FC2ブログ

「美智子皇后のお歌を詠みあわせ」

☆☆ サラ・シャンティ通信 3月19日 ☆☆

日本は古代から霊能力を持った陰陽師のような
存在が皇室を、 そして 日本を守ってきました。

宮崎貞行先生は明治時代と昭和時代に現れた
川面凡児と三上照夫のことを本に書いておられます。

『宇宙の大道を歩む―川面凡児とその時代』、
「天皇の国師――賢人三上照夫の真実』

『アワ歌で元気になる』などの著書がある宮崎貞行先生
はホツマからの言霊の大家ですが、

『寄りそう皇后美智子さま』では美智子様の和歌を
紹介されていますので、このお御代代わりの大切な時期に
お話をしていただくことになりました。

「美智子皇后のお歌を詠みあわせ・去りゆく平成を懐かしむ集い」

2019年3月21日(木・祝)
開場: 13:00  開演: 13:30~16:10
質疑応答 16:30~
参加費¥3000  (要予約)

皇后美智子様は現代の瀬織津姫的存在だと宮崎貞行先生は
言われますが、僕もそう思います。

戦後の天皇制が危機的状況にあった時に、平民であった美智子様
が奇跡のように現れ、日本の危機を救われました。

団塊世代の人々はそのことを実感していると思います。

本当にここでは恥ずかしくて書かれないような欧米文化の酷い流れが
充満していました。

勿論それがあって反省し、何度も立て直しをしてきたわが国ですから、
今から思えば正に神風が吹くように、日本の間違った方向性を
正すように救世主が登場したということでしょう。

軽井沢での偶然の出会いから、明仁様の恋焦がれるお気持ちが、
マスコミで伝えられ、華やかなのデビューによりご成婚と相成り、
それがテレビで報道されました。

1959年4月の成婚パレードには、沿道に53万人もの市民が集まり
街頭テレビの前には1500万人もが集まったそうですから。

その後、美智子様も大変苦労をされ、その存在が力を発揮される
までには大変な時間を要して、今があります。

天皇皇后両陛下が世界中で注目され尊敬される存在だと
日本人として誰もが認め、誇りに思っている筈です。

イギリスの王室は、その逆で引き立て役を演じてくれました。
これも長い歴史をみれば面白い点ですね。

敗戦後は左翼的世界観による皇室批判が充満し、皇室は
国民から見放された存在となり、

GHQの3S政策で頭がおかしくなった私たち団塊世代の大半は、
税金泥棒てんちゃんなどと言って、天皇制の廃止を言ってました。

こんな時代があったことを今の若い人に知ってもらいたいですね。

しかし今や皇室における美智子様の高い霊性の美しい存在を
知れば知るほど、その神々しさに心が震える私なのです。

平民から異次元の皇室の伝統を継承され、素晴らしい俳句
や和歌で表現される教養の高さに敬服してしまいます。

生まれながらにして持った天命を発揮され、子供のころから
皇室に入られる運命に導かれていたように思います。

そのことは先のメールでもご紹介いたしました。

美智子様の和歌は竹本忠雄氏やフランス知識人により
仏語に翻訳され『セオト せせらぎの歌』として世界の人に
読まれ共感をえています。

皇后陛下の御歌に感激したアフリカの人々
http://www2s.biglobe.ne.jp/nippon/jogdb_h20/jog566.html

アフリカで失なわれた古代文明への思いに通じる、
そこから人類の問題を解決するカギはアフリカから
生まれると。

美智子様の和歌がこれほどに世界平和に導く力がある
ことがお判りでしょう。

フランスで重症身障者のグループに和歌が日本語で詠まれ、
その言霊に感極まって泣き出し、感動が全員に伝わったそうです。

皇后陛下は美と恐れをもって高らかに歌い、諸民族に
啓示してくださってやまないのですと。

その神聖の感情が祭祀と和歌を通して今なお生きる国、日本。

5月の御代がわりに、私たちが今一番に心を寄せなければならない
のは、天皇皇后両陛下様に対する感謝の気持ちでしょう。

苦難の時代に祈りというお役目を全うされて来られた美智子様が
どんなお気持ちで和歌を詠まれてきたか。

愛と犠牲の精神で明仁様を助けて来られたことを、
私たちも知っておかねばならないことだと思うのです。

Tel&fax:078-802-5120
メール: sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

美智子皇后のお歌を詠みあわせ・去りゆく平成を懐かしむ集い

平成最後の3月になりました。

4月1日に公表されます新しい元号、
一体どんな時代になるか皆さまも期待で
胸を膨らませておられることでしょう。

戦後のアメリカの占領政策、高度成長期、バブル崩壊
などを72年生きて来た私が振り返ってみても、いろんな
ことが在ったもんだとため息がでます。

昭和、平成を中軸で生きられた陛下にとっては、なおさら、
大変だったでしょうし、平民から皇室に入られた美智子様
はどれほどのご苦労をなされたか想像に余りあります。

現在の皇室のなかでの美智子様の存在を考えると、
本当に大切なお役目を演じて来られたと思います。

軽井沢のテニスコートでのお二人の運命的な出会い
があったからこそ、今の皇室に対する素晴らしい感動と
崇敬の念が私たちに生まれたのだと思います。

こんな素晴らしい皇室の存在を世界の人たちは
羨ましく思っている筈です。

恥ずかしいスキャンダルばかり起こすどこかの皇室
は比べられたでしょうね。

最近は日本の皇室を見習っているのでしょう、
週刊誌ネタが減っています。

観光客が急増しているのもそうした魅力を感じたいと
いう思いがあって来ているのでしょう。

美智子様の美しさは世界の憧れでしょうし、
その霊性の高さが伝わっているのでしょうね。

お二人の出会いに奇跡的なものを感じますが、

美智子様に出会われた時、救い主が現れた・・・・
この人と一緒になれば天皇としての大任を果たせる
と陛下は直感されたと思います。


それほどに不思議なことがお二人にあったと思いますが、
美智子様の運命は子供の時から決まっていたようです。

カソリック家系で、聖心女子に行かれたのに洗礼を受けなかった
のは無意識的に何か将来の予感があったのでは。

子供の時から和歌を勉強され、童話をたくさん読まれ
日本武尊のために海に身を投じた弟橘比売命の行為に
愛と犠牲の心を感じられています。

この時から運命を予感されていたのですね。

「子供時代の読書の思い出」第26回IBBYニューデリー大会(1998年)基調講演
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/ibby/koen-h10sk-newdelhi.html

その弟橘比売命のお気持ちで美智子様は結婚後、皇室内での
ご苦労を乗り越えておられます。

それほどに奇跡的ななことが多々お二人にあったと思います。

皇室の和歌を詠んで思いを表現されるという高尚な伝統を学ばれ、
様々な社会の問題点について大変格調の高い歌を詠んでおられます。

新しい御代代わりの時に、私はもっと深く天皇皇后両陛下と皇室のことを
知っておきたいと熱い思い、3月21日には宮崎貞行先生にご講義を
お願いいたしました。

宮崎先生には『寄りそう皇后 美智子さま 皇室の喜びと哀しみと』
を著書があり、皇室の事は詳しく研究されているからです。

先生には天皇陛下のご相談される霊能者のことを書いた本があります。

『宇宙の大道を歩む--川面凡児とその時代』(東京図書出版)、
『天皇の国師ーー賢者三上照夫と日本の使命』(きれいねっと)、

新しい時代の始まりの時、浩宮様、雅子様を大切に守って来られた
天皇皇后両陛下のお気持ちを、じっくりと心に響かせる時間を
持ちたいと思いますので、ぜひご参加ください。

「美智子皇后のお歌を詠みあわせ・去りゆく平成を懐かしむ集い」

2019年3月21日(木・祝)
開場: 13:00  開演: 13:30~16:10
質疑応答 16:30~
参加費¥3000  (要予約)

宮崎貞行先生 プロフィール
昭和20年愛媛県生まれ。東京大学法学部、
コーネル大学経営大学院卒。 警察庁官房、パリのOECD、
内閣調査官等を歴任したのち退官し、帝京大学教授となる。
専門は危機に際しての行動科学で、 最近は未来を拓く
日本人の気品と気概の源泉を探究し続けている。

『アワ歌で元気になる 驚きのコトタマパワー』
『失われた奥義 縄文古道の よみがえり』 協力アマノコトネ  
『 隠された言霊の神 ワカヒメさまの「超」復活!』アマノコトネ共著

新春の集いのお話

1月14日 新春の集い

健康道場の道場主として、これまでお話しするのを
遠慮していたことはいろいろあります。

その一つは「気」についてです。

35年ほど前、ランニングシューズの底に貼る
ゴムを切ろうとして手が滑り、僕の左手の
人差し指は爪の下からカッターで切断しました。

すぐに救急車を呼んで、切断した指先を持って
病院に行きました。医者から「切断した指を糸で
縫っても繋がりませんよ」と言われたのですが、
「イイから縫ってくれ」とお願いしました。

そのころすでに私は気功をやってましたので、
「絶対生えてくる」と気の力を信じたのです。

1週間後に塗った指はポロっと落ちましたが、
微かに盛り上がった部分が残り、少しづつ
成長して、爪も生えてきました。

写真は現在の状態です。

気の力を実証しました。

左手の指


他にも医者が治らないというケガや病気を
すべて検査だけは受け自然治癒してきました。

ガンでも糖尿でも肺気腫でも治らないと言いますが、
治っている人はいくらでもいます。

これを治らないというのが西洋医学の知識です。

自分の体を一番よく知っているのは子供の時から
世話してきた自分自身です。

治るという直感が働けば治ります。勿論原因を探しだして
改善すべきことはして、日頃からの意識の持ち方次第。

肺気腫の原因はタバコだと分かっていましたので、タバコを
止めました。

食べ過ぎだと分かっていても。食べないといけないから
と食べ続ける人はいます。

生きていくのに一番大切なことは霊性と魂に対する
認識ですが、それが健康とどう繋がるのか。

生きる力とは何かを考えれば分かるはずです。

14日はそんなお話と、健康道場の主催者として
40年以上のやってきたヨガや気功、整体など
様々な健康法の指導者とお付き合いしてきて、
知っておくべき問題点などをお話ししました。

その他講演の内容の詳細はDVDを販売しておりますのでご注文ください。

1月8日 新春の集いの案内

☆ 新年明けましておめでとうございます。

亥年の私は72才になりますので働き過ぎないよう
元日からのんびりと過ごしております。

三が日はなんでも高いので避けて、4日から6日まで
伊勢周辺を歩き回ろうと思っています。

期待した南北の統一はありませんでしたが、
ネットを見ていると南は北に頼らざるをえない
ような状況ですね。

とにかく地球環境も含めこれまでとは違った新しい
ことが起こる期待に胸を膨らましています。

さて、サラ・シャンティですが、昨年まではゲストを
お呼びしていた新春の集い、今年何もせずに
のんびりしょうと思っていたのですが。

6回目の亥年72才を迎えるとなって、60才定年後は
働き過ぎたという反省が生まれ、

おかげであっという間に時間が過ぎ,なんだこの調子なら
120才もすぐ来そうだ。

何かもっと楽しいこと面白いことを始めてみようと、
スペインに行ったりと、色々この間起こっている事を
まとめてみることにしました。

阪神大震災から25年目の今、保江先生や矢作先生
の塾まで開講するようになり、何か大切な役目を演じている
わけですから、

人前で話すことが苦手な私ですが、そろそろ私自身が
伝えなければならないことを実践していく時期が来た
ように思います。

1月14日(月祝)新春の集い 
新時代をどう生きますか? 清水正博
午後2時より 午後7時頃まで  参加費¥3000

清水正博の「制御不能の神秘体験・「走りながら祈る」
で一番伝えたかった魂の働きについて、体験を踏まえ
若いころからの事を振り返りつつ、じっくりと古武道など
の実技を入れ、日本の型文化についてなど
お話したいと思います。

2部は5時頃からは新年会、懇親会として
皆様とともに新年の抱負を語り合えればと
思います。

軽食の用意をしますが、お酒を飲まれる方は
ご持参ください。

君民一体の霊性の時代  出会い68号 

 君民一体の霊性の時代  出会い68号 
                        
10月2日から10日までスペイン・バルセロナへ神戸との友好都市二五周年で市長の親書を持って行くツアーに参加しました。ヨーロッパに興味がなかった私ですが、世界平和を祈る創生神楽の表博耀さん、日ユ同祖論の権威で神戸平和研究所の杣浩二さんたちに誘われたので、転機到来かなと思い参加しました。山蔭神道80世の表博耀さんは3歳からお父様に修験道を教わり「縄文人は山伏で、里山に住んでいた、だから磐座も山の中腹にある」といったユニークな歴史観をお持ちなので、これはカタカムナと繋がるご縁と感じたのです。

さらに後日クルーザーで淡路島へ行こうと誘われ、着いた所はユダヤ遺跡があるホテルで、そこは失われた10士族が来ていた証拠になるヘブライ語で書かれた丸石やダビデの星が彫刻された指輪が発見された場所なのでした。杣浩二さんの日ユ同祖論の話を聞いた直後にこんな処に連れて来られるなんて神計らいでしょうか。その旅行の報告も書きたいのですが、スタッフ瑠璃さんのブログ「瑠璃の星」に詳しく写真入り報告がありますのでご覧ください。
 http://ruri87.blog18.fc2.com/

さて、予想通り面白いことが起こりました。スペインから帰った3日後、トリプルラブの原裕子さんにお願いしていた僕のハイヤーセルフの絵と解説文が届き、見てビックリ、なんとダビデ王なのです。
david.jpg


なんでイスラエルの王様なの?と思ったのですが、同日に武部正俊さんのブログに「ダビデの陵墓・神河町で発見」の記事がアップというシンクロが起こり納得。ダビデが生きていたのは紀元前1千年だから、これは縄文カタカムナ情報を発信してきた僕に日ユ同祖論との関係を気づかせるため、原裕子さんを通してダビデがハイヤーセルですよと教えられたのでしょう。

吉野信子先生や越智啓子先生、カタカムナ学校の生徒さんのイスラエル訪問、上森三郎さんが神河町でキリスト、マリア、モーゼなどの墓を発見、保江先生の冠光寺合気道とキリスト教の関係などキリストやユダヤ関連のお話が近頃本当に多いのでなんでや?と思っていたのですが、それはダビデの力が働いていたからでしょうか。実は2年前に吉野先生がカナダに行かれた直後から次はイスラエルですと言われ、一緒に行きませんかと誘われていたのですが、僕は学生時代にパレスチナ問題にも関わっていたので、イスラエルはちょっとと言ってお断りしました。

でもダビデが生きていた紀元前1千年からのユダヤ問題を考えるとなると、ダビデは縄文時代末期に来ていたことになり、とすると日本神話との関係が気になります。神道夢想流杖道の夢想権之助は鹿島神流の奥義を極めていますから鹿島の神タケミカヅチ、又はオノコロ島を作った天沼矛が杖の起源だと権之助は言っているから正勝吾勝アメノオシホミミになったかもしれないと思ってしまうのです。

保江邦夫先生も合気道の大家、矢作直樹先生も役小角の生まれ変わりのような方ですし、井上和幸先生はお能の大家ですから、古武道やお能やお神楽は縄文時代に生まれた型の文化なのだと思います。「走りながら祈る」で書いた極意も修験道や千日回峰行から学んだことですから、サラ・シャンティは古神道的身体論を学ぶ場所になり、宮崎貞行先生、志波秀宇(北一策)先生、佐藤敏夫先生が来られて夢のような古神道縄文史講座が実現して縄文カタカムナ文化塾となったのです。

宗教と科学が統合する時代を象徴するように矢作先生の健やか塾の講座では神道の「中今を生きる」が保江先生の素領域理論で解説されます。中今になるのは高次元に繋がる方法なのですが、私が『走りながら祈る』で紹介したことと繋がったのです。それは天台本覚思想の伝統ある比叡山回峰行や摩耶山大日不動の滝に伝わる行法だからです。祈ったり瞑想をして歩くことは、副交感神経の働きが良くなり有酸素機能の開発に役立ち、持久力を養うので長い時間働いたり運動できるようになるだけではなく、「諸法は皆空」である般若心経の世界に導かれて高次元に繋がる方法でもあったのです。

次元上昇とか高次元意識といっても分かりにくいですが、しかし意識が高い人と言えば高尚なことが好きな人などを云うのかもしれません。平凡社の『逝きし世の面影』を読むと江戸時代は大変美意識の高い優れた文化国家だったと、幕末までに来た外国人たちは詳細に本国に報告しています。江戸までに世界で最も進んだ高次元意識、美意識を持った文化を成し遂げていたのでしょう。それが私の場合、神道夢想流杖道の型稽古と出会い、江戸時代に発展した武士道の美意識を復活せよとの使命を与えられたようです。

もったいない、ありがたい、おもてなし、山川草木国土悉皆成仏の平和を祈る心、神人合一の心など日本独自の文化が生まれた縄文時代からの精神文化が蘇って欲しい、そんな気持ちでカタカムナに取り組んでいるわけですが、今年の平成から新しい元号へ変わる大切な時に、矢作、保江両先生が皇室の無事を祈願される大切なお役目を演じておられる、そんなお二人がサラ・シャンティで塾を開いてくださっているのです。

そのタイミングで徳仁天皇、雅子皇后様の時代が始まるのですから嬉しいですね。私の勝手な願望ですが、今年私たち夫婦は72才となり6回目の亥年ですが、現在58才の徳仁様が3回(36年)先の亥年で94才になるまで在位され、その時私は108歳になり悠仁様が48才で皇位を受け継ぐお姿を見ながら次の元号の時代を12年生きて120才で人生をまっとうする。そんな人生を楽しく夢見て、天皇の霊性の時代をしっかり生きるなんて想像するだけで幸せだと思うのですが、日本は贅沢な国だと思います。

 閑話休題 本の紹介 
筑波大学名誉教授 竹本忠雄さんの『天皇 霊性の時代 日本の真姿』 より。

表紙:  神武紀元も日本再興も宇宙物理学にかかわる科学的真実だった!
 一系の天皇の貫かれた「民利優先思想」と崇高な「皇道」実践がいま霊性の新時代を啓く!
P14 霊性とはなにか? 自己の心が「一であること」の高い性質、状態、さらに次元であるといえましょう。
    日本人はこの「一であること」の天才的民族でさえあります。
P18 万世一系は歴代天皇の連続性であるのみならず、日本文化の連続性の保証である。
    「天皇とは日本文化の統合である」三島由紀夫

以上、竹本さんが言われる「日本のルーツとは日本文明の役割を自覚すること」でカタカムナを学ぶ方に求められる姿勢で必須条件だと思いますが、この事は矢作直樹先生が多くの著書で述べられていることです。特に天皇の霊性については『天皇の国』、『天皇』、『天皇の祈りが世界を動かす』などを含め何冊にも書かれていますのでぜひお読みください。

歴史家トインビーの「神話を教えなくなった民族は100年続かない」という言葉のとおり、アメリカGHQの占領政策で日本神話は否定されキリスト教的文化がなだれ込み、3Sの性教育を植え付けられ、西洋的競争原理や物質中心主義に毒され日本の歴史や文化に対して否定的な考えを持つようになったのは残念なことです。2680年続いた皇室文化があるから明治維新以降の驚異的な発展があり、植民地解放、人種差別撤廃ができたことは誇るべきことですね。それは縄文以来の根源的伝統の持つ日本的霊性の「一なるもの」があればこそで、それに目覚めればどれほど豊かで前向きになれるか、そんな人生をめざしている私からすれば本当に勿体ないことです。

60才を過ぎるまで古事記なんて読んだこともなく神話の神々の名前も知らなかった私が熱い愛国心で自分の国の事を語れるのは、六甲という土地に育ったおかげでカタカムナに出会い、縄文16000年の深い歴史を知り、神話がいっぱい詰まった神社やお寺が点在している日本という国に生まれ育ったおかげだと思います。そこに君と民の皇室文化の根源的伝統、太初の霊性「一なるもの」があったのです。ですから第126代徳仁天皇が世界中の人から受ける期待を背負ってご活躍されるお姿を拝見しながら同時代を生きていけることは大変ありがたいことだと思うのです。

私は20才くらいまでアメリカ人もビックリするほどのアメリカかぶれで、バンジョーやフィドル、ギターを弾いてフォークソング、C&W,ブルーグラスを歌っていました。その後キューバのワンタナメラが十八番になりました。そんな欧米文化一色の教育を受けた私でさえも、知らぬ間に日本文化の持つ底力や美意識がしっかり育てられていました。日本文化の底力が埋蔵された日本語には美しい言葉が一杯あり、それが美意識を育てるのでしょう。矢作先生も『世界一美しい日本のことば』を書かれています。その言霊の力やカタカムナのウタヒを唱えると病気が治るという不思議なことが次々に明らかになって来ています。

私は美智子皇后様の婚礼の時からずっと好感を抱いてきました。勿論テレビや週刊誌などの中傷記事などで気がかりなこともありましたが、その苦難を乗り越えられるお姿をずっと見ていてお慕いするようになりました。そんな思いは日本人なら誰でも持っていると思うのですが、そうではない風潮があるのは残念なことです。明仁天皇と皇后美智子様も大変霊性の高いお姿で素晴らしい御公務をされてきて、お二人を慕われる皇太子様、雅子様も素晴らしく高い霊性をお持ちですので大変期待をしています。
今ビッグコミックから『昭和天皇物語』が3巻まで発売されています。監修はサラ・シャンティでも講演して頂いた志波秀宇(北一策)さんです、ぜひお読みください。涙がでるほど感動的ですので子供たちの必読書になって欲しいです。第1巻はネット上で無料配信されています。

昭和天皇は太平洋戦争で大変なご苦労をされましたが、世界の人種差別をなくし植民地を解放した偉大な功績を残されました。平成天皇は戦没者や被災者の多くの霊を慰められ災害地を見舞われました、次は南北朝鮮統一、ロシアと平和条約を締結して4島が返還されることになればと期待しますね。いや、この会報が皆様に届く時にはすでに南北朝鮮が統一されているかもしれません。というのは保江邦夫先生が11月の講座でそんな予言があると話されたからです。 10月に韓国へ行かれた先生は半年前に夢で見た場所に導かれ、そこで仏像に出会ってそこは古代朝鮮王朝の御陵があった場所と分かり、先生はそこで卦をみたら、「吉備真備の御陵」だと出たそうです。

そこは以前に行かれた岡山の天皇の御陵と同じ雰囲気の気がゆらゆらと満ちていることに気づかれたのです。さらに陰陽道の卦を引いたら、「12月の末に南北朝鮮が統一する」と出て、さらにその時、流れ星が流れ卦の実証が示されたのです。ホテルに帰ると、一緒に行かれた僧侶様たちがロビーにおられたので、その事を伝えると、僧侶様は「南北の統一を実現するのは宗教の力を借りないといけません。キリスト教と仏教の僧侶たちが連携して38度線超えれば・・・・・・」と言われたと。その僧侶様は何年か前から北と南のお寺に行かれ、昨年はローマ法王に会われたそうなので、もしかして本当に統一が実現すれば保江先生の予言は凄いことになります。先生の名古屋のご友人の霊能者も12月末に世界の人が喜ぶことが起こると言っているそうです。

『天皇 霊性の時代』p64からの引用
1989年ゴルバチョフがヴァチカンにヨハネ・パウロ二世を訪ねて1時間話をしてペレストロイカ実現に踏み切った、と書かれています。私の勝手な想像ですが、近頃のキム・ジョンウン第一書記は別人のようにニコニコ顔になりました。南北朝鮮が一つの国になることは、政権を受け渡して自由化する覚悟をしたことになります。それによって多くの国から資本が導入され、様々な産業で企業がうまれ、生活のレベルがあげていく取り組みが約束され、ジョンウン氏も組織の高い地位でも約束されたのでしょうか。だから2年前のミサイル発射をした時とは別人のような顔になりました。

保江先生が吉備真備の霊に呼ばれたのも、ご皇室のお代替わりを無事に成就するためだったのでしょう。吉備真備の霊を日本に連れて帰り、ご自分の郷里岡山にある真備町に行かれ、そこでは離れてくれないので、隣の矢掛町にある吉備真備
が育った場所にある公園まで行ったらやっと離れたそうです。こんな風に保江先生は日本の神々からメッセージを受け取って世界平和のために大変なお仕事をされています。この会報が皆様の手に届いた時、果たしてどうなっているでしょう。もし何も起こってなければお忘れください!

先生は赤穂藩の播磨陰陽師の芦屋道満の家系だそうで、浅野家がお取り潰しになって岡山に引っ越して名前を保江に変えたそうで、子供の時からおばあちゃんから陰陽師や柔術師の教育を受けて育ったと言われています。ですから合気道の素質やUFOのことは天性の才能をお持ちだったということ、ガンになっても天使が現れルルドの水で治癒され、量子力学で保江方程式を発見され、ノートルダム清心女子大の渡辺和子学長から招かれたり、スペインのモンセラート寺院の修験者と出会ってキリストからの使命を授かるなどと、不思議な体験の本をたくさん書かれることも、皇室をお守りする大役を演じられるのも血筋だったのでしょうか。

保江先生が6年前に出版された『伯家神道の祝之神事を授かった僕がなぜ』で書かれたように、明治天皇まで受け継がれた伯家神道のハフリ神事が皇室で継承されなくなり、その後継者には物理学者が良いと指名されたそうです。そして後継者のお役目を引き受けられてから、日本神界よりの啓示を受ける霊能者たちと一緒に皇室をお守りする運命に導かれ、不思議なことがいっぱい起こるようになられました。こんなタイミングで保江先生の年間全9回の講座が開催されたサラ・シャンティも不思議なところですね。

スペインのモンセラート寺院で荒行(=合気道に相当)をしていたエスタニスラウ神父様はイエスから日本へ行けとの声を聞いて、広島の山中に隠遁しておられた。そこへ保江先生が訪ねて行き、荒行を授かった。 しかし最近ある女霊能者に言葉が下りて「エスタニスラウ神父はキリストから与えられた使命を果たさずに帰国されたから、保江先生が授かっている教会の十字架を伊勢の八咫鏡の光と熱田神宮の天の叢雲剣の光を授かり、白金の部屋で皇室に向けて祀れ」とのご宣託を受け、そのとおりのことを果たされています。

保江先生は麻布の茶坊主から大学退職後には東京の麻布あたりに住むと予言され、その通りの事が起こって白金に素敵で家賃も手ごろなマンションが見つかりました。そこは皇居の南西の鬼門で、そこに引っ越すと歩いて20分の所に明治天皇をずっと助けてきた伯家神道の最期の学頭だった高濱清七郎のお墓があったのです。さらに安倍晴明の生まれ変わりの高校生が訪ねてきて、保江先生が皇室をお守りするために白金の家が与えられたのだと伝えられ、その直後に富士吉田へ行くことがあって、霊気を感じて立ち寄ったところに安倍晴明の師である泰山府君大神の霊を祀った石碑や廟に出くわした。

と言った盛りだくさんの不思議なお話が、先生の昨年末に出された新著『神代到来』に詳しく書かれていますので是非お読みください。とにかく保江先生がどれほど凄いお仕事に取り組まれているかお判りになったとおもいます。韓国での吉備真備のお話は昨年11月の第8回の講演です、平成30年度全9回のDVDもセット価格販売しますのでご注文ください。

私は昭和天皇が亡くなられた時は皇室のことに関心がなかったのでこんなに緊張しませんでした。しかし今回は世界中で日本人だけしか体験できない偉大な祭祀国家に生まれ住んでいるという現実に気づき、昭和・平成という激動の時代を生きてきて、新しい霊性の時代の胎動を感じ取る節目を迎えることができるのです。

GW10連休は平成天皇が退位される4月30日、皇太子様の即位される5月1日に世界から注目が集まり、10月22日「即位礼正殿の儀」、11月14日・15日の「大嘗祭」が終わるまで、大きな天災や人災が起こらずに何事もなく平安であってほしいと願う気持ちが湧いてきます。南北朝鮮統一、ロシアとの平和条約が締結され4島返還、のみならずアジア全域、そして世界中が平和になりますよう、君と民の祈りが一体となる時代の到来を期待したいと思います。

以上のように31年も保江先生と矢作先生の塾が始まりますが、3月21日は宮崎貞行先生の著書『寄りそう皇后 美智子様』を使って美智子妃の格調高い秀歌に表現されていますお歌を響き合わせ、平成を懐かしむ集いを開催いたします。新たな「時代の節目」を迎え、新しい時代の到来を感じさせる今回のお代替わりにより、失っていた日本の霊性が復活し、日本の真の姿が現れることを期待したいと思います。
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター