FC2ブログ

ナノバブル水と有酸素機能について

45歳の時に病気知らずの体になったのは有酸素機能を
開発できたからです。

35歳くらいからマラソン、トライアスロンを始めた僕ですが
44歳までは毎月お医者様に通うような病弱でした。

1980年頃から世界中でマラソンブームが起こり、その時に
入ってきた言葉がLSD(Long slow distance)とファンランで
ゆっくり楽しく走ること。

それが有酸素機能を開発する秘訣なのですが、

日本でマラソンブームが起り、僕も順位や時間を気にしてばかりいて、
インターバルやビルトアップなど早く走るためのトレーニングに執着し、
競技志向が高かったので故障が多く、ケガ、負傷ばかりしてました。

運動量が増えてご飯もおいしく食べるようになり、痩せていた体も
肉がつき逞しくなってきましたが、風邪薬やウガイ薬が常備薬でした。

44歳の時に歩くのも辛い重症になり、「ゆっくり走れば早くなる」
という本に出会い、実践したおかげで、45歳で見違えるように
元気になり、医者いらずの体になったのです。

レースに出ても年代別で入賞するほど楽に走れるようになり、
有酸素機能を開発する極意を「走りながら祈る」で著しました。

しかし60歳で定年退職した時にトライアスロンもやめてしまい、
その後、体力や心肺機能の衰えを感じてきました。

70歳の時に医者から肺気腫だと診断され、おかげでタバコを
止めました。

それが今年の3月にナノバブル水生成器に出会い、腸から酸素を
摂取することを知り、試してみると朝の目覚めが良くなるなど、
老化防止対策には不可欠だと判断し、すぐに購入したのです。

ナノバブル水は10年以上も前から漁業の分野では魚の安全な
輸送や洗浄に使われたりしており、医学系の大学での研究成果が
ネット上にあります。

それを家庭で作れる器械を開発したのがEMAという会社なのです。

残念ながら、あまり詳しく紹介することはできませんので、説明会を
開催することになりました。6月21日(金)1時半からです。

ナノバブル水を作って、どんな器械かを見ていただきます。

そして私の体験などをお話ししたいと思います。
ぜひお話を聞きに来てください。

新春の集いのお話

1月14日 新春の集い

健康道場の道場主として、これまでお話しするのを
遠慮していたことはいろいろあります。

その一つは「気」についてです。

35年ほど前、ランニングシューズの底に貼る
ゴムを切ろうとして手が滑り、僕の左手の
人差し指は爪の下からカッターで切断しました。

すぐに救急車を呼んで、切断した指先を持って
病院に行きました。医者から「切断した指を糸で
縫っても繋がりませんよ」と言われたのですが、
「イイから縫ってくれ」とお願いしました。

そのころすでに私は気功をやってましたので、
「絶対生えてくる」と気の力を信じたのです。

1週間後に塗った指はポロっと落ちましたが、
微かに盛り上がった部分が残り、少しづつ
成長して、爪も生えてきました。

写真は現在の状態です。

気の力を実証しました。

左手の指


他にも医者が治らないというケガや病気を
すべて検査だけは受け自然治癒してきました。

ガンでも糖尿でも肺気腫でも治らないと言いますが、
治っている人はいくらでもいます。

これを治らないというのが西洋医学の知識です。

自分の体を一番よく知っているのは子供の時から
世話してきた自分自身です。

治るという直感が働けば治ります。勿論原因を探しだして
改善すべきことはして、日頃からの意識の持ち方次第。

肺気腫の原因はタバコだと分かっていましたので、タバコを
止めました。

食べ過ぎだと分かっていても。食べないといけないから
と食べ続ける人はいます。

生きていくのに一番大切なことは霊性と魂に対する
認識ですが、それが健康とどう繋がるのか。

生きる力とは何かを考えれば分かるはずです。

14日はそんなお話と、健康道場の主催者として
40年以上のやってきたヨガや気功、整体など
様々な健康法の指導者とお付き合いしてきて、
知っておくべき問題点などをお話ししました。

その他講演の内容の詳細はDVDを販売しておりますのでご注文ください。

☆☆ シャンティメール 7月1日 ☆☆

10日間入院してました。

お見舞いをいただいたかには、ご心配をかけ
申し訳ありません。

6月17日の朝、恒例のビワの収穫でうっかり
登りすぎて脚立が折れて墜落しました。

墜落直後から意識不明、通りすがりの人が脈を診てくれ、
ビワを入れる袋を取りに行った妻が戻って来て、ヨガの
植田先生も飛んで来て、救急車を呼んでくれたました。

ハット神戸の県立災害医療センターに運ばれて
診療を受けたのも覚えていないのですが、
救急車の中で応答はしていたとか。

右側頭蓋骨折で3針縫い、脳挫傷、右側肋骨4本が折れ、
右腰骨の打撲傷などで治療を受けたのにまったく気付かず。

でも、救急車で運ばれた時は返事をしていたとか。


ICUへ入って妻から話を聞いてびっくり。


セラピスト大野綾子さんの指示で、妻が病室へ豆腐湿布、
放射線ホルミシス・マットとシーツ、樹液シート、

ホメオパシー・スプレイなど持ち込んで来たので
看護婦さんたちはビックリ。

お蔭で早く良くなったのだと思います。

食欲はなくて便が出ないのでマグネシューム棒
を持ってきてもらって水素水を飲み始めると、
少し便が出るようになりました。

6日後に転院か退院と言われて、退院すると決めるが

この頃から左頭部のこめかみ辺りがガンガン痛くなってきた。

病院ではなんの治療もなく、薬を出すだけ。

10日目に退院して家に帰って。近所の脳外科の
高塚クリニックへ行き、始めて詳しい映像を見せて
もらいケガの実情を知る。

頭の痛みはムチ打ちからとの説明を受ける。

硬膜下の血漿もまだ吸収されていず、癲癇などが
起きるから当分安静にしていないさいと言われる。

生まれて初めての入院生活、これも何かのメッセージなのか?
次のメールで詳しくご報告します。


明日7月2日は神尾学先生の神智学の講座。

入院中も案内を出さないといけないと考えていましたが、
こんなことで前日になりました。

なぜ、東京から神尾先生に来ていただくようになったか?

これも不思議な神々との御縁であることを、何度も
書いてきました。

神智学とは何か?

200年ほど前、魔女狩りなどキリスト教中心だったヨーロッパ
の事情をご存じだと思いますが、

そこに別世界の価値観を持ち込んだブラヴァツキー夫人は
大変な魔女だったと思いますが、

丁度時代の変わり目だったのでしょうね。

保江先生のお笑い真理塾での神様のお話し、
佐藤先生の神の数学、吉野先生のカタカムナを
勉強するのに知っておきたい内容だと思っています。

トランスヒマラヤ密教と日本の密教の違いを知っておくと
これからの宇宙と神の世界を理解するのに役立つと思うのです。

スケジュール 7月2日(日)

「セラピス・タイチ入門」
9:30~11:30
参加費 3,000円(当日3,500円)

「神智学入門」講演会
開場13:00
13:30~16:10 神尾 学 講演
16:30~ 質疑応答
16:30~ 懇親会 要予約
参加費 3,000円(当日3,500円)

(セラピス・タイチと講演の通しでお申し込みの場合は5,000円)

高天原神界の働きが活発になっています

以前にも書いた311を予測した松原照子さんの著書
「聞いてビックリあの世の仕組み」は阪急六甲の
本屋に山積みになっています。

良く売れていますが、この本に登場するブルーグレイのおばちゃま
は守護霊として松原さんをずっと以前から守ってきたそうですが、

なんとブルーグレイのおばちゃまの正体が
神智学のブラヴァッキー夫人だった。

おかげで神智学が有名になったと思うのですが。

神智学とは何なのか。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%99%BA%E5%AD%A6

歴史上存在したすべての宗教を超えて、すべての宗教的、
哲学的体の源となった人類の「本源的な宗教」

19世紀のキリスト教一色の時代に現れて欧米思想の流れを変えた。

パラマハンサ・ヨガナンダや中村天風を救ったカリアッパ師、
インドには不思議な力を持った人が続々現れましたね。

こうしてヨガが日本に入ってきた。

この時代に日本では金子みすずが登場しました。

「はちと神さま・・」

はちはお花の中に
お花はお庭の中に
お庭は土塀の中に
土塀は町の中に
町は日本の中に
日本は世界の中に
世界は神様の中に。
そうして、そうして、神様は
小さなはちのなかに。

同じ事をみすずさんが日本的な表現で語っていたのです。

それが現代にブラヴァッキー夫人がどうして、
松原照子さんを通してメッセージを
降ろすようになったのでしょう。

松原照子さんの本が売れることで日本人が
神智学的な宇宙論・生命論を理解するように
仕組んでいるのかな?

トランスヒマラヤ神界と高天原神界の協働現象ですね。

「天と地と我は一体、万物と我と同根」

先日亡くなられた『黎明』の著者・葦原瑞穂さんも
23年前に青山圭秀さんの『理性のゆらぎ』の影響を
受けていたでしょうね。

すごいサイババ・ブームが起こりましたからね。

今の若い人に、あの頃のサイババ・ブームを
再現してあげたいですね。

『走りながら祈る』に詳しく書いていますので
興味があったら読んで下さい。

ヒマラヤ神界から高天原神界に繋がった流れを
書いております。

葦原瑞穂さんも神智学的な世界観で本を書かれてますが、
最近はアワの歌を教えておられたとか。

同世代の葦原さんと保江邦夫さん、矢作直樹さんが
登場して、日本の心を説かれていること。

インドの聖人たちの代わりに保江邦夫さん、矢作直樹さん
が登場してスピリチャルが復活したのです。

お二人のご活躍によって高天原神界の存在が明らかに
なってきました。

トホカミエヒタメとか白川神道からの皇室情報や
伯家神道呼吸法の秘儀、禊祓いと皇道原理
なんて知られるようになりました。

先日の大江幸久さんとアマノコトネさんの
共著『トノヲシテ 瀬織津姫 言霊リーディング』
もすごい本ですからお薦めです。


高天原神界の存在が活発化し、日本の心が復活する時代。

日本の心を語るには、高天原神界の瀬織津姫
のお力があってこそ生まれた著書ですからね。


アマノコトネさんは、今最高のチャネラーです。

アマノコトネさんに神戸に来て頂いたおかげで、
彼女のリーディングは凄いということが分かりました。

アマノコトネ、宮崎 貞行著『ワカヒメさまの「超」復活!』
は六甲山系の神々のお力を知る大切な事が沢山書かれています。

『天皇の国師 三上照夫』も宮崎 貞行さんはアマノコトネ
のお力を借りておられると聞いて納得しました。

さあ、世界の神界はどうなっているのでしょう?
私たちの体と宇宙の仕組みを解き明かす神智学。

来週の文化の日、神尾学先生の神智学入門講座が
なんとシンクロしています。


今回のテーマは「チャクラ情報の3つの系統」

神尾先生よりの案内です;

1.バーバラ・ブレナンの『光の手』に代表される
欧米ヒーリング系のもの

2.神智学徒リードビーターによる『チャクラ』で公開されたもの、
および、インドで伝統的に伝えられてきたもの
  
3.アリス・ベイリー(特に『秘教治療』)によって
開示されたものです。

このうち、2.は実際には2つに分かれるので、計4種類ある、
と言ったほうが良いかもしれません。

他の情報も、基本的には、この4つのどれかに収まると思います。

この4つは、それぞれが独自のエネルギー・システム(体系)
をなしていて、異なる種類のエネルギーを伝えている、
という点が重要です。

インドで伝統的に伝えられてきたものに関しては、
・書籍などを通して一般に開示されたきたレベルのものと、
・資格を得た者以外には伝えることを許されなかった秘伝的
 な情報があります。

熱心なヨーガ関係者が書籍などを通して学んできたものは、
当然、前者です。

後者に関しては、これまで開示されることは基本的に許されません
でしたので、本当のところはほとんど知られていませんでした。

アリス・ベイリーの『秘教治療』は、人類がある程度の進化を
遂げたため、それを許される範囲で開示した最初の書籍である
と言えます。

しかも、その中には、(解読していくと)他のチャクラ・システム
との関係も語られていることが分かります。これを知ると、

今出回っているそれぞれのチャクラ情報が、
正しく関係づけられ、誤解や危険をおかすことなく、
合理的に学んでいくことができるようになります。

11月3日(文化の日)

「セラピスト・タイチ入門」
9:30~11:30  参加費 3,000円

「神智学入門」講演会
開場13:00
13:30~16:10 神尾 学 講演
16:30~    質疑応答  参加費 3,000円

午前と午後を合わせて参加されますと5,000円

17:30~ 懇親会

神智学を学ぶと、宇宙的な視野で世界の宗教が一つであり、
同じエネルギー体として様々な神界の存在が具体的な
世界として理解できるようになります。

神尾先生は神智学の世界の第一人者と言えます。

松原照子さんがなぜブルーグレイのおばちゃまの
お役目を演じるのか訊ねてみましょう。

では、お待ちしています。





六甲ヒメの護摩焚き祈祷行事と北一策先生の講座

☆★ シャンティ・メール10月18日 ☆★

今日は大江幸久さんと一緒に明日の六甲ヒメ講
での護摩焚き祈祷行事の準備。

心経磐周辺のお掃除から護摩壇の準備のために
朝9時に出発し、12時過ぎまでかかりました。

六甲山に住む80歳のお婆ちゃんが檜葉、枯葉など
用意して下さいます。

檜葉とマキ、枯葉で護摩壇を組んでいると
先人の知恵や美意識が学べます。

神様にお仕え出来る仕事、ありがたいことです。

参加者は50人を超すとか!!

明日10時半からですので遅れないように。

駐車場はカントリーハウスのスキー場前が
空いているでしょう。

直会は12時過ぎから近くの「六甲山の上美術館」
であります。
http://handsonme.cloud-line.com/

もう満員御礼ですが、予約されずに来られる方は
お弁当を持参のこと。

そして23日は北一策先生の講演会です。

配布用のレジメが来ていますが、公開できないのが残念です。

第一部【激動の2016年 アジア情勢の真実】
・南シナ海、東シナ海問題を掘り下げる、5年後のアジアを見据えて中国が
 狙っているもの
・フィリピンのドゥテルテとは何者なのか、裏社会を恫喝する新大統領の素顔に迫る
・日本と台湾の奇妙で奥深い関係、田中角栄の日中国交回復で日本が失ったもの
・沖縄をめぐる表裏の駆け引き、琉球王国の歴史的意味と現在の「本当の姿」
・天皇陛下「生前退位」の意味
・現われ出る「ニセモノ」たち 天皇の信実を知る人間、首相と密接な関係にある人
さまざまな分野で嘘八百を並べるニセモノたちを実名で糾弾

第二部【世界を動かす闇社会・裏世界】
・誰も語らない国際情勢の裏  
・裏世界の勢力がアジア史を構築してきた
・恐怖の秘密結社「青幇(チンパン)」の全貌、日本の青幇はどこで何をしているのか
・日中国交回復、台湾断交に暗躍した魑魅魍魎、なぜ田中角栄は3日で台湾を切ることが
できたのか、 そのとき福田赳夫、石原慎太郎、中曽根康弘の動きは

・全世界5000万人を抱える紅幇(ホンパン)「洪門(ホンメン)」とは?
日本には洪門が何人いて、彼らは何を企んでいるのか
・沖縄―台湾―フィリピンをつなぐ衝撃の人脈、沖縄のヤクザ
旭琉會と青幇、洪門、そして東アジアに蠢く怪人たち
・フリーメイソンなど足下にも及ばないアジアの結社
・政治も軍事も及ばない東アジア闇世界の実体

・「ローマ法王がトランプを支持すると言い出したのだ。
・国王死去悼むタイの背後にタクシン元首相がいて、
その背後には中国共産党が控える。
・フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテは米中央情報局(CIA)
を挑発し「失脚させたければやってみろ」と述べた。

今や世界情勢からも目が離せないですね。

大変化の時代を読み解く北一策は、
小学校から漫画家になろうとして、なぜか早稲田大学に入って、超古代史、怪しい宗教秘儀、
秘密結社超人的能力を得る修業法、チベットの秘儀、ナチスのオカルト、大東和戦争や
その後の日本の秘密など漫画の素材探しをされたとか、

その後、小学館に入って漫画単行本を出すコミック編集室にはいって手塚治虫、横山光輝。水木しげる
藤子・F不二雄さんなどを担当。

漫画を書くより漫画的な人生を全うされている。

早稲田時代は右翼の街宣車に乗ったり、柳川組の親分に可愛がられたり、とこの時代
左派系にぶれた団塊世代とは眞逆な民族派の情報一杯の青春を謳歌された。

遠回りしたぼくからすると羨ましい人生ですね。でも、なぜか今の僕と繋がる点が多いのです。

これも不思議ですね。

前回の講演のビデオではちょっと語りきれない吉田、卜部、白川神道からの皇室情報や
伯家神道呼吸法の秘儀、すめら教からサーヤの話?

ぼくが打ち込んでいる神道夢想流杖道と鬼倉 足日公とフリーメイソン、玄洋社の頭山満、
内田良五郎、中山博道、内田良平の黒龍会、中村天風とご縁があるのです。
この辺のお話がめちゃくちゃ面白いですが、今回お話をきけるかどうか?

前回の講演会DVDを今回参加の方には半額の¥1500で提供いたします。
必要な方はご連絡ください。
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター