世界最古の伝統行事 お盆

☆☆ シャンティメール 8月11日 ☆☆

ちょっと嬉しいお話し:

カタカムナに興味を持つと真正保守(反原発、反戦
平和、環境保護、自然と動物愛護の私のような人)、
白足袋さん(僧侶、茶人、花街関係者、お公家さん)、
皇室関係のような人達とのご縁が繋がっていく。

美意識の高い人でないと困りますが。

カタカムナに興味を持つと日本のルーツを
求めるからですね。

自分では考えなかったことが次々と起こります。

毎年12月25日にピアノリサイタルをしていただく
津村和泉さんがピアノ演奏の勉強のためにと
黄檗売茶流煎茶道を習いに行かれた、その日に

タイミング良く保江邦夫先生の退官記念日での演奏を
して下さいと中澤お家元と保江先生からお願いされた。

お二人とも津村さんの演奏をまったく聞いた事が
ないのに、津村さんのオーラを見ただけで
お願いされたのです。

ぼくもビックリしましたよ。

そしてお二人の期待どおり、4月京都での保江先生
退官記念パーティーで津村さんはダイナミックで
華麗な演奏を披露されました。

流石にドイツ、ロシアや北欧から招かれるだけあります。


スゴイ事になって来ました。

中澤お家元が「あの演奏、聴きたいな!」と言われ、
津村さんの後援会会長、保江先生が同副会長になる
からと、リサイタルが実現したのです。

8月30日(水)【津村和泉さんピアノ・リサイタル】

開場:13時半  開演:14時から16時半
参加費: ¥4000

会場 は素敵な音楽サロン《レ・ヌーヴォレ》 
阪急中津駅から歩いて5分  http://lenuvole.jp/

演目 :
●ベートーヴェン ソナタ「熱情」
●ショパン:ノクターン 、バラード第1番
●リスト: コンソレーション 第3、 リゴレット パラフレーズ
●ラフマニノフ:前奏曲 ト長調 Op.32-5, ト短調 Op.23-5
(予告なしに演目が変更になる場合もございます。)


もしリサイタル後、中澤お家元・保江邦夫先生が
ご臨席の食事会にもご参加希望の方は

リサイタル料金と食事共の会費 ¥20000

ちょっとお高いですが、お家元と保江先生が演出する
雰囲気を味わえる絶好の機会ですよ。

会場は新阪急インターナショナルホテル25階
レストラン&スカイバンケット《ソラメンテ》
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/hhinternational/restaurant/PorY7Oj2Ps/index.html#top

阪急中津駅からですので近いですよね。

17時15分開場 17時半から19時半
着席ブッフェスタイルで、お席はくじ引きです。

☆ 参加ご希望の方は

○ ピアノ・リサイタルのみ  又は
○ リサイタルとと食事会共

どちらかをメールで清水までご連絡ください。
 sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

☆ カタカムナの吉野先生も参加していただけます。

吉野先生のカタカムナを勉強される方に知って欲しいことですが、
保江邦夫先生の最近の活動についてお知らせします。

保江先生のお笑い真理塾に参加されている方はご存知ですが、

先生は伯家神道の皇室で行われていて明治天皇以降に継承され
無くなったハフリ神事の継承者になられています。

高濱清七郎がそれは皇室を守るために民間に引き継がれたそうで、
現在保江先生は「高濱清七郎源正一靈人」として祭られている
瑞聖寺の港區白金台に、この4月に退官され住まれています。

生前退位をされる天皇陛下の譲位の時期に人柱になって皇室を
お守りするというお役目を演じておられます。

中澤お家元は京都で皇室をお守りされている方ですので
お二人のご縁がどんなものがお分かりでしょう。

白足袋さんとは何かを知る良い機会かも?
______________________

面白い流れが続いていますね。

流れに任せて浮かんでくることを実行しているだけ。

ご先祖様が仕掛けてくるのでしょうか?

お盆にはご先祖様の精霊が戻って来ますので、
しっかりお迎えしなけりゃいけません。


いつもお盆になると思うのですが、広島原爆投下の
6日からお盆休みの休日にすべきですね。
9日長崎、15日が終戦記念日とこの時期、

新聞・マスコミは慰霊の特集ばかりしていますから、

16日盆明けまで11日間の長期休暇にすべきですね。

ユカタを着て盆踊りして、世界最大のご先祖様の力を
生かすためお盆休みを最高に楽しめる国にしたいですね。


皇紀2650年と縄文1万年以上もお先祖様を祀ってきた
国ですから、どれほどスゴイ数のご先祖様になるか。

お寺、神社、祠、イワクラ、お墓の数の多さは
世界最大で、これらが神界の霊団を形成している。


僕は長野県にあるお墓参りにまったく行かないけど、
いつ支えられているという感覚がありますので大丈夫。

ですからサラ・シャンティには啓示を受ける同志が
集まって来られるのでしょうか?


ご先祖様を大切するお仕事、僕はカタカムナの研究を
しているからご先祖様が喜ぶのでしょう。

日本復活を望んでおられるのですね。


お盆は守護霊・守護神というご先祖様の集合的無意識
のパワーゾーン形成してきた、

それも縄文17,000年と皇紀2650年もの間一度も侵略を
受けなかった

縄文以来の2万年もご先祖を祀り続けてきた魂集団を
持つ国だからこそ

世界中の神様を祀れる面白い国になったのですね。

私たち日本人は「無限の叡智と無尽蔵の富」を
形成するアカシックレコードを持つ、だから、

空海も100日で100万回唱えた
ノウボウアカシャの虚空蔵菩薩真言として

記憶力が強化され、あらゆる経典を記憶し、
理解して忘れる事がない力を得た、

キリストやモーゼが憧れの日本に来たのも当然なのです。

そんな啓示を受けられる上森三郎さんの活躍は

最近の著書のタイトルに現れている:

「世界文明の起源は日本だった」
「空海さまと七福神が隠し伝えた世界文明の起源」

この事は、日本の真の歴史が明らかにされ、今や世界中から
期待されていると言っても過言ではありません。

縄文文明に対する期待は

文化人類学者のレヴィ=ストロース、アインシュタイン、
アンドレ・マルロー、ラフカディオハーンなど戦前から
言ってきたことです。

HarryとNoaの魔法のランプ 第12回でのゲスト出演

いったい全体、日本神界の神々は上森三郎さんを通して
何を伝えようとしているのでしょう。

8月20日(日)上森三郎氏の講演会
午後1時開場、1時半開演  参加費¥3000

質問時間も一杯ありますので、この機会にぜひ
上森さんの貴重なお話をお聞きください。

ぜひ、ご参加くださいね。

救世主たちが訪れた縄文時代の日本とは?

いよいよ前回のイワクラ・バトル・ロワイヤル
第2弾の案内です。

今や歴史の書き換えが始まり戦後の封印が解かれて
次々と新しい史実が語られるようになりました。


その中でもモーゼやキリストの墓が日本にあること
はすでに常識になろうとしています。

縄文時代から世界のユートピアとして世界の人々が
憧れたカタカムナ文明の国としての存在が明らかに
なってきました。

ヒマラヤ神界の奥の院として60日も歩けば辿りつく
事ができた最高神界の修業の地として、あるいは侵略
戦争に敗れた王侯貴族の亡命の地として語られる日本が、
800年周期で世界の文明の中心になる(東経135度)
時代意識も高まって来ました。

そうした史実を天上界から受け取るような人々が
今多く現れていますが、その中でも一番目立っているのが
上森三郎さんであることは皆さまご存知でしょう。

7年前は建築技師のお仕事をされていて日本の歴史など
まったく興味がなかったといわれる上森さんが、今や
博覧強記に古代史を語られる姿には神々しく感じるものが
あります。

カタカムナも次々と新しい発見が出現して来ましたが、
それと連動して沖縄からのメッセージを伝える人が
増えて来ました。

いったい全体、日本神界の神々は何を伝えようと
しているのでしょう。

魔法のランプチラシ第2弾

ハリー山科さんと水木ノアさんがどのように
引き出してくれるのでしょう。

☆☆ シャンティメール 7月1日 ☆☆

10日間入院してました。

お見舞いをいただいたかには、ご心配をかけ
申し訳ありません。

6月17日の朝、恒例のビワの収穫でうっかり
登りすぎて脚立が折れて墜落しました。

墜落直後から意識不明、通りすがりの人が脈を診てくれ、
ビワを入れる袋を取りに行った妻が戻って来て、ヨガの
植田先生も飛んで来て、救急車を呼んでくれたました。

ハット神戸の県立災害医療センターに運ばれて
診療を受けたのも覚えていないのですが、
救急車の中で応答はしていたとか。

右側頭蓋骨折で3針縫い、脳挫傷、右側肋骨4本が折れ、
右腰骨の打撲傷などで治療を受けたのにまったく気付かず。

でも、救急車で運ばれた時は返事をしていたとか。


ICUへ入って妻から話を聞いてびっくり。


セラピスト大野綾子さんの指示で、妻が病室へ豆腐湿布、
放射線ホルミシス・マットとシーツ、樹液シート、

ホメオパシー・スプレイなど持ち込んで来たので
看護婦さんたちはビックリ。

お蔭で早く良くなったのだと思います。

食欲はなくて便が出ないのでマグネシューム棒
を持ってきてもらって水素水を飲み始めると、
少し便が出るようになりました。

6日後に転院か退院と言われて、退院すると決めるが

この頃から左頭部のこめかみ辺りがガンガン痛くなってきた。

病院ではなんの治療もなく、薬を出すだけ。

10日目に退院して家に帰って。近所の脳外科の
高塚クリニックへ行き、始めて詳しい映像を見せて
もらいケガの実情を知る。

頭の痛みはムチ打ちからとの説明を受ける。

硬膜下の血漿もまだ吸収されていず、癲癇などが
起きるから当分安静にしていないさいと言われる。

生まれて初めての入院生活、これも何かのメッセージなのか?
次のメールで詳しくご報告します。


明日7月2日は神尾学先生の神智学の講座。

入院中も案内を出さないといけないと考えていましたが、
こんなことで前日になりました。

なぜ、東京から神尾先生に来ていただくようになったか?

これも不思議な神々との御縁であることを、何度も
書いてきました。

神智学とは何か?

200年ほど前、魔女狩りなどキリスト教中心だったヨーロッパ
の事情をご存じだと思いますが、

そこに別世界の価値観を持ち込んだブラヴァツキー夫人は
大変な魔女だったと思いますが、

丁度時代の変わり目だったのでしょうね。

保江先生のお笑い真理塾での神様のお話し、
佐藤先生の神の数学、吉野先生のカタカムナを
勉強するのに知っておきたい内容だと思っています。

トランスヒマラヤ密教と日本の密教の違いを知っておくと
これからの宇宙と神の世界を理解するのに役立つと思うのです。

スケジュール 7月2日(日)

「セラピス・タイチ入門」
9:30~11:30
参加費 3,000円(当日3,500円)

「神智学入門」講演会
開場13:00
13:30~16:10 神尾 学 講演
16:30~ 質疑応答
16:30~ 懇親会 要予約
参加費 3,000円(当日3,500円)

(セラピス・タイチと講演の通しでお申し込みの場合は5,000円)

ハリー山科と水木ノア 「魔法のランプ」ってなんなのだ?

6/11(日)ハリー山科さんと水木ノアさんの
「魔法のランプ」の日が近づいてきました。

14:30 開場 15:00~17:00 参加費¥3000

プロ仕様音響機材を東京から持ちこんでのハリーさんならではの 
本格派プロのイベント、

これまでのサラ・シャンティではない、ハイレベルな音響で
オシャレな空間が生まれます、ご期待下さい。

まず、ゲストから紹介します。

☆ 尺八演奏家 古賀将之さん。

1973年渡米して演奏活動に入る。

1981年に日本音楽学院・アメリカ(NPO)を設立。

1988年にドイツ主催・世界音楽祭に日本音楽代表として20都市を演奏旅行。

 スタンフォード大学、ニュヨーク大学、ハワイ大学、
 バークレイ大学等の講座にて講義・演奏。

1998年、ロックフェラー基金を受ける、

2001年にはカリフォルニア州政府より音楽教育活動にたいして表彰を受ける。

2007年゛喜多郎゛とのコラボ/CD「空海の旅-III」はグラミー賞にノミネートされる。

2008年及び2010年、キューバ主催のワールドフェステバルに日本音楽代表として招待される。

2009年、W&Fハウレット基金よりグラント受賞。


どうですか、古賀将之さんはタダものではなさそうです。

潜象エネルギーやフリーエナジーなども研究し、
尺八の演奏法と、重要になってくる呼吸について、
図解入りで教則本を書かれています。


地球の遠心力を含めて、宇宙の遠心力が私たちの自由の根本。

身体の行動の自由も、音を自由に空間を飛ばすのも、
この遠心力の感触を得ることが秘密です。

尺八の奏法は、他の音楽にも通じる点がたくさんある。

といった気功法に通ずる極意を伝授していただけそうです。


☆ 武良信行さん UFOコンタクティ、UFO撮影家。

ムラ・ラムーという名を持ち、多くのUFO写真、
UMA写真の撮影に成功している。

「六甲山上空 の UFO」「神戸市上空の赤い三角 UFO」
「フライングヒューマノイド」「フライングスネーク(空とぶ蛇)」
「六甲山上空を飛ぶ龍」「一反 木綿が飛ぶ姿」
「内部が透けて見えるスケルトンUFO」
「男根型UFO」「葉巻型UFO」など
連続撮影した不思議写真を多数所持している。

また、TV 番組の 収録中にUFOの撮影に多数 成功している。

出演時にUFO撮影に成功したTV番組:

・広島ホームテレビ「アグレッシブですけど何か?」
・ファミリー劇場「緊 急検証シリーズ」
・テレビ朝日「ビートたけしの超常現象Xファイル」

こんな凄い人が神戸にいたのですね。

これから六甲山に登るのが楽しみになって来ますね。

ですから大江幸久先生も来てもらいます。


☆ 進行役の水木ノアさんもメチャクチャ魅力的な方。

https://noahmizuki.jimdo.com/

福島県生まれ 上智大学文学部心理学科卒業

ビクター音楽カレッジ チャペルキーボード科修了

シンガーソングライター

・UFO研究家、宇宙人コンテストin福島実行委員長 

・TUF(福島)【宇宙人・ノア】飯野町UFO大使

・様々なゲストを呼んでトークするサブカル&音楽番組にて、
 音楽とUFOの番組をOA(2015/4から6月)

・日本サイ科学会 司会

・竹本良と申彦の【UFO千夜一夜】司会

・宇宙哲学バラエティ【ハリーとノアの魔法のランプ】レギュラー

・水木ノア&777 活動中

宇宙人ソングをゆんゆん歌って盛り上げていただきます。



☆ そしてハリー山科さん  SS次元上昇一番の立役者、

1952年6月10日、東京、大塚生まれ。

4才の時に町医者だった父にバイオリンを仕込まれる。

中学の頃から父に反発してギターに転向。

クレイジーキャッツ、若大将、ミュージカル映画、
グループサウンズ、フォークソング、ビートルズ、
と順調に影響されていく。

高校に入り、母、父と次々に病死。一家離散の憂き目にあう。

それまでのお坊ちゃま体質が突然、野良犬のような
生活に変わってしまった。

当然音楽も関西フォーク、学生運動などに揉まれて
変わっていく。

20才の頃、ひょんな切っ掛けでRCAレコードから
アルバムを出してシンガー・ソングライターの仲間入り。

25才の時、今度はコロンビアからアルバムを出した。

その後は作詞、作曲家として頑張る。

30代になって高尾に引っ越す。

シンセサイザーやマルチ録音の機材を揃えて自宅録音を始める。

オリジナルアルバムを6枚ほど作ると、今度は今まで書いた曲を
録音する作業に夢中になる。

言い換えれば作曲家から演奏家になったような感じだ。  

創作意欲はどうやらビデオ制作に向かった。

八王子、南大沢に引っ越して新たな友人がたくさん出来た。

彼等の協力でビデオムービーの制作が可能になった。

そしていよいよそれらの作品を発表する機会がやって来た。

もしよかったらあれこれのぞいてみて下さい。
http://www.good-weather-studio.com/index.html

ハリーさんはアダムスキーのことからUFOの研究でもあり、
そして縄文史にものめり込んで、全国の古代遺跡や史跡
めぐりをして大江先生とも親しくなり、

瑠璃さんのセオリツヒメと六甲ヒメ神社をネット上で
紹介してくれた張本人です。

今やサラ・シャンティとのコラボは必然的となり

吉野先生のカタカムナや六甲連山の神々の存在を
知らしめる不可欠な存在なのです。

UFOに詳しい保江先生とのコラボも実現したいですね。

ぜひ、6月11日のこのイベントをお見逃しなく。

2時半開場です。

「神の数学」はカンナガラの道

吉野先生の「カタカムナ 数霊の超叡智」
出版記念講演会、大入り満員で無事終了。

4年まえにサラ・シャンティで始まった
吉野先生のカタカムナは、いま全国から
引っ張りだこ状態になっています。

6月はカナダからも呼ばれて講座が開かれ、
世界にカタカムナが広がっていき、

神の戸の六甲の地が世界から注目される、
そんな時期が到来したのです。


書き下ろし作家の西山嘉克さんの10年前の
預言が道場に飾ってあります。

そこに書かれている予言では、サラ・シャンティが
世界に出て行くと。

でも、僕は海外に行くのは好きではありませんので
吉野先生が代わりになったくれたのでしょうか?

国内なら大丈夫、宮古島には
12回も行きましたもんね。

そのおかげでカタカムナにご縁ができようです。
不思議ですね。

中でも沖縄、宮古島、石垣島など南の島でも
カタカムナが人気だということは、やはり
ムー文明の名残があるんでしょう。

残念ながら本土の人たちより、沖縄の人たちは
日本人意識が高いということの現われですね。

だから「沖縄の独立」などと真の沖縄人たちが
言うわけないのです。

沖縄でカタカムナ意識が復活し、平和の力を発揮すれば
お隣さんを寄せ付けなくなるでしょう。

霊能者のユタさんやノロさんにカタカムナの
メッセージが降ろされたりしているが、それも
本土との繋がりを密接にしている。

ムー文明が縄文時代以前の沖縄に存在し、そこにあった
「カタカムナ」は、日本語の原点であり、日本を日本
たらしめている根源ではないかと考えられる。

ムー時代からご祖先様の残してくれたもの、
日本語の特異性を知れば知るほど、カタカムナが
注目される。

私たちが意識せずに振舞う日本人的な宇宙意識は
カタカムナが源なのである。

日本人のルーツがカタカムナという高度文明であれば。

般若心経の空や無の哲学が日本人の精神生活に
深く染み透っているのも然り。

神とは何か? 宇宙とは何か? 自分とは何か?

超ヒモ理論、量子力学、相対性理論・・・

それらが、カタカムナの言霊・数霊、ひふみ九九算表
のあちこちに描かれていると。

これらの壮大で根源的なテーマが吉野先生によって
ひも解かれてきた。

それも佐藤敏夫先生の「神の数学」のおかげです、
佐藤先生は恩人ですと吉野先生は言われます。

吉野先生の数霊の世界を理解するには佐藤先生の
「ひふみ九九算表」の真髄を理解できるようになる
ことが一番だと言われます。

「カタカムナ 数霊の超叡智」を理解するには
佐藤先生のお話をじっくり聞いていただければ
吉野先生の理解力に到達できるかもしれません。

高潔なお人柄の佐藤敏夫先生と同じ空間にご一緒して、
至福感とエネルギーをいただいて下さい。

5月21日(日)から開催される佐藤敏夫先生の
第2クール「神の数学」全6回 ¥15000

(参加された方には記録DVDを¥500でお分けします)

テーマは「カタカムナの叡智、 
  ひふみ九九算=カムナガラの道」

☆ 神の数学 梅のはな開花塾 梅村一彦先生にも
 出席していただいて、解説していただきます。
http://hifumi99.blog.fc2.com/

最近の研究には先代旧事本紀大成経や黄檗宗のことまで
出てくるのですから大変な事になって来ました。

では、ご縁がありますように、お待ちしています。
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター