fc2ブログ

サラ・シャンティ通信 4・5月号


サラ・シャンティは今年4月で26周年となりましたが、コロナ禍の2年間も影響をほとんど受けずに平常通りの運営をおこなってきました。逆に567は弥勒の時代への誘いと理解し、新たな使命を抱き縄文カタカムナ文化史の普及に力を入れたいと張り切っております。

そして4月3日は創世神楽の世界で活躍される山蔭神道第80世宗家の表博耀さんに修験道時代から見る日本史を語っていただきました。表さんとはお神楽奉納の合唱隊員として4年前10月にバルセロナとモンセラート寺院へ、3年前10月はバチカンとフィレンツエへ行き、素晴らしい聖地でのお役目を演じることができました。

4月10日はアンデルセンに通って不思議な能力が開花した密本修一さんのびっくりマジックを披露して頂き、彼の縄文人らしい直感と感性を育てる生き方について語っていただきました。

4月24日は琉球温熱療法で難病を自ら克服して目覚め、不思議な能力を開花された屋比久勝子先生に高齢化時代のための独自の健康法と栄養摂取についてお話いただきました。

5月1日は宮崎貞行先生の講演が実現し、演題「宮中の開運占い・フトマニ法を学びませんか」とホツマツタエ、ミカサフミ、フトマニによる言霊学の不思議な秘術や縄文カタカムナの世界に通じるお話がありました。宮崎先生は「議員立法支援センター」のホームページにより拉致問題、竹島問題、国土の管理、憲法改正、危機管理の対処、緊急事態の法律の提案をされていますのでご覧ください。 https://rippou.jimdo.com/

天皇陛下は4月23日に第4回アジア・太平洋水サミットで日本神話から自然とかかわる水のお話をされましたが、大変お元気そうでした。コロナ禍から政府はワクチンを3度も国民にすすめていますが、副反応や副作用で死人も出ているというのに何の責任もとらず、さらに政府は4回目6億回分を前払いで購入したという恐ろしい政策を実行しています。陛下も打たれていると思うと心配ですが、どうなることでしょう。

5月9日は保江邦夫先生のお笑い真理塾第4回がありました。今回はいつもと違いCDプレーヤーで歌を聴くという雰囲気のお話会となりました。先生が夢の中でサラ・シャンティでの講演をしている姿を見て、7人の秘書との関係について悟らされたこと。それは先生が毎月通われているゴウシャの治療院のある前橋市に行く途中でトワ・エ・モワの「虹と雪のバラード」が聞きたいと思ってCDを探しまわって見つけても、すぐに聞き飽きてしまい、次に導かれるように店に入り「みんな恋した歌謡曲青春篇」を買って、その9番目の中村雅俊の「ふれあい」の「何げない心の触れ合いが、幸せを連れてくる」の歌詞が心にズシンと来て、7人の秘書との繋がりを歌っていることに気づいたとのお話でした。

ここでサラ・シャンティが生れる時に体験したサイババのお話と繋がったのです。私は震災のあった年の10月頃になぜか山内光雲という霊能者が過去性を語ってくれる会に参加することになり、そこで私は「近い将来あなたは7人の女性と世界に虹の橋をかける仕事を始める、勿論7人の女性の中心は奥様です」と言われたことです。実際にその通りの不思議な活動を続けることになり、このことは拙著「走りながら祈る」に詳しく書きました。6年前に保江先生との出会いが実現し、塾が開催され年間11回も来ていただいていますが、先生に7人の秘書がおられるのは一体どういう事かと不思議に思っていました。それが今回、先生も神様から与えられた「世界に虹の橋を架ける」という天命を演じておられ、そのお手伝いをさせて頂いている事が分かったのです。

そんな素敵な講演のDVDが出来ております。代金¥4000(送料込み)ですがご希望でしたらご注文ください。


これからの25年、縄文カタカムナ精神の復活に命をかけよう。

サラ・シャンティ創立26周年

正に東経135度がエネルギーラインになっている事を実証した25年間でした。

次の25年は縄文カタカムナ精神復活にかけます。

その第一弾が表博耀先生(古神道家)の講座が4月3日開催され、素晴らしい始まりとなりました。

題して
「今、神代の因縁を開く
・古事記や日本書紀に書かれてない日本の裏歴史
・明治維新に秘められた真実
・世界の終末を超えるための日本人の役目
岩戸が開きで「弥勒の世」がやってくる!」

50名近い参加者が全員マスクなしで参加されるという意識の高い人達の
集まりになり有難いありがたい事でした。

ズームが上手くできなかったので、VIMEOで送らせていただきましたが、
2度目でなんとか見て頂きました。DVDをご希望の方はお申込み下さい。

サラ・シャンティは5年前から縄文カタカムナ文化塾を名乗り、
昨年には天野先生を塾長になっていただき、
猿田彦さんの全国発信でカタカムナ講座が展開が始まりました。

マスクやワクチンなど健康を害する事を忘れて楽しく有意義な
日本の誇りを取り返す縄文精神
復活のイベントを開催しいていきたいと思います。


4月10日はは密本さんの不思議な超能力を見せてもらって、
精神世界の研究の大家である小笠原さんと清水とで、
超能力や神秘的な力のお話を盛り上げたいと思います。

サイババ守護霊団の力が最近活発になっているといわれ、
その不思議な力が密本修一さんにも起こり、超能力が
開花したのではないかと思われます。


縄文時代の人は生活のために不可欠な道具としての超能力が自然に備わったようです。


遠くを見たり細かい色を見分けたり、遠くの音や自然に耳にするすべての音を聞き分けたり、臭気を
嗅いだり感じたり、獣や鳥たちと心を開いて感覚を錬磨して研ぎ澄まされた感性、直観力が備わった。

今日のネビルさんの武学の講座では、頭脳より肉体の方が大切なことを、侍の礼法として教えて
頂きました。

合気道や杖道などで伝えている事と一致します。

これらは縄文人はカタカムナ人でもあり私たちのご先祖様の神々から伝えれれてきたことです。

日本の文化は縄文以来の伝統がある事を忘れ、その誇りが失われようとしています。

でも今その力を復活せよとの使命を頂く人が現れるようになりました。

第2弾の4月10日は密本さんの超マジックを見せていただき、精神世界の研究家・小笠原さんの
お話を聞かせていただきます。

ズームでも聴講できますので、ホームページよりお申込み下さい。

https://salashanti.info/blog2022.html#20220410

イベント申込み
https://salashanti.info/mailform/index.html

4月11日は保江邦夫先生のお笑い真理塾

4月17日は天野成美先生のカタカムナ講座中級後期

4月24日は琉球温熱の屋比久勝子先生の講座
 「感染症に負けない免疫力の上げ方」
https://salashanti.info/blog2022.html#20220424

5月1日は宮崎貞行先生の講座
宮中の開運占い・フトマニ法を学びませんか?
https://salashanti.info/blog2022.html#20220501

と続きます。

DS支配の深まる時代を生き抜く知恵を皆様と共有していきましょう。



サラ・シャンティ 3月号

サラ・シャンティのカタカムナ講座が素晴らしい展開になってきました。天野カタカムナ講座中級編の後半が20日に始まり、27日に絵本「カムミちゃん」の出版記念講演があり、天野先生と天龍寺マコト先生との対談が実現したのです。

天龍寺マコト先生【三枝誠】は整体の世界の第一人者で、初診料は大変高額ですが、1度で治してしまうという有名人に人気のカリスマ整体師です。さらに植芝流合気道の達人の塩田剛三の弟子でした。そんな方ですからカタカムナ(宇野多美恵・楢崎皐月)と出会うように導かれています。羽賀ヒカルさんのyoutubeに沢山出演されていますが、次のサイトもご覧ください。
*ほぼ日刊saegusaTV https://www.facebook.com/ryuseimakotosaegusa/#_=_
*日本人協会  https://nihonjin.or.jp/youtube/

私も若い頃から気功、ヨガ、野口整体、大東流柔術、神道夢想流杖道との運命的な出会いがあり、体力をつけるためにトライアスロンに打ち込み、定年後は陶芸家になろうと工房も持っていたのに、阪神大震災がきて自宅は壊されビルを建てることになり、道場を作ろうと決めたら、不思議体験が数多く起こりサラ・シャンティが生まれました。カタカムナに導かれる流れが生じたのは、子供の時からずっと遊び場としていた六甲山に祀られる神々、瀬織津姫、菊理姫、空海、役行者、聖徳太子に見守られていたのでカタカムナに導かれたのでしょう。

天野先生も不思議体験を一杯されています。先生は子供の頃から複雑な家系の中で育ち、自立することを子供の頃から考えて19歳から中国広州交易会へ紫檀家具などの買い付けに行かれたのです。その後多くの事業を立ち上げるという実業家の道を選ばれたのです。23歳で結婚されて生まれたお子様の難病を霊能力のある治療家に治してもらい、それから15年近くご自身も治療法を学ばれ不思議な能力を得られた頃に宇野多美恵さんを訪問するように云われ、カタカムナに出会われたのです。正に神秘的な導きの出来事ですね。

天野先生はカタカムナの神様は遊び好きだといわれます。僕は子供の時からお人好しな私を親が心配していましたが、大人になっても人の世話をするのが好きで誰も引き受けないことを引き受けます。古武道の会、トライアスロンクラブや県の協会の役員や世話役をして事業を企画し、会報や案内を作りもして、遊びの達人だと云われました。

こうした遊び上手の体験のおかげで、パソコンや発信することが得意になり、それがサラ・シャンティの仕事になった訳ですから、カタカムナ神のおかげなのでしょう。祭りが好きの日本人はだからバレンタインやクリスマスも日本文化の一部にしてしまう。天津神国津神八百万の神々と人が一体だから和の精神を大切にする国なので、磔にしたり生贄を求めるような宗教国との違いです。世界の人たちが憧れるのは、こうした点から生まれてくる日本文化の特性なのだと思います。

すなわちカタカムナ的な生き方をしている人が神様に選ばれているのでしょう。カタカムナの神々は自然治癒力を高めたり、体を癒したり、超能力や物質化現象を起こす人、奇跡を起こす人を見つけだしています。そんなカタカムナ人がサラ・シャンティに集まってきます。そんな時にコロナ禍が起こり、世界中が携帯を使ってテレワーク、モバイルワークという電子器械の時代になってしまい、どうしょうと思っていました。

そこに猿田彦TVという若者に人気のyoutuber横山航宜さんが現れて、天野成美先生の講座を全国配信してくださるという展開が生れました。猿田彦さんは古事記、古神道の世界にも詳しく、磐座、縄文遺跡巡りが大好きなので六甲山と甲山の磐座を案内することになり、その直後に五島列島野崎島の王位石を見に行きました。同時に私も大変影響を受けた頭山満、出口王仁三郎、中村天風の思想を研究されていて、正に神がかり的展開でカタカムナを世界に紹介していく同志が登場したというビックリな展開となり、次々と面白い出会いが生まれたのです。「つづき」をお楽しみに。
 清水正博

湯川秀樹、保江邦夫と続く量子力学と古神道

猿田彦さんから湯川秀樹先生が影響を受けた三浦梅園
のことを教えてもらった。

梅園は1723年9月1日生まれの江戸時代の思想家、
自然哲学者、本職は医者で豊後国大分国東の出身。

三浦梅園は子供の頃から天地自然の裡に疑問を抱き、
独学で天文学を学んだ。三度の旅をした以外は、
国東半島を離れることはなく、医業の傍ら黙々と
思考を続け、生涯を終えた。

湯川秀樹は三浦梅園の旧宅を訪ね、「もし梅園に出会わ
なかったら、私はノーベル賞をもらえなかっただろう」
と言ってるそうだ。

さらに明治には長岡半太郎が登場し、全てのものの元となる
原子の構造を世界で初めて発表した。研究に地球物理学、
原子構造論などがあり、理論の基になっている説が、
「ラザフォード原子模型」となり、ニールス・ボーアの
原子モデルの原型となる理論を提唱した長岡半太郎が、
ノーベル賞候補に挙がることはなかった。

長岡半太郎は大阪帝国大学が開設されると初代総長となり、
理学部を作り、後に湯川秀樹博士や朝永振一郎博士など
を教えています。ノーベル賞を受賞できるのは日本人
が多いのは、日本の土壌にカタカムナ文化の伝統が
あるからでしょうね。

サラ・シャンティで開講している佐藤敏夫先生の「神の数学」
では、日本神道は宇宙神道であると説かれ、古神道の奥義祝詞
「ひふみよいつむななやここたり」の意味は「カンナガラの道」
で天地の摂理の真実を明かしている。

九九算は日本にしかない、「ひふみ天地の数歌」と「アイウエオ
五十音図」は双対の祝詞であったと説かれています。
http://blog.livedoor.jp/rokkosalasanti/archives/70648847.html

「先代旧事本紀大成教」の「神文伝・カミフミコトトギ」には
「その言は「数」にあり、しかも数の道は理を含む。その理は
玄(ふかき)をたもちて在り。然し、人はこれを知らじ」

NY工科大学教授の馬野周二著「人類文明の秘宝「日本」」に
「古神道の中には大いなる哲理が収められていて、それは近代
物理学を先取りし。さらに進んでいるものがある。古代日本人
の思想は実に不思議である。3000年前に何故彼等はあのような
物理学的世界観を整然とした幾何学的構図の中に収めることが
出来たのか、どうしてそこから千古比類のない人凛と政治哲学
を引きだすことが出来たか・・・!?」とあるそうです。

カタカムナと古神道講座は林秀臣、土居正明、稲田芳弘、大下伸悦、
昌原容成、志波秀宇、吉野信子、天野成美の展開が続いているが
1月11日新春の集いでの保江邦夫先生のカタカムナのお話が
ついに湯川秀樹先生の素領域理論と繋がるという凄い展開に
なったのも必然だったのでしょう。

こうした素晴らしい展開について、4月9日木曜2時からの
「縄文カタカムナしんしん道」講座で詳しくお話いたします。

五島列島の王位石と隠れキリシタン

五島列島の王位(おうえ)石という不思議な磐座へ突然導かれ、行ってきました。その報告です。
いったい何のお役目があるのか分からなかったのですが、とにかく縄文カタカムナとご縁がある気がしたのです。

王位石のある野崎島は五島列島の小さな島ですが神道の聖地として王位石を守る沖ノ神嶋神社の神官と氏子しか人が住んでなかった島で、2001年に神官の家族が離島して無人島になり、寂れてさらに人が行かなくなっています。

古来より野崎島全体が神道の聖地として五島列島一円の氏子から崇敬されていたのは王位石があるからでしょう。すなわち神聖な磐座(イワクラ)として大切にされてきたことが分かります。704年に神社が建てられ、最近まで守られてきたわけです。

この島には19世紀中ごろに隠れ切支丹が氏子として神道の聖地に移住すればキリシタンとして疑われる可能性が低いと考え野崎島に移住したと言われています。

島の中心部に位置する野首集落と南の端にある舟森集落には隠れキリシタンが移住の適地として選んで、神社の氏子としてひそかに住んだようです。
http://kirishitan.jp/components/com008

1974年9月29日のスペインのモンセラート寺院のエスタニスラウ神父がなぜか野崎島の舟森に来て隠遁生活を始めました。

五島には隠れキリシタンが住む島が沢山あるのに、なぜ野崎島を選んだのか不思議ですが、王位石の持つ聖なる力が神父を引き寄せたのでしょうか?

2月に大分の猿田彦さんこと横山さんを六甲山の磐座に招いたことから、王位石を見に一緒に行きましょうといわれ、調べると野崎島はエスタニスラウ神父が住んでいた所と分かり、これは行かねばと興味を持ちました。

五島列島が世界遺産になったのも隠れキリシタンの歴史的な地域だからで、なかでも野崎島は現在無人島になって鹿が400頭も生息しているなど興味を持ったのです。http://ojikajima.jp/nozaki

野崎島に着いたら、崩れて放置された神社があり、台所や家財道具が散らばった状態の廃屋が並んでいました。世界遺産になると手を付けず放置しないといけないのだそうで、一升瓶やビール瓶も転がったまま。

文化遺産を大切にするのが目的なのに、世界遺産になると逆にゴミだらけになるのですから、呆れたことです。

宿泊する野首の方へ歩いていくと、鹿がいましたが、人間を警戒して逃げていきます。人がいた時には鹿狩りがあったからでしょうか。

野首集落に着くと小学校が自然学塾の宿泊施設と利用され、現在足場が組まれ改装工事中で、ここは綺麗になるようです。近くに野首教会があり、東向きの場所ですので、明日朝ご来光を見てお祈りをする事にしました。

翌朝6時に起きてご来光を待ちましたが曇りでした。8時に出発して沖の神嶋神社へ向かいました。

前日の雨で落ち葉が滑り歩きにくい道のりで大変でした。2時間半近くかかって10時半に到着し11時からのご神事に間に合いました。そしてもう一人の猿田彦武部さんが解明したミロク魔法陣の形になって5、6首を何回も7首を3回、アワ歌と君が代を謡いました。

沖の神嶋神社も放置されたままで天井が落ちて、壁も床も剥がれ、神具もほったらかしで人が住んでいないとイノシシが入り壊すのでいずれ廃屋になることでしょう。

遣唐使の航海安全を祈願し700年代に造られた向いの小値賀島「地の神嶋神社」から神主が沖の神嶋神社に向かってお祈りしてるとのことですが、立派な神主屋敷は管理されているのに、神嶋神社は放置したままで、潰れても気にならないのですから呆れます。
P1030444.jpg
P1030532.jpg
P1030543.jpg
舟森集落跡5
王位石正面
王位石の裏
神社の中は荒れ放題

王位石神嶋神社から200m下にボートが停泊できる場所があるのですから、観光客のガイドはいるのに月に一度は掃除でもすればと思うのですが。

野崎島は小値賀島の17の島の一つとして管理地域ですが、宿泊施設も教会も旧神主屋敷もしっかり管理しているのになぜ大切な神の遺産の王位石の神嶋神社を放置しているのでしょう。

野崎島がキリスト教関連遺産となったのは王位石のおかげですから、今も多くいるキリスト教徒にとって神嶋神社は大切な場所の筈です。

野首と舟森のキリスト集落跡はなにも残っていないのに、スペインのモンセラート寺院のエスタニフラウ神父がわざわざ野崎島の舟森集落を選んで住んだというのも、放置されていることを懸念した神様の意志だったのでしょうか。野首の自然学塾の塾長さんにこの問題をお話すると、同じ思いを抱いておられましたので、安心しました。

小値賀島は、旧石器時代 3,縄文時代16,弥生時代18,古墳時代11の遺跡が発見されている古い文化のある島で、神功皇后の三韓征伐や空海、最澄も来ているという大変歴史的にも伝統のある場所ですから、王位石のある神嶋神社と小値賀島の地の神嶋神社が大切に祀られ、歴史的に重要な役目を演じてきたことが想像できます。

今回、猿田彦さんが天啓を受けて王位石の声を聴き、私たち7人が野崎島へ訪れたのも、王位石という磐座の存在を日本全国に知らしめる使命なのだと思います。

解説: エスタニスラウ神父が五島列島の野崎島から来て、広島の三原に住んでおられた時に、保江邦夫先生が訪ねて行かれ、神父からモンセラート寺院に残るキリスト活人術を伝授されたという不思議な体験をされています。



20歳の時にメキシコでピカソの絵に出合い、バルセロナに行かねばと思っていましたので、モンセラート寺院にも行けるツアーだと知り参加したのです。

その旅から帰国した時、私のハイヤーセルフの絵をお願いしていた人からダビデの肖像画が送ってきてビックリしたのです。神戸にサンビルダーというビルを70棟近く持っている杣浩二会長は日ユ同祖論研究の大家で、イスラエルの高名な学者と研究されており、バルセロナへ一緒に行きました。

私たち現在の日本人の40%がユダヤ人だと言われておるそうですので、それなら聖書に登場するダビデやモーゼが私たちのご先祖様であっても不思議ではないと思ったのです。

最近六甲近辺に不思議なお店や人が集まってきています。その中の一人にテラファイトという健康器具を発明された上森さんの会社が六甲道の下にあります。

日本に多くのユダヤ人が来ているという事実を証明するようにキリスト、ダビデ、マリアの陵墓が神河町に野末自然学塾の塾長 前田さんあるという発掘をされており、本も多く出版されています。
                                                 
阪急六甲の山側すぐ上に佐世保のアンデルセンよりスゴイ超能力の物質化現象を見せてくれるBirdieというお店があります。先日明窓出版から保江とBirdieさんの共著「スプーンはなぜ曲がるのか?」が出版されました。

こうしてサイババのような不思議な人たちが集まってきて、サラ・シャンティ周辺が賑やかになってきました。

3月26日(金)2時から「しんしん道講座」を久しぶりに開催します。保江邦夫先生や天野成美先生のカタカムナの内容と私の体験の不思議な共時性や共通点、そしてカタカムナ的な生き方などについてお話したいと思います。
参加費¥2000です。
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
戦後70年、封印されていた日本人の意識を目覚め、世界の期待に答えるために、高天原の神々からの波動を受けた人々が活躍する時代となりました。そして縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎が次々に明らかになりつつあります。天命を抱いてサラ・シャンティに集われる講師の方々をご覧いただければお分かりになるでしょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
若い頃からメキシコやキューバに出かけたり、古武道との出会いから気功やヨガ、トライアスロンとエスカレートして得た不思議な体験から、なぜサラ・シャンティが生まれたのかを語る自叙伝です
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター