡
めぐりをして大江先生とも親しくなり、

瑠璃さんのセオリツヒメと六甲ヒメ神社をネット上で
紹介してくれた張本人です。

今やサラ・シャンティとのコラボは必然的となり

吉野先生のカタカムナや六甲連山の神々の存在を
知らしめる不可欠な存在なのです。

UFOに詳しい保江先生とのコラボも実現したいですね。

ぜひ、6月11日のこのイベントをお見逃しなく。

2時半開場です。

「神の数学」はカンナガラの道

吉野先生の「カタカムナ 数霊の超叡智」
出版記念講演会、大入り満員で無事終了。

4年まえにサラ・シャンティで始まった
吉野先生のカタカムナは、いま全国から
引っ張りだこ状態になっています。

6月はカナダからも呼ばれて講座が開かれ、
世界にカタカムナが広がっていき、

神の戸の六甲の地が世界から注目される、
そんな時期が到来したのです。


書き下ろし作家の西山嘉克さんの10年前の
預言が道場に飾ってあります。

そこに書かれている予言では、サラ・シャンティが
世界に出て行くと。

でも、僕は海外に行くのは好きではありませんので
吉野先生が代わりになったくれたのでしょうか?

国内なら大丈夫、宮古島には
12回も行きましたもんね。

そのおかげでカタカムナにご縁ができようです。
不思議ですね。

中でも沖縄、宮古島、石垣島など南の島でも
カタカムナが人気だということは、やはり
ムー文明の名残があるんでしょう。

残念ながら本土の人たちより、沖縄の人たちは
日本人意識が高いということの現われですね。

だから「沖縄の独立」などと真の沖縄人たちが
言うわけないのです。

沖縄でカタカムナ意識が復活し、平和の力を発揮すれば
お隣さんを寄せ付けなくなるでしょう。

霊能者のユタさんやノロさんにカタカムナの
メッセージが降ろされたりしているが、それも
本土との繋がりを密接にしている。

ムー文明が縄文時代以前の沖縄に存在し、そこにあった
「カタカムナ」は、日本語の原点であり、日本を日本
たらしめている根源ではないかと考えられる。

ムー時代からご祖先様の残してくれたもの、
日本語の特異性を知れば知るほど、カタカムナが
注目される。

私たちが意識せずに振舞う日本人的な宇宙意識は
カタカムナが源なのである。

日本人のルーツがカタカムナという高度文明であれば。

般若心経の空や無の哲学が日本人の精神生活に
深く染み透っているのも然り。

神とは何か? 宇宙とは何か? 自分とは何か?

超ヒモ理論、量子力学、相対性理論・・・

それらが、カタカムナの言霊・数霊、ひふみ九九算表
のあちこちに描かれていると。

これらの壮大で根源的なテーマが吉野先生によって
ひも解かれてきた。

それも佐藤敏夫先生の「神の数学」のおかげです、
佐藤先生は恩人ですと吉野先生は言われます。

吉野先生の数霊の世界を理解するには佐藤先生の
「ひふみ九九算表」の真髄を理解できるようになる
ことが一番だと言われます。

「カタカムナ 数霊の超叡智」を理解するには
佐藤先生のお話をじっくり聞いていただければ
吉野先生の理解力に到達できるかもしれません。

高潔なお人柄の佐藤敏夫先生と同じ空間にご一緒して、
至福感とエネルギーをいただいて下さい。

5月21日(日)から開催される佐藤敏夫先生の
第2クール「神の数学」全6回 ¥15000

(参加された方には記録DVDを¥500でお分けします)

テーマは「カタカムナの叡智、 
  ひふみ九九算=カムナガラの道」

☆ 神の数学 梅のはな開花塾 梅村一彦先生にも
 出席していただいて、解説していただきます。
http://hifumi99.blog.fc2.com/

最近の研究には先代旧事本紀大成経や黄檗宗のことまで
出てくるのですから大変な事になって来ました。

では、ご縁がありますように、お待ちしています。

5月28日は柏田ほづみさんが来られます。

5月28日は柏田ほづみさんが来られますが、オペラ界という保守的な世界から飛び出した
超自然派の方で、サラ・シャンティに来ていただける事になり嬉しいですね。

ほんとこんな天使のような方が来てくれるなんて夢を見ているよう。
ぜひ皆様と一緒に素晴らしい時間をご一緒しましょう。

その前にぜひ以下の画像をご覧くださいね、

洋上に出てザトウクジラと一日中一緒に遊んだそうで、
船長もびっくりしたそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=YIG03fvzyAk

小鳥とセッションも素晴らしいですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=KEQX_sgCpwY

吾ゆく 
https://www.youtube.com/watch?v=7IDUQQju6Ng

贈りもの  
https://www.youtube.com/watch?v=k8WGBRiY1Ms

君が代  
https://www.youtube.com/watch?v=lArYxOHH4I4

ほづみさんの事が月刊誌『致知』の昨年の6月号に
載っていると聞いてことを調べたら、ありました。

ほづみ1
ほづみ2
ほづみ3

「保江邦夫のおもしろ真理塾」第3回が終了

「保江邦夫のおもしろ真理塾」の第3回が
無事に終わりました。

「素晴らしいお話を聞けて感謝しています」と
お礼の言葉を多数いただいています。

この1年、ふしぎな流れが起こっていますよね。

昨年の20周年を迎えた時から、保江先生とありがたい
ご縁が生まれ、

そのタイミングで保江先生の参議院選挙立候補
ということになり、

先生のスケジュールが偶然空いていた4月8日に

これが先生の選挙活動のタイミングと合って
「僕が日本の心を大切にするようになった訳」と
立候補をされた背景を語っていただき、

保江・矢作両氏の参議院選挙の応援もして、
残念な結果に終わりましたが、

お蔭さまで矢作先生には8月13日に来ていただいて
じっくりとお話をきけましたし、

お二人が出演する喜劇人協会「シャボン玉飛んどくれ」
の案内を出したり、

その前夜祭パーティが京都先斗町の最高級なお店
『XAVIER-LOUIS VUITON』であることを案内で送ったり、

と面白いお手伝いをして、ルイヴィトンの高級ワインを
人生で初めて腹一杯飲む幸運を授かり、

高級ワインは悪酔いしない事を知り、
そして今回は京都リーガロイヤルホテルでの
保江先生の退官記念パーティの案内を送らせて
いただいています。


でも、なぜ京都で開催されるのでしょう。

主宰されるのが黄檗宗売茶流お家元の中澤弘幸宗匠
とあり、それに東京の不賢の会と関西高槻の不識の会、
芦屋戯庵の会の名前がありますが、

そこから想像すれば

今後、保江先生がどんな活動をしていかれるか
お分かりになるでしょう。

そうです、今回のパーティは保江先生の門出を祝う
大切な節目になるパーティなんですよね。

これから保江先生はいったい何をされるのか?

35年勤めらたノートルダム清心女子大学を離れ、
新しい人生へとシフトアップされる特別な時。

自由の身になられてこれから一体どんな活動を
されるのか興味深々なことですね。

神戸と京都を中心に新しいエネルギーを湧き起こす
先生のお仕事がこれからバンバン始まるのですよ。

それも神戸をベースにして?

そうでしょう、

保江先生の「おもしろ真理塾全9回」がカタカムナの
六甲の地で開講されるようになったのですから、

それも本篇と番外編と二つのコースが開催されるのです。

岡山から神戸に先生の拠点を移されたと思いますよね、

六甲の小さな無名の塾で何をされるのだと思う人も
いるかもしれません。

でもセオリツヒメ、ククリヒメ、ワカヒメの魂が
祀られている六甲の地の史実を知ればこそ、

これまでの保江先生の演じて来られたハフリ神事と
繋がっていることが分かり保江先生の門出を祝う
大切な記念すべき日になることが理解できます。

さて本題です、「保江邦夫のおもしろ真理塾」の第3回の

テーマは「時とは何か」でした、
と言っても難しい物理学の公式は出て来ません。

難しい内容を面白おかしく、分かりやすく
語られるのは、やはり女子大で35年間も
教えて来られたからでしょうか?

「今に生きる」意味を豊な人生経験から語られます。

末期の大腸がん手術で奇跡を体験をされた事、

退院後にジェット戦闘機を輸入された顛末。

サイババの事を書いた理学博士の青山圭秀や
「アガスティアの葉」の話も飛び出した。

行動的感性で生きる極意、神道の「中今」の奥義
が語られました。

DVDも完成しましたので、ぜひご注文下さい。

保江先生のこれからの使命が語られた

愛子さまの「世界平和を願って」という卒業文集が
宮内庁より公表されました。

全文は次の通り(表記は原文通り)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032200482&g=soc

この文章に対して北一策先生が次のように
語られています。

「この表現力は、中途半端なものではない。

 優れた文筆家が代筆できる代物では断じてない。

 タイムスリップして、その刻、その現場に存在できた
 かのような、特別な匂いと雰囲気を持っている。

 最近、創作物語をいくつもいくつも読まされ、
 文章から人間を嗅ぎ取る能力が落ちたと感じていたが、
 これは違う。とつぜん愛子さまが目の前に出現し
 語り始めたかのような衝撃を受けた。

 彼女はもしかすると黒田家に嫁がれた清子(サーヤ)様を
 超える霊能力者なのかもしれない」

~・~・~・~・~・~・~

愛子さん、雅子さん、そして皇太子殿下の写真の
お姿も素晴らしいですね。

何か吹っ切れた感じがしません?


この事と保江先生の言動と不思議に繋がってくるのです。

保江先生はこの3月でノートルダム清心女子大学を
退官されます。

お世話になった渡辺和子理事長のご葬儀の後、火葬場に
行かれてお骨拾いの時、「もう岡山にいなくていいよ』
との声をきかれたそうです。

この保江先生の運命の大転換のタイミングで
サラ・シャンティの連続講座が始まりました。

そしてなんと、その保江先生のおもしろ真理塾の第2回
3月13日は号外編となり、4月3日に次元転移が
起こるお話しをしていただけたのです。


3時間近いお話しですので、DVDをご覧いただきたい
のですが、それは地獄のシステムから天国のシステムへと
転換し、様々な問題が解決していくというお話です。


保江先生がこの3月で退官される、その転機に
神様はいったい何を企んでいるのでしょう。

天国のシステムに切り替わり、世の中のややこしい難題が
解決していく平和な時代が到来するといわれるのです。

そのシステムの詳細がまた凄いお話なのですが、

そんな天国のシステム到来を期待するワクワク感を
いだいていた時に、上記の愛子さんの文章が公表された
のですから、これは来たぞと思ったのです。

これは皇室からの素晴らしいメッセージですよね、

世間で流れる愛子さんの変な噂がぶっ飛んでしまう
内容だと思いますが、いかがでしょう?

北一策先生は、以前からサーヤは素晴らしい霊能者だと
言われてましたし、皇太子浩宮殿下の祈りの力も凄いと
聞いてますので、サーヤ以上だといわれる愛子さまも
加わって、保江先生の言われる天国のシステムが
生まれるのかもしれません。

愛子さんの「世界平和を願う」文章がこの時期に書かれた
と言うことと、このタイミングでアワ歌が全国で唄われる
ようになって来たのも意味深いことですね。

歴史家の梅原猛さんが言われるように「教育勅語」は
国家主義的で好きではありません。

この原理主義的な内容を子供に教え、教条主義的な
教育をしていることに疑問を抱かず、

都合が悪くなったら、罵りあって喧嘩する
愚か者たち。

何度、こんな過ちを繰り返すのでしょう?

だから大いなる存在は天国システムの採用で
こんな不幸な問題が起こらぬようにと
決断されたのか。

4月3日0時には次元転移が起こると言われる
その前日の

4月2日には真言宗の観音寺住職の東義輝阿闍梨様(99歳)
に来ていただき、「真言密教の極意と世界平和」のお話を
聞かせていただけます。

東 義照 (あずま ぎしょう) 様とは
大正6年12月生れ 九十九歳
真言宗大覚寺派観音寺名誉住職(阿波国)
真言宗大覚寺派阿闍梨
http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20170402

開場 13:00  開演 13:30~16:10
質疑応答 16:30~   参加費 2000円

高野山中学卒業後直ぐに幹部候補生となり、
1938年 20歳で満州を守る関東軍に派遣される。
1939年ノモ ンハン事件が勃発、119部隊第3中隊戦車
燃料輸送隊 の隊長(著書あり)となる。

「水無し、弾無し、眠り 無し」で九死に一生を得て、
45年3月帰国し、

原子爆弾投下の情報を掴んだ軍部は皇居の防空壕の強化
にコンクリートで5~6m積み重る指揮を執る。
本土決戦作戦遂行の為、千葉九十九里浜等へ視察に行く。

8月9日昭和天皇が参席する終戦の御前会議にも出られた
迫水久恒氏とも親しくされていた。

戦後戦犯を免れた後、徳島に帰り社紋が菊御紋である
観音寺(創建、祈親上人)46世住職となる。

昭和50年から昭和56年の6年間、嵯峨大覚寺財務部長
として活躍する。

当時の寺の 借金約30億を6年間で全て変換する。

又歴史学者の中村直勝先生を招き大覚寺
文書を創り上げる。

以上、大変な運命を背負って来られた99歳の阿闍梨

戦中、戦後の貴重は生き証人からどんなお話が飛び出すか
ご期待ください。

天国のシステムに切り替わる、こんなタイミングで
来ていただくのは何か意味深いメッセージを
いただけるのでしょう。

お申込みはメールでお願いします。

~・~・~・~・~・~・~
この天国システムについて保江先生第2回号外編の
DVDも出来ていますので、ご希望の方は
ご注文下さい。

↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター