スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保江先生のこれからの使命が語られた

愛子さまの「世界平和を願って」という卒業文集が
宮内庁より公表されました。

全文は次の通り(表記は原文通り)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032200482&g=soc

この文章に対して北一策先生が次のように
語られています。

「この表現力は、中途半端なものではない。

 優れた文筆家が代筆できる代物では断じてない。

 タイムスリップして、その刻、その現場に存在できた
 かのような、特別な匂いと雰囲気を持っている。

 最近、創作物語をいくつもいくつも読まされ、
 文章から人間を嗅ぎ取る能力が落ちたと感じていたが、
 これは違う。とつぜん愛子さまが目の前に出現し
 語り始めたかのような衝撃を受けた。

 彼女はもしかすると黒田家に嫁がれた清子(サーヤ)様を
 超える霊能力者なのかもしれない」

~・~・~・~・~・~・~

愛子さん、雅子さん、そして皇太子殿下の写真の
お姿も素晴らしいですね。

何か吹っ切れた感じがしません?


この事と保江先生の言動と不思議に繋がってくるのです。

保江先生はこの3月でノートルダム清心女子大学を
退官されます。

お世話になった渡辺和子理事長のご葬儀の後、火葬場に
行かれてお骨拾いの時、「もう岡山にいなくていいよ』
との声をきかれたそうです。

この保江先生の運命の大転換のタイミングで
サラ・シャンティの連続講座が始まりました。

そしてなんと、その保江先生のおもしろ真理塾の第2回
3月13日は号外編となり、4月3日に次元転移が
起こるお話しをしていただけたのです。


3時間近いお話しですので、DVDをご覧いただきたい
のですが、それは地獄のシステムから天国のシステムへと
転換し、様々な問題が解決していくというお話です。


保江先生がこの3月で退官される、その転機に
神様はいったい何を企んでいるのでしょう。

天国のシステムに切り替わり、世の中のややこしい難題が
解決していく平和な時代が到来するといわれるのです。

そのシステムの詳細がまた凄いお話なのですが、

そんな天国のシステム到来を期待するワクワク感を
いだいていた時に、上記の愛子さんの文章が公表された
のですから、これは来たぞと思ったのです。

これは皇室からの素晴らしいメッセージですよね、

世間で流れる愛子さんの変な噂がぶっ飛んでしまう
内容だと思いますが、いかがでしょう?

北一策先生は、以前からサーヤは素晴らしい霊能者だと
言われてましたし、皇太子浩宮殿下の祈りの力も凄いと
聞いてますので、サーヤ以上だといわれる愛子さまも
加わって、保江先生の言われる天国のシステムが
生まれるのかもしれません。

愛子さんの「世界平和を願う」文章がこの時期に書かれた
と言うことと、このタイミングでアワ歌が全国で唄われる
ようになって来たのも意味深いことですね。

歴史家の梅原猛さんが言われるように「教育勅語」は
国家主義的で好きではありません。

この原理主義的な内容を子供に教え、教条主義的な
教育をしていることに疑問を抱かず、

都合が悪くなったら、罵りあって喧嘩する
愚か者たち。

何度、こんな過ちを繰り返すのでしょう?

だから大いなる存在は天国システムの採用で
こんな不幸な問題が起こらぬようにと
決断されたのか。

4月3日0時には次元転移が起こると言われる
その前日の

4月2日には真言宗の観音寺住職の東義輝阿闍梨様(99歳)
に来ていただき、「真言密教の極意と世界平和」のお話を
聞かせていただけます。

東 義照 (あずま ぎしょう) 様とは
大正6年12月生れ 九十九歳
真言宗大覚寺派観音寺名誉住職(阿波国)
真言宗大覚寺派阿闍梨
http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20170402

開場 13:00  開演 13:30~16:10
質疑応答 16:30~   参加費 2000円

高野山中学卒業後直ぐに幹部候補生となり、
1938年 20歳で満州を守る関東軍に派遣される。
1939年ノモ ンハン事件が勃発、119部隊第3中隊戦車
燃料輸送隊 の隊長(著書あり)となる。

「水無し、弾無し、眠り 無し」で九死に一生を得て、
45年3月帰国し、

原子爆弾投下の情報を掴んだ軍部は皇居の防空壕の強化
にコンクリートで5~6m積み重る指揮を執る。
本土決戦作戦遂行の為、千葉九十九里浜等へ視察に行く。

8月9日昭和天皇が参席する終戦の御前会議にも出られた
迫水久恒氏とも親しくされていた。

戦後戦犯を免れた後、徳島に帰り社紋が菊御紋である
観音寺(創建、祈親上人)46世住職となる。

昭和50年から昭和56年の6年間、嵯峨大覚寺財務部長
として活躍する。

当時の寺の 借金約30億を6年間で全て変換する。

又歴史学者の中村直勝先生を招き大覚寺
文書を創り上げる。

以上、大変な運命を背負って来られた99歳の阿闍梨

戦中、戦後の貴重は生き証人からどんなお話が飛び出すか
ご期待ください。

天国のシステムに切り替わる、こんなタイミングで
来ていただくのは何か意味深いメッセージを
いただけるのでしょう。

お申込みはメールでお願いします。

~・~・~・~・~・~・~
この天国システムについて保江先生第2回号外編の
DVDも出来ていますので、ご希望の方は
ご注文下さい。

スポンサーサイト

保江邦夫先生退官記念講演・祝賀パーティ開催のご案内

ご縁の深いみなさまへ
保江邦夫先生退官記念講演・祝賀パーティ開催のご案内

拝啓
早春の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、この度、保江邦夫先生が 35 年の長きにわたりご教授されてこられた
ノートルダム清心女子大学を定年退官することとなりました。

退官されるにあたり、保江先生の長年のご苦労をいたわり、4 月からの
新しいスタートをお祝いする場を設けさせていただきたいと存じます。
詳細は下記の通りでございます。

ご縁のあるみなさまに、ぜひご参加賜りますようお願い申し上げます。


日 に ち : 平成 29 年 4 月 20 日(木曜日)
時 間 : 16 時 30 分 開場
: 17 時~18 時 保江邦夫先生 記念講演
: 18 時~ 祝賀会
会 場 : 京都リーガロイヤルホテル
〒600 -8237 京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町 1 番地
TEL :(075 )341 -1121 (代)
会 費 : お一人さま 20,000 円
服 装 : 皆さまの思う「少しお洒落な装い」でお越しください。
申 込 み この案内状をお渡し頂いた方にお申込みください。
(取りまとめてお申込みいただいております。)

以上
平成 29 年 3 月吉日
主催:中澤弘幸宗匠
不識の会
不賢の会
戯庵の会

参加ご希望の方は、当日会場では会計や受け付けは
出来ませんので、前もって下記に参加費¥20000を
お振り込みください。

郵便振替口座 14300-2-9356331
加入者名 シミズ マサヒロ
お振込みされましたらメールでお通知下さい。

お振込いただいた方を登録し、参加者のリストを
作成し、主催の中澤様にご報告します。

ご質問・お問い合わせは、
メール: sala_santi@rondo.ocn.ne.jp
清水携帯:  090-9289-3164

ゲゲゲの鬼太郎・水木しげるのお話し

先週、映画「シチズンフォー スノーデンの暴露」を見ましたが、最高に面白い作品でした。
http://gaga.ne.jp/citizenfour/

彼を作品にしたオリバー・ストーン監督も素晴らしい。
現実を知る上で貴重な作品だと思いました。

恐ろしいことですが、「米軍はドローン(無人飛行機)で空爆し、 民間人の命を不必要に奪っている」

というアフガンやパキスタンの人々の声は届いていません。

爆破に成功して歓喜する場面などが描かれます。

日本でもドライブ中に頭上にドローンが飛んで来て爆殺される。

なんて危険を想定して生きて行かねばなりません。

安保徹さんや葦原瑞穂さんのように突然死しても、まったく話題にならず、スグに忘れらてしまう。

そんな時代だからこそ、警戒心を養っていきましょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

そんな今の時代をゆっくり話し合う機会を持ちたいと思った所にシンクロです。

姫路の藤井さんはカタカムナ農法や埋炭の建築などを実践される仲間で、

若者たちと神社周辺の土地を有効利用して面白い活動をされています。

その藤井さんが佐賀の宮島通隆さんのお話を聞いて、

「今まで疑問に思っていたことが腑に落ちた」そうで、ぜひ多くの方に聞いて欲しいと講演
を企画されました。

教科書やテレビでは、教えてもらえない世の中の仕組みを、分かりやすく

テーマ:『世界のカラクリ、歴史のカラクリ』 
講師:  宮島通隆さん 

http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20170217

日時: 2月17日(金) 午後1時30分~4時頃まで
場所: 健康道場 サラ・シャンティ 参加費:1,000円 

主催:生涯楽習クラブ「寺小屋」 
申し込み: 090-2011-6144 藤井孝行まで
又は sala_santi@rondo.ocn.ne.jp

○宮島通隆さんプロフィール

昭和18年東京生まれ。企画会社設立をへて、フリーに。
ソニー、西武百貨店などの総合プロデュースを手がける。
平成7年、佐賀に移住。情報誌「イマココ」を発行。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

さてさて、またまた怪しいお話しですが

日本は妖怪学なんて変な学問があるのですね、

その妖怪は縄文がルーツなんですね。

ゲゲゲの鬼太郎・水木しげるのお話しが、ちょっと凄い内容です。


東洋大学・井上円了記念学術センターの研究員甲田烈氏は妖怪が大好きの変な哲学者ですが、

名著『手にとるように哲学がわかる本』の著者、この2月26日にサラ・シャンティに来られます。


井上円了とは明治時代の妖怪学の先生であり、京北幼稚園、中学、高校を創設した教育者。

後に東洋大学になった哲学館初代館主、

円了は近代的な妖怪研究の創始者で浮世絵師で妖怪画を
多く描いた鳥山石燕(せきえん)などの妖怪研究を科学的見地から行った人物。

詳しくはこちら:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E4%B8%8A%E5%86%86%E4%BA%86


明治時代の日本だからこそ現れた人物ですね。

今の日本で妖怪学など研究している人がいるのですね。

こうした妖怪学という学問があったから、戦後の悲惨な生活の中で

著名な漫画家が続出したのも日本文化の底力なんですね。

その底流に妖怪学があるなんて楽しい国ですね。

その中の代表が『ゲゲゲの鬼太郎』水木しげる

その『神秘家列伝』なかでも井上円了を紹介している

明治24年には「妖怪研究会」を設立し、迷信打破のために妖怪の研究を始める。

井上円了は実地調査に北海道から沖縄まで歩き、世間から「お化け博士」とあだ名されるようになる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B

だそうですが、

甲田 烈氏は井上円了や水木しげるを研究する変な哲学者。

こんな面白い人がサラ・シャンティに来て下さいます。

2月26日(日)開場: 13:30 開演: 14:00~17:00 参加費3000円です

甲田 烈「水木しげると妖怪の哲学」出版記念レクチャー

甲田 烈氏は東洋大学文学部インド哲学で仏教学を専攻し近代インド思想を研究する。

井上円了を中心 とした妖怪学に着目し、哲学の立場
から妖怪学の再構築・ 研究を試みる。

妖怪学は縄文文明とも繋がって行くのですが、カタカムナの世界を解明するにも必要な講座なのです。

お申込みは観音企画の景山さまへ
kannonkikaku2013@gmail.com
090-5043-0009
又はサラ・シャンティにお申込み下さい。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

さらに、面白い現代の忍者のご紹介。

この方はお家元のところでお会いして保江先生も御存じの不思議なご縁です。

「芸能 小沢真太郎一座HP」をご覧ください。
http://www.shintarou216.net/

最強忍者キッヅの獅子丸のお父様!!

「日本最強忍者」「歩く兵器」と呼ばれ、全国各地で、 武術のデモンストレーションと
講師で活躍の小沢真太郎さんが来られます。

指導内容は:

1部 美しく痩せる「全ての武術の基礎、美しい姿勢講座」

肩こり、腰痛、下半身デブ、膝の痛み、足のむくみ、ぽっこりお腹、など、 すべて体の歪みから来ています。

体の歪みを直して 本来の、自然な美しい姿勢に戻します。

すると、人間の身体はこんなにも強く美しいものかと、変化します。

2部「護身術」戦いの枠を超え、 日常生活に活かせます。

 「暴漢から襲われた時」だけでなく、日常の車や自転車がぶつかって来た、 物が倒れて来た、
 飛んで来た、などの 防災にも役立つ護身術

2月10日 (金) 14時00分~16時00分 参加費¥5000

お待ちしています。



サラシャンティ新春行事 カタカムナ伊勢ツアー

元旦からの行事や仕事を終えて、ホッとしています。

2日 春日大社から柳生街道を歩く
3日 高御位山神宮にで奉納演武 と 家族の新年会
4日 住吉大社 国霊参り 
5日~7日 兵ト協の会報(1200部)の編集と印刷
7日は杖道の新年会
8日は新春の集い 矢作直樹、大下伸悦、市川加代子(サラ・シャンティ)
9日は新春の集い  - 同 ー (エル・大阪)

そして今年最大の行事

10日~11日 吉野信子先生と80人で伊勢参拝ツアー
 
カタカムナの吉野信子先生と生徒さん80人

現地参加の方は入っていませんので総勢90人か?

往復のバスの中ではイワクラやホツマに詳しい武部さんの
伊勢の内宮にある磐座やイワナガ姫、猿田彦のお話が
面白かったです。

瑠璃の星 part.1~6まで詳しい報告をごらんください。
http://ruri87.blog18.fc2.com/blog-entry-1810.html

こんなことが実現するなんて本当に幸せです。


伊雑宮、夫婦岩、外宮、内宮、内宮の磐座、加佐登神社の参拝があり、
その奉納のご神事が圧巻でした。

例えば伊勢内宮のイワクラでのご神事:

観世流(梅若)の井上和幸さん、井上貴美子さんたちが
何か由緒のある地謡を奉納され、お能の地謡はまさに
日本語の言霊・音霊文化の粋だと分かりました。

出口王仁三郎とご縁のある大浦先生も息継ぎ無しの状態で
磐笛、竹笛を奉納されお見事でした。

111_20170117115925c37.jpg

この11日11時11分に沖縄の越智啓子先生の仲間も
石垣、宮古、沖縄から北海道と全国各地でカタカムナの
ご神事が行われ、高天原神界に伝わったことでしょう。

吉野カタカムナが日本の精神文化の核に繋がります。

吉野先生の講座がサラ・シャンティで始まったのは
平成25年(2013年)2月から。

この4年間に吉野先生のカタカムナが一気に広がり、
カタカムナが日本語の起源であることを理解する人が
増えて来ました。

サラ・シャンティのビルの名前はクレアール六甲、
意味は「六甲を創造する」。

そして、いったいこのビルはどんな働きをしてくれる
だろうかと思って名づけましたが、

本当に、想像できなかったことが起こっています。

1995年の震災の時、神戸は神の戸と云われました。

同時にみずがめ座の女性の活躍する時代が来ると言われ、
サラ・シャンティは開設以来その通りになりました。

「東経135度が世界の中心になる」と林英臣先生
の古事記の講座で聞いたのは1998年。
 
サイババからも日本神界の事を示唆され、

高天原の神々のメッセージを受ける人たちが集まる場
として「六甲を創造する」働きをしてくれています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

保江先生の「お笑い真理塾」全9回講座

が始まり大変貴重な内容の講座になりますが、
満員御礼になってしまいましたので、どうしても
お話の内容を知りたい方はDVDをお申込み下さい。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

矢作先生の講座もお手伝いして行きます。

芦屋で1月から4月まで4回連続講座が開催されます。

場所は 黄檗売茶流茶室「戯庵」にて、(JR芦屋駅スグ)

保江先生の選挙事務所になった場所ですね。

少人数で腰を据えてしっかりお気持ちを伝える
塾にされます。

平成の松下村塾なのでしょうか?


矢作直樹による『我が国の歴史文化塾』

第一部 講演会 13時 ~15時
第二部 座談会 15時半~17時
参加費:各回1万円 (一部・二部 参加費と軽食)

日程は以下:

第1回 1月29日(日)
第一部「天皇陛下と日本人の2017年を考える」
第二部「矢作先生を囲んで新春座談会」

第2回 2月25日(土) 
第一部「人生は約束。今、日本人として」
第二部「矢作先生を囲んで神武天皇のお言葉を考える」

第3回 3月19日(日) 
第一部「世界における日本とは?その歴史と役割」
第二部「矢作先生を囲んで歴史を学ぶ意義を考える」

第4回 4月2日(日) 
第一部「日本人の特性。そして、矜持」講演会
第二部「矢作先生による我が国の歴史文化塾・大阪」


主催:一般社団法人日本教育研究所 
     大本昌弘 090-5902-2368
会場: 黄檗売茶流茶室「戯庵」

所在地: 〒659-0068 兵庫県芦屋市 業平町5-2  芦屋ハウス7階
http://www.yoshida-naika-cl.com/wp-content/uploads/2014/02/map-e1459908585161.gif
JR芦屋駅南口より徒歩1分、阪急芦屋川駅より徒歩10分、
阪神芦屋駅北口より徒歩15分

お申し込み先はメールでお願いします。
  nihonkyoiku@gmail.com
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

矢作先生のお友達である中健次郎先生の気功講座が
昨日ありました。

立った状態で 尾骨からの動きで 身体全体を揺らし、
気を意念して巡らせる。

「単純だけど、奥が深く、初心者がついていけて、
そうでない人も退屈しない講習」

超時間全身に気を巡らせた効果なのでしょう、
僕の左肘の痛みが消えました。

奥様の中暢子「超わかりやすい太極拳入門 DVDブック」
PHP、¥1600 に掲載されています。

サラ・シャンティでも販売しています。
清水正博

新しい日本文明論が登場

「思いは実現する」と思い続けていたら、ホントにありえないことが実現するものです。昨年8月には東京大学の名誉教授・矢作直樹先生の講演会が実現し、さらに今年の1月8日にも再度来ていただきます。そして2月から保江邦夫先生の9回の連続講座が始まるのです。超ご多忙な保江先生が9回もサラ・シャンティに来られ、講座名も考えて下さいました。題して「保江邦夫・お笑い真理塾」「あの世とこの世をつなぐ最先端物理学理論を 笑いながら学ぶ連続漫談講義」。第1回目は2月13日(月)ですが、夜遅くの懇親会までお付き合い下さいます。

保江先生は3月にノートルダム清心女子大学を退官されますが、これまで以上にお忙しくなるでしょうから、こんな企画が実現するなんて奇跡なのです。保江先生は湯川秀樹先生が晩年に残した素領域理論を最後の弟子として研究され、

「ミクロからマクロのスケールにまで適応される統一場理論であり、超弦理論よりもはるかに時代を先駆けていたのが素領域理論なのである。完全調和に崩れ(ゆらぎ)が起きたことによって泡が発生し、それぞれの泡の鋳型に応じた素粒子・物質が生まれるのです」

なんて、これまでの宇宙論の常識を覆す痛快なお話しや、数学者・岡潔先生との近しい関係など日本の物理学会の秘話なども聞かせていただけます。そんな保江先生にはノーベル賞をとって戴きたいので、多くの人に学んでいただけるよう映像を残しDVDを作成したいと思います。

この連続講座が予定されていたように、保江先生は仏教哲学者の稲葉 耶季(やすえ)さんと『神と人をつなぐ宇宙の大法則』を著されました。稲葉さんは、保江先生からお話しを上手に引き出され、分かりやすく量子論や宇宙法則を平易に語られます。その稲葉さんは元判事、琉球大学の法学部教授で、退官後は臨済宗の僧籍を取得され、不食を続けたり、ヒマラヤに学校を設立されたりと行動的な法学者・僧侶なので、大変お堅いお人柄のように思いますが、なんとまあ、サイババのアシュラムに行かれたり、ご自分のアガスティアの葉を探しに行ったりと正真正銘のスピ系で、不思議探究が大好きな方。ですからサイババのご縁で生まれたサラ・シャンティと繋がったのでしょう。

ですから僕がずっと聞きたかったサイババの物質化現象や役行者の空間移動のことも質問され、保江先生はきっちり解説されます。さらに保江先生も若い頃同じだったそうですが、僕も親兄弟が心配したほどボーッしていることが多かったので、そのことの意味も保江理論で解説され、今の私のお役目が納得できました。この保江理論が普及すれば、ボーッしている意味がまるで変わるから、子供たちはボーッとしろと云われるかも(笑)。

さらに稲葉さんは神智学の神尾学先生ともお知り合いなので、ここでもサラ・シャンティと繋がりました。稲葉耶季さんは神尾先生の『秘教から科学へ』を15年前に読んで神智学を良く理解できたと言われたとのことで、最近もお会いになっていたそうです。保江先生も神智学やシュタイナーの研究もされていて、ずばり素領域理論から説かれています。これは全く新しい解釈なので、これまでの思いこみがひっくり返ることになります。稲葉さんは僕が尊敬するインド在住の大聖人・佐々井秀嶺師のナーグプル仏教学校も手伝っておられますし、不食や断食もされていて、野口法蔵師や越智啓子先生、当道場と親しい方々と繋がっていますので嬉しいことです。

それらを集大成すると、新しい日本独自の歴史観、人生観、そして医学から芸術、音楽を含め宇宙論・生命論として日本神智学~日本文明論=ジャポニズムが完成します。その元が「カタカムナ日本語文化圏」となる。こんな風に「日本時代の幕開け」を語る講座が集ってきています。今年のサラ・シャンティにご期待下さい。
↓このページを翻訳できます↓
プロフィール

サラ・シャンティ

Author:サラ・シャンティ
311東北大震災で眠っていた日本人の意識を目覚め、創業以来20年の努力が報われた。日本人が世界の期待に答えるために、縄文基底文化に秘められたカタカムナの謎を解明し、高天原の神々からの波動を受けて魂と心と体が三位一体とし、利他で働く真の健康な人々の国を再生しましょう。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
書籍のご案内

2015年1月8日発売
初めての自叙伝です
↓こちらで販売しています↓
きれい・ねっと
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






FC2 Blog Ranking
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ご縁のあるリンク
ふるさと義捐金
ボランティアグループ ねこの手
阪神大震災を記録しつづける会
平井憲夫 1級プラント配管技能士
はっぴーあいらんど新聞
なまえのない新聞
モモの家
7 Generations Walk
きくちゆみさんのブログ
生きる バウさんの道中記
Hatsumina's旅Blog 2
福井幹さん
縁側スペース「楽の森」
グリーンベア
ホリスティック心理教育研究所
奈良裕之さん
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。